右利き

 今日の朝日新聞の日曜版に「左に回りたがるヒト」という記事が掲載されていました。秋が深まった今、ほとんどの園や学校では運動会が終わったと思いますが、そのメインイベントとしてリレーがあります。私の園でも年長児はリレーを行いました。トラックをバトンを渡しながら回る姿は、とても感動し、熱が入り、盛り上がります。そのときのトラックは、右回りか、左回りかどちらでしょうか。今日の記事によると、1912年に創設された国際陸上競技連盟が、「走る方向は左手を内側に」と定めて以来、左回りのルールに決めたそうです。その記事は、なかなか興味深いことが書いてあります。1896年の近代オリンピック第1回アテネ大会は右回りだったそうです。どうして途中で変わったかはよく分からないそうです。この記事に、実験をして、どちらのほうが有利か調べた結果が書いてありましたが、あまり関係なかったようです。しかし、どうも、右利きでは、左に曲がるほうが走りやすいようです。人は、右利きと、左利きの人がいます。しかし、世界の国々を見渡してもほとんどが右利きで、左利きの人は、全体の約10%しかいないと言われています。しかも、右利きが圧倒的に多いのは、生き物の中でも人類だけに見られる顕著な特徴だそうです。利き手と脳は、よく知られているように右手は左脳と、左手は右脳と繋がっています。人類は二足歩行をはじめ、道具を使い、言葉を操るようになる進化の過程で脳が大きく発達し、それとともに右利きが増えたと言われています。それは、子どもたちを見ていると、その発達の過程でもわかります。0?2歳くらいの子どもたちは、右手で物をつかんだり、左手でつかんだり、左右どちらの手もあまり偏らずに使っています。その子どもたちの利き手が、3歳から4歳児になるころに、次第に決まってきます。そのときに、なぜ右利きになる子どもが多いかは、よく分かっていません。左利きになる理由にはいろいろな説があります。ひとつは遺伝説です。しかし、これは一卵性双生児でも一人は右利き、もう一人が左利きになる子どもがいることで、あまり確かではないようです。もうひとつは、利き手が決まる3?4歳くらいまでに左手を使うことが多かった子は左利きになるという環境説。ですから、そのころになるべく右手に物を渡したほうがいいといわれています。または、胎内での成長過程もしくは出産時に何らかの原因で左脳を圧迫する事態が発生し、その左脳のはたらきを補うために右脳が活発になって左利きになるという説もあります。それにしても、現在のところは、どの説が有力か、決め手がありません。昔、とても感動した本に、住井すゑさんの「橋のない川」があります。これは、映画化されましたので、すぐに見に行ったのですが、あまり内容が原作ほど深くなく少しがっかりした思い出があります。その本を電車に中で読んでいて、大勢の人がいる中で、あまりに感動をして涙を流してしまったことがあります。ずいぶんと昔のことなので、はっきりと、正確には覚えていませんが、その中で、左利きの子に説明する場面がありました。昔は、左利きの子は、他の子と違うことで、みんなにいじめられたり、先生から注意をされました。それを切なく思っている子に、「昔は、人間は左利きだった。それは、人同士がとても平和で幸福な時代であった。それが、人と人が戦いをするようになったときに、大事な心臓を手で覆いながら剣を持って戦った。そこで、心臓がある左側を押さえるために左手を使い、あいたほうの右手で剣を持ったのだ。だから、人を殺し合いはじめて、右利きの人が増えてきた。左利きを誇りに思いなさい。」というような趣旨だったような気がします。もう一度、読んでみたい本のひとつです。