教室

プレジデントファミリーの12月号の特集に「頭のいい子の勉強部屋」というものがあります。どんな部屋なのか興味はありますが、ほかの記事はあまり興味のないものばかりなので、この部分だけのために本を買う気にならないので見ていませんが、間取りが問題なのでしょうか。動線が問題なのでしょうか。それよりも、気が散らないとか、音が聞こえないとかいう「視覚」とか「聴覚」を遮断する部屋作りかもしれません。同じように、学校の教室は、どんなつくりが教育効果が上がるのでしょう。リヒテルズ直子さんの「イエナプラン教育に学ぶ」には一例にこう書かれています。
iena.jpg
「教室の一隅には、グループリーダー(担任)が記録をしたり事務的な仕事をしたりする机が置かれています。そのほかに二つ、大きなテーブルが置かれているのが普通です。一つは、教室のほぼ中央に置かれていて、子どもたちが、糊やハサミ、また、絵の具などを使って作業をする時に使うテーブルです。そして、子どもたちのテーブルは、5?6人分ずつ、壁や窓に沿って配置されています。教室の後方には、読書コーナーやコンピューターコーナーが設けられ、子どもたちが自由に本を読んだりコンピューターで仕事をしたりすることができるようになっています。また、廊下にも机が置かれ、子どもたちが一人で静かに自習することができます。黒板の後ろや下、窓際の窓の下、廊下側の壁など、ありとあらゆるところに棚が設けられ、さまざまな教材が備品として備えてあります。子どもが何かについて調べるための資料や遊びながら学ぶことのできるゲームなどが、廊下や踊り場などのコーナーに置かれています。また、廊下側や教室後方の壁には、生徒の学習の成果を展示するスペースが広く設けられています。また、イエナプラン教育では、いろいろな機会を捉えて、グループリーダーと子どもたちが輪を作って話し合う時間を設けるので、グループ全員ですぐに輪を作ることができるように、机や椅子は、できるだけ軽く移動しやすいものが選ばれています。教室の床は、清掃が簡単な、明るい色のリノリウムがよく使われています。」今までのオランダの教室をこのように表現しています。「大勢の子どもに対して画一的な授業を行ってきた旧来の学校では、子どもの注意を、いかにして授業をしている教員に向けさせるか、ということを基準にデザインされてきたものです。黒板の前には、教員が立つ教壇があり、それに向かって机や椅子が整然と並べられたものでした。」これを聞くと、今の日本の教室そのものですね。以前のブログでも書きましたが、このような変化は、アメリカの教室にも見られます。どの国も、少なからず、幼児における保育室も学校の教室に影響されています。それは、もちろん教育によってどんな力を子どもにつけるかという課題は、幼児期から共通だからです。実際に、ドイツなどでも、保育室も、ここで表現されているようなオランダの教室にとても近いものがあります。今年の2月に訪れた幼児施設でも、給食は、廊下に机を並べてみんなで食べていました。しかも、その廊下の幅は、それほど広くないのにです。もちろん、ランチルームのような食事専門の部屋があればいいのですが、それほど贅沢は言えません。そこで、廊下を含めてフレキシブルに部屋を利用しているのです。しかし、この部屋の利用の仕方は、日曜日に訪れた牧野記念館にあった、江戸時代の郷校の模型にそっくりでした。
goukou.JPG