ままごと

 昔の子どもの遊びには、大人になるための訓練の要素がありました。特に大人の模倣をする「ままごと」は、その意味合いが強いものでした。しかし、子どもの世界は、そんなことに関係なく、大人のまねをすることの楽しみとして「ままごと」が長くつづいてきました。1歳児くらいから、園でも「ままごと」のゾーンがとても人気があります。しかし、その様子を見ていると、それぞれの年齢によって遊び方が違います。1歳児では、みんなそろって、頭にナプキンを巻いてもらって、なんとなく大人の雰囲気を楽しんでいます。そして、それぞれ一人ひとりがキッチンに向かい何かを見立てて遊んでいます。たまに、大人の顔を見て、確認するために振り返ります。それが、2歳児くらいになると、用意されたハンバーグとか目玉焼きなどをさらに乗せて、他の子に「どうぞ」と差し出します。もらった子は、食べるまねをします。お母さん役をしたり、子どもの役をしたり役割を分担し始めています。それが、3歳以上になり始めると、調理の真似を始めます。野菜を刻んだり、フライパンでいためたり、なべで煮込んだりします。
mamagoto.JPG
 そのころから、子どもたちは、園では本当のクッキングをします。クッキーを作ったり、うどんをこねたりします。子どもたちは、料理の時間になると目を輝かせます。なぜかというと、大人と同じことをしているという喜びだけでなく、水で洗ったり、ちぎったり、こねたり、丸めたり、切ったりといった、料理の作業の一つ一つには、遊びと同じ作業が入っているからです。子どもにとって料理は、最高の遊びでもあるのです。しかも、これほど目的がはっきりしていて、結果が明確に表れる体験は、ほかにありません。また、料理をすることによって、生活上必要な技術が身につきますし、手や脳など、身体的な発育にもよい影響があります。これは、小学校の「総合教育」といわれているものと同じです。幼児期においても、子どもの発達に関する領域といわれているものが含まれているのです。家でも、子どものお手伝いは、かえって親にとっては面倒くさいことも多いのですが、とても重要な意味があるのです。
 しかし、最近、さまざまな事情から、子どもたちに手伝ってもらうことが少なくなりました。たとえば、私がよく親の手伝いをしたものに「障子貼り」とか「玄関の掃除」などありましたが、今は、ほとんどしないと思います。その中で、食育の面でもとても大切な「買い物」も、昔は子どもの役目でした。「のびちゃん、おつかいに行ってきてちょうだい!」とアニメ「ドラえもん」の中で、お母さんはすぐ買い物かごを、のび太にわたします。同じように、ジャイアンの家庭でも、サザエさんの家庭でも子どもにお使いを頼みます。いまは、「初めてのお買い物」という番組の中だけになりつつあります。この番組を見ているとわかりますが、「お買い物」には、買うものを覚えていくこと、お店でその素材のよしあしを見分けること、買うものを注文すること、時には値段の交渉をすること、お金のやりとりをすること、などその中には、生活に必要な様々なことが含まれていました。今は、残念ながら、車や不審者の危険が町にあふれ、宅配を頼んで買い物に行かない家庭が増えたりして、なかなかそんな環境はありません。そこで、園ではできるだけそんな体験をするようにしています。子どもクッキングを計画する時、できるだけその材料の買い物からするようにしています。毎月の誕生会では、その月の4,5歳児の誕生児が、みんなのおやつを「クッキング」して振舞うのですが、前日にその材料を買いに行っています。鬼ごっこにしても、ドッジボールにしても、子どもたちが遊びや体験から学ぶ場は減ってきていますね。