夏バテ

 9月に入ったころ、なんとなく体がだるい気がしました。もしかしたら、「夏バテ」だったのかもしれません。皆さんは、どうでしょうか。夏バテは、どうして起こるのでしょうか。夏バテの回復方法をお教えします。
 夏バテはおもに、冷房がきいた部屋と室外との気温差が激しいなど、暑さや湿気の急激な変化に体のリズムがついていけず、自律神経の働きが鈍くなることから起こります。症状としては、全身がだるい、思考力が鈍る、食欲がなくなる、夏カゼをひく、下痢をおこす、などがあります。また時には、頭痛、発熱、めまいといった症状を伴うこともあります。夏バテは、自律神経だけでなく、夏に冷たい食べ物を食べ過ぎたり、食欲がなく、毎日ソーメンで済ませたり、食事の不摂生からの胃腸の不調から来る場合もあります。これらの症状に悩まされる人は、まず体力を養うことが大切です。食欲がないときでも、たんぱく質やビタミン、ミネラルを中心に、良質なものを少量でも食べたほうがいいのです。さらに、食欲を刺激するために香辛料を使ったり、香りの強い野菜を摂取します。まだまだ暑い日がありますが、この時期は、極度な温度差は体に負担がかかるので、冷房はなるべく使わず、逆に寒い室内では、温かい飲み物やひざ掛け、カーディガンを利用するなどの工夫も必要です。食材にも、さまざまな効果がありますので、上手に取り入れましょう。エネルギー代謝の促進をしたいときには、ウナギ、えだ豆、ねぎ、豚肉が効果あり、食欲不振の改善には、ししとうがらし、しょうが、とうがらし、みょうががよく、消化活動の正常化には、パイナップル、もやし、胃の粘膜の保護には、おくら、やまいもで、良質なタンパク質を多く含むものとしては、豆腐、のぼせの解消には、とうがんをとるようにします。また、夏バテにはそうめんよりもおそばがおすすめです。小麦粉を原材料とするそうめんなどとそばでは、たんぱく質の性質が大きく違い、そば粉には穀類に少ないリシンやトリプトファンなどの必須アミノ酸が比較的多く、穀類中では最も良質のたんぱく質が含まれているといわれています。またそばの中でも、夏そばが一番ビタミンP作用を持つルチンを多く含んでいます。ただ、ルチンは水に溶ける性質があるので、そばの茹で汁の方に多く含まれます。ルチンは高血圧に良いと言われているので、そば湯も後で、飲んだりするほうが良いですね。もちろんそうめんなどでも、薬味や具を工夫することで栄養を摂ることはできますが、夏バテ気味で食欲がないという人は、おそばで体力の回復を図るといいかもしれません。また、先日、生姜湯を紹介しましたが、夏バテにお勧めは、「菊湯」などはどうでしょうか。菊の芳香には、カンフェンなどの精油成分があり、皮膚を刺激して血行を促進し、身体の痛みをやわらげる効果があります。また保温効果も高く、身体の芯まで温まるので、夏の疲れをほぐすにはピッタリのお風呂です。一般的に菊湯というと、乾燥したものを使いますが、葉をつんで生のまま使ってもよいですし、生の花びらを浮かべて秋の香りを楽しんでもよいでしょう。菊湯に用いるのは、野生で多くみられるリュウノウギクという種類です。リュウノウギクは、秋に花が咲いている時に地上部を刈り取り、陰干しにするか、その都度葉をつみ取り、生のまま使います。2つかみ(30g)を布袋に入れ、上から1升の熱湯をかけて15?20分ほど蒸らし、汁ごと浴槽に入れ、よくかき混ぜます。または少し多めの量を布袋に入れ、水から沸かしてもかまいません。夏バテ気味の人は、一度、試してみてください。