病気

 日本の総理が決まり、閣僚が決まりました。そんな政治家たちを見ていると、政治家って、すごいなあと感心することがあります。ひとつは、体が丈夫なことです。今回、入院をした政治家もいましたが、概して丈夫です。生活が不規則だったり、よく飲んだり、精力的に動きます。私から見るとあんなにストレスも溜まりそうなのに、からだを壊さないとは、よほど神経が太いのだろうと思ってしまいます。また、もうひとつ感心することがあります。以前、市議会を傍聴したことがありました。そのとき、ある若い議員が、何か教育基本法のことを質問しました。それを周りで聞いていた他の議員が、というより、暑い暑いと言いながら、横を向いたり、後ろを向いたりして、ほとんど誰も聞いていません。思わず、注意したくなりました。「きちんと聞いてください!」しかし、話しているほうも、気に留めていないように、淡々と話を進めます。そのうちに、聞いていないのに、「なにを若造がえらそうに!」と野次を入れたのです。また、思わず「きちんと、意見を言ってください!」と言いそうになりました。その野次を聞いたほかの議員も「そうだ!そうだ!」とか、「早くやめろ!」とか野次を入れ、発言がまともに聞こえません。それでも、発言している若い議員は、淡々と割り当てられた発言時間を終えました。こんな世界では、絶対に私は生きられないなあと思いました。必ずしもこんな議員ばかりではないでしょうが、こんなことに耐えられないと無理なようです。この神経の太さには、感心するばかりです。この神経の太さに感心するのは、ほかの場面でもあります。ある議員と話をしていたときに、以前に言っていることと違うことを言った時に、まったく動ぜず、前からそう言っていたのだというのです。私だったら、どぎまぎしてしまうでしょう。こんな強い?精神の持ち主なので、あまり病気もしないのでしょうか。
 私のブログで、何回か夏バテをテーマにしましたが、それは、ちょっと最近、体調を崩してしまって、熱が出たり、とてもだるい日を送っているからです。(まだ、すぐれません)そんなときには、いろいろなことに自信がなくなります。何でこんなに体が弱いのだろうとつい、弱気になってしまいます。そんなときにこんな文章に出会いました。これは、今、生死をさまよっている河合隼雄氏の「子どもと学校」に書かれている文章です。
「病いには意味がある。もちろん、病より健康のほうがいい。しかし、病によって深い意味のある体験ができることがある。人間が成長していくためには、外的な世界とのかかわりをもち、そこで活躍するとともに、内的な世界をも豊かにしてゆかねばならない。病は、外的な活動をとめさせる代わりに、内的な世界の存在に気をつかわせてくれたり、内的な成熟を促進してくれたし、するのである。子どもたちも、時に立ち止まって内面を見たり、あるいは内的成熟の進行中は、じっと立ち止まっていたりすることが必要である。このようなことは成長の節目に起こることが多く、案外そのようなときに病気になって、「よかった」と思ったりする。子どもの場合は、心と体との境界が大人ほど明確ではないので、そのような意味での休息が、体、心、心身症などの、どの病として現れるかわからないほどである。」子どもだけでなく、人は、休息のためだけでなく、振り返りのためにも病気が必要なのかもしれません。少し、政治家も病気をしたほうがいいかもしれませんね。

病気” への6件のコメント

  1. 今日は病からも学ぶことが出来ることを教えていただきました。河合隼雄氏の言葉もじっくり読ませてもらいました。病に対しての考えが少し変わりました。学ばなければいけないことがたくさんあります。
    謙虚な気持ち、素直な気持ちでいること。いろんな角度から物事を考えること。実行すること。結果が出るまでやり続けること。このブログから教わりました。まだまだ学ばせてもらいます。
    どうぞお体をお大事になさってください。

  2. 10年ほど前、うつ病を患って半年ほど病院に通ったことがあります。自殺も考えるほどつらい毎日でしたが、
    今考えればマイナス思考に陥りやすい自分の性格を見つめなおすいい機会になりました。
    今ではどんないやなことも楽観主義でとらえることができるように変わりました。
    こんな経験をしましたので、ブログで紹介されている河合隼雄先生のお話は身に沁みてよくわかります。
    藤森先生がちょっとお疲れになっているようですが、地方に住む藤森ファンの私たちがいつも無理な講演スケジュールをお願いしているせいかなと少し反省しています。先生、どうかお体御自愛ください。

  3. 藤森先生の体調・健康が心配です。大丈夫ですか?
    発熱されながらも、このブログを欠かさず作成されていたとは、全くもって驚きです。私などは、熱が出たり、お腹が痛かったりすると、すぐに仕事や日課を休みたくなります。ですから、なるだけ風邪をひいたり、胃腸を患ったりしないように、最近は特に気をつけています。ただし、バイオリズム信者の私は、嫌なことがあったり、マイナスナことがあったりすると、なーんだ、バイオリズムが低下しているんだ、とあっちこっちの占いを引っ張ってきてバイオリズムのせいにします。それゆえ、結構、立ち直りがはやく、よって周囲からはノーテンキ人間に思われることもしばしばです。
    来年は統一地方選挙の年のようで、町会議員に立候補しないかとか、県会議員はどうか、とありがたいことにお声をかけていただきます。そのたびに、健康に自信が全くないことと、他人様を無視して自説自論を滔々と述べたり、野次られても涼しい顔などしていられないことを理由にお断りしています。政治家とは基本が権力奪取ですから、自分の家族や人間関係、そして自分自身の健康や意思さえ、そのことのために従属させなければならない職業と思っています。藤森先生も私も政治家にはなれないな、と思います、僭越ながら。一刻も早いご快癒、遠方よりお祈り申し上げております。

  4. ●そうですね、まったく。どうしたら、(一部)政治屋のようになれるのでしょうかね。お金と権力意識を持ち、選挙民を人と思わなくなったら、神経が異常に図太く発達するのでしょうか?
    ●藤森先生の体調のご回復を願っています

  5. 政治家のみなさんは丈夫そうに見えます。年齢を知ると「え?結構な年齢なんだな」と思うことがあります。石原慎太郎さんも80歳を越えているようには思えません。ついつい私の身近な方達と比べてしまうのですが、その度に驚いてしまいます。議会での野次、議員の資質がここ最近、大きな問題になっています。正確には最近になって流行のように注目されているということなのかもしれませんが、下品な野次や残念な行動を見たり、知ったりしてしまうと少し悲しくなります。病には意味があるという話はしっかり覚えておきたい考え方だなと思いました。大病をしたことはまだないのですが、大病かもしれないと気を病みそうになったことは何度かあります。私の経験は大したことはありませんが、そんな時に内的な部分の大切さを実感します。私はその部分が弱いです。病は患いたくはありませんが、病から学ぶことも大切にしていきたいです。過去の記事ではあるのですが、体調を崩しているという藤森先生の言葉に心配になってしまいました。過去の記事ではありますが、どうか現在もお体にはお気をつけて、いつまでも元気でいてください。

  6. 病も、楽観的説明スタイルによって「深い意味のある体験ができることがある」や、「振り返りのためにも病気が必要なのかもしれません」と考えることもできるのですね。「病気」を調べてみると、『肉体の生理的なはたらき,あるいは精神のはたらきに異常が起こり,不快や苦痛悩みを感じ,通常の生活を営みにくくなる状態。』とありました。まさに、病気というきっかけから、「外的な活動」である通常の生活以外に目を向けることで、病気の重要さや健康であった状態に何か不具合が生じていたという事実に、着目することができますね。普段、いかに内的な世界との関わりが遮断させているかという理解も大事にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です