アナログとデジタル

今日から、携帯電話が番号ポータビリティといって、携帯電話の加入者が別の事業者(キャリア)に契約を切り替えても、元の番号がそのまま使える制度が始まりました。今、携帯電話は事業者によってデザインの違いはもちろん、それぞれ特徴があり、機能やサービスもさまざまです。ですから、そのときの使う状態によって、機種を選びます。しかし、今までは、携帯電話の番号は事業者ごとにブロックを割り当てる方式を取っていることもあり、事業者を切り替えると電話番号も変わってしまい、なかなか一度買うと、買い換えることをためらいました。それが、今日から契約している携帯電話会社を変更しても、電話番号が変わらないので、新たに電話番号を普段やり取りしている人に周知する必要がありません。また、携帯電話会社同士の競争が促進され、番号ポータビリティを利用しない人にとってもサービス向上が期待できます。早速、昨日、ソフトバンクが価格破壊を打ち出しました。それにつれて、他社も、それに代わるサービスを検討するといっています。今後携帯電話は、どこまで進化するのでしょうね。ここまで進んでくると、その構造がよく分からなくなります。目の前で、顔を見て話しかけると赤ちゃんの前頭葉という脳は活動するのですが、携帯電話で赤ちゃんに話しかけても脳は動きませんでした。話を聞くということは、音声だけを聞くことでなく、顔の表情とか、口ぶりとか、手振りなどから総合的に相手の気持ちを図りながら聞くことだからです。複雑になればなるほど、その営みは、ケースの中に隠れて、そのシステムはわかりにくくなるのです。たとえば、時計にしても、太陽や月や星で時を計っていたときは、目で見えるその姿で、時刻を実感します。しかも、そのめぐる姿から、ゆったりした時の流れを実感することができます。砂時計にしても、少しずつ減ってくることから時の経過が目に見えます。今日のワークショップでも、一人が話す時間を3分と決めると同時に、3分砂時計が終わるまでというと、時の経過が目に見えるので、先を見ながら話すようになります。それに比べて、時計では、わかりにくくなります。それでも、針があるとその動きでわかりますが、デジタル時計では、今、何時かはわかりやすいのですが、あとどのくらいあるとか、そのくらい経ったかはわかりにくいものです。私の子どもが小さかったころ、アナログの目覚まし時計を買うために走り回った経験があります。デジタルの語源は、指を表すラテン語のdigitusです。ひとつひとつを指さし数えられる、区切られた状態のことです。反対語はアナログ。比例を表すギリシャ語analogosが語源で、もとの形を変えずに移すことです。パソコンは、データを電気信号にしないと計算とか処理ができません。この信号は0と1です。電圧が高いか低いかという違いだけで表されていて、それを繰り返し組み合わせることで、たくさんの複雑な処理をしています。このひとつの単位をビット、8ビットをひとまとまりにして1バイトといいます。この0と1の数字で、どうやって文字や画像を表示するのかというと、文字は、文字コードというのが決まっていて、この数字はこの文字という具合に、文字とコードを対応させることで表示できるようになっています。絵や写真は、光を赤・緑・青(RGB)の3つの色の成分に分解して、それぞれの明るさなども指定して、画面に表示しています。ですから、デジタルの画像というのは、光の点の集合です。それに比べて、アナログの絵は、となりの色と交じり合ってつながっているのです。保育や子育ては、そのときの瞬間の姿ではなく、時の経過が大事であり、隣と交じり合うことで次第に色が作られてくる(成長してくる)というように、アナログの世界ですね。