22日の日記

 今日、朝起きてあせりました。「今日は、なにを話そうか。」と。しかし、よく考えてみると、今日は、日曜日です。昨日は、夕方まで講演があって、夜、市内の若手の園長3人で夕食を食べたので、もう1泊したのです。私は、基本的には、どんなに忙しくても、できる限り日曜日は仕事しないようにしています。そして、日曜日には、妻とあちらこちら歩き回ることにしています。それは、いろいろなことを知りたいと同時に、普段の運動不足を解消するためと、下半身の運動をすることによって、前頭葉の働きを衰えさせないようにして、認知症にならないようということこと、つまりぼけ防止です。こんなことを言うのは、どうも最近、講演の中で、脳に関しての話が多くなったからかもしれません。というわけで、今日は高知で目ざめましたが、飛行機の出発時刻まで、いろいろなところに連れて行ってもらいました。
まず、宿泊したホテルの前の通りは、朝からたいそうな賑わいです。それは、日曜市が開かれているからです。
nitiyouichi.JPG
高知市の街路市は、遠く藩政時代の元禄3年(約300年前)には既にあったといわれ、月曜日以外は年中市内のあちらこちらで市が開かれているそうです。その中で、特に高知城追手門から続く追手筋で開かれる日曜市は街路の両側にその延長1Kmに及び、野菜、日用品はもとより古着、骨とう、植木、庭石などが並んでいます。たぶん、本来はそこで土佐弁のやりとりでにぎわっていたのでしょうが、最近は、観光客もたくさん訪れています。昔ながらのショッピングに人気が高い。全国で朝市が開かれているところがありますが、ここ高知のように終日市が立つというのは珍しいそうです。店が並ぶ場所も工夫されていて、普段は、ヤシ並木の木陰が続く分離帯の両側に2車線道路が走っている道を、当日は、片側だけにして、片方の2車線道路に約650店並びます。
そのあと、市内が一望できる五台山に登りました。(車で)
godaisan.JPG
そこには、行基が開基し、文殊菩薩をまつった竹林寺(第31番霊場)があります。
tikurinji.JPG
幕末のころ、この竹林寺の僧「純信」が規律を破り、はりまや橋の小間物屋で、思いをよせていた「お馬」にかんざしを買ったことがうわさとなり、他国へ駆け落ちしましたが、すぐ土佐へ連れ戻されました。その後二人は引き裂かれ、悲しい運命をたどります。現在土佐で唄われている「よさこい節」は、昔から歌い継がれてきた土佐の民謡よさこい節にこの恋物語を組み込んだものです。
 また、この五台山には、高知県出身の牧野富太郎博士の功績を記念してつくられた自然公園のような「牧野植物園」があります。
makino.JPG
 私は、たぶん、子ども用に書かれた図鑑だと思いますが、愛用していた図鑑に「牧野植物図鑑」があり、私の園に近くの首都大学(以前の都立大)に牧野標本館があると知って、見に行ったことがあります。とても尊敬している人なので、園内に平成11年にオープンした「牧野富太郎記念館」は、とても興味を持ってみることができました。記念館の建物は、建築家・内藤廣氏の設計によるだそうで、木の温もりを生かした内部は、入園者を優しく包み込み、自らを「草木の精」と呼んだ牧野富太郎に相応しい空間を作りだしています。さらに、景観に配慮した環境保全型建築の方向性を示す優れた建築物として全国的な評価を受けました。あわただしい講演のあとの、ほっとしたひと時でした。