海洋深層水

 今日泊まったホテルのバスには、「海洋深層水」の入浴剤が置いてありました。場所は、富山です。なぜここにあるかというと、富山湾は、広さが約2,120平方キロメートル、最深部が1,000m以上あり、駿河湾や相模湾と並んで我が国で最も深い湾の一つですであり、深層水を育んでいるのです。最近、海洋深層水がさまざまなところで話題になっており、化粧品や飲み物などいろいろな商品の材料にも使われています。それは、海の底を、はるかな年月をかけて循環してきた深海水には、健康に役立つさまざまなパワーがあると、言われているからです。しかし、この「階層深層水」とは、いったい何なのでしょう。簡単に言うと、深層水とは、大陸棚より沖合で太陽光が届かない水深にある海水のことで、現時点で確立された定義はなく、一般的に「水深200m以深の海水」という意味で使用されているようです。そうすると、実は、地球上の水のほとんどである93%が深層水なのです。ですから、よく「母なる水」というのは、海洋深層水のコトをさしていることなのです。「深海」は、光の届かない(無光層)大陸棚外縁より沖合で、植物が光合成することもほとんどできない、ごくわずかな太陽光線しか届かないところです。この水は、北極グリーンランド周辺で、塩分濃度差によって生じる「プルーム」と呼ばれる垂直に沈む海流が始まり、そこから、水深2,000m以上、深いところでは4,000mの深海にもぐりこむ海流となります。その水は、なんと約2000年間、一度も大気と接することなく深海を循環し続け、北太平洋にまでたどり着くのです。それが、ここ富山湾や高知県室戸市沖あたりで上昇して、わき上がってくるのです。富山湾は、大きく分けて三つの層で構成されており、海岸に近いところには河川などの影響を受けた塩分濃度の低い「沿岸表層水」、その下層から200?300メートル付近には「対馬暖流系水」、そして300メートル以深には低温の「日本海固有水」が無尽蔵に存在し、この日本海固有水が「深層水」と呼ばれ、富山湾の容積の約6割を占めています。アサヒビールは、富山湾の深層水を使った発泡酒「アサヒ本生」を発売しました。しかし、以前、高知県はアサヒビールに開発のためのデータなどをあげたりしたので、高知県の橋本大二郎知事が、アサヒビールに対し、「商品開発に協力したのに、富山の水で製造するのは問題」とおこったそうです。深層水は、富山、高知以外にも沖縄、静岡でも取水されており、これから石川や北海道でも取水する計画があるそうですが、どうして、そんなにも必死になるのでしょうか。それは、海洋深層水には、必須微量元素や、さまざまなミネラル成分がバランス良く約60種類含まれているからです。特に摂取しにくいマグネシウムは、深層水コップ2杯程度で、1日の分が補えてしまうほどです。そこで、健康飲料や食品、医薬品などの分野でも注目されています。例えば、化粧品や食品です。化粧水に深層水を入れると、ミネラルが豊富になり、肌にいいとして、全国的なヒット商品も生まれています。ジュースやお酒などの飲み物や、とうふ、かまぽこ、つけ物、パンなど、深層水入りの商品がどんどん開発されています。また、2000年もの間、海の奥底を循環し、表層の海水と混じり合うことがないため、キレイな水を保っています。表層の海水と違い、産業廃水や生活廃水、大気からの化学物質による汚染がほとんどありませんし、陸水から来る大腸菌や一般細菌にも、ほとんど汚染されていません。また、光が届かないので、光合成も行われず、海洋性細菌そのものの数も表層に比べて非常に少ないそうです。まだまだ解明はされていないようですが、やはり、自然の中には、さまざまな力があるのですね。