誕生日

 今日は、このブログ「臥竜塾」の誕生日です。昨年、8月28日から始めたからです。このブログを1年間書いてきたことで、いろいろなことを知りました。いろいろなことに目を向けるようになりました。新聞記事を丹念に目を通し、園庭をはじめ、道端にも目を配り、日曜日にどこに出かけるかを考え、講演先では、さまざまな地域を訪ね、飛行機に乗ると、機内誌に目を通し、新幹線に乗ると車内誌に目を通すようになりました。
「心を常に曇らさずに保っておくと、物事がよく見える。学問とは何か。心を澄ませ感応力を鋭敏にする道である。」 この文章は、ブログの初日に書いたものです。ブログをはじめるときの心がけを書いたものです。1年を経過して、果たして、この初志を貫けたか、と思います。
 また、このブログのコメントを通して、さまざまな人と出会い、会話をしました。いろいろな人の顔を思い浮かべるとき、以前のブログで書いた「論語の学而篇」を思い出します。
「吾(われ)、わが身を日に三省す」ということです。それは、曾子のことばです。曾子は、「反省」の重要性を説いています。自己の内面を見つめること、これは儒家思想の基本の一つです。ただ曾子はそれを「日に三たび」と説くのです。この「三」は三つのことであるという理解もありますが、漢文では通常「たびたび」「何度も」というイメージを伝えることばです。では、どのようなことを「省み」(かえりみ)たのでしょうか。
「人の為に謀(はか)りて忠ならざるか。」(人のために世話をしながら、真心が足りなくはなかっただろうか)
「朋友と交わりて信ならざるか。」(友達との付き合いに、信義が欠けたことはなかっただろうか)
「習わざるを伝うるか」(人から教わったことで、まだ自分のものとなりきっていないものを、口先だけで人に受け売りしてはいなかっただろうか)
この「わが身を日に三省す」から、「省我」という言葉が生まれていることもブログで書きました。この言葉を、今日は、1年経過して振り返ってみました。
「学問はその知識や解釈を披露したりするものではなく、行動すべきものである。その人間の行動をもってその人間の学問を見る以外に見てもらう方法がない。」
そして、よく知ることは知るだけでとどめず実行を伴わないといけないと初日のブログで書きました。1年を振り返ってみて、このブログを書くことを通して、学んでいるだけでも、知識を蓄えるだけでも、憂えているだけでも、人に伝えるだけでもなく、何かの行動に移したでしょうか。
 初日のブログを読み返すだけで、ずいぶんと振り返りが多くなります。誕生日とは、祝うことではなく、1年を振り返る日かもしれません。

誕生日” への6件のコメント

  1. ブログのお誕生日おめでとうございます!
    藤森先生のブログを読み始めてまだ半年ですが、ブログに何度助けられたか分かりません。
    物事には意味があること、自分で考えることの重要性、人を受け入れること、自分を省みること…
    数え挙げればキリがありません。
    藤森先生のお言葉はいつも幅があって、深いです。多方面から考えさせられ、あー、こういうことを伝えたかったんだ、と行き着いたとき、それが藤森先生の導きなんだと気付きます。
    これからも色んなお導きをお願いいたします。
    このブログが永遠に続くことを心より願っています。

  2. ブログ一周年、おめでとうございます!
    もう一年になるのですね、、、時が経つのは本当にあっという間ですね。
    先生の御蔭で世界が広がり色々なことに興味を持てるようになりました。
    先生の御蔭で自分自身を変えていく勇気を持つことができました。
    先生の御蔭で「学ぶ」ということがどういうことか分かってきました。
    言行一致、不言実行なさっている先生の背中からこれからの「生き方」も学び続けています。
    師匠 これからも大きな背中を追いかけていきます。
    宜しくお願いします。

  3. 1周年おめでとうございます。
    話を聞くたび、ブログを読むたびにいろんな気づきがあります。
    まだまだ学ばせていただきます。
    そして学んだことを自分のやり方でアウトプットしようと思っています。
    これからもよろしくお願いします。

  4. 臥竜塾ブログ、1歳のお誕生日、誠におめでとうございます。
    藤森先生は「毎日」お書きになります。どこに行ってもブログがアップされます。ミュンヘンからも岩手山田町からも発信頂きました。また、多方面にわたるブログは「藤森エンサイクロペディア」とでも命名したくなるような内容です。さまざまな事柄に気づかせて頂き、また多くのことを学ばさせて頂きました。
    他称「藤森先生追っかけファンクラブ」の一員の私としては、今後とも本ブログを熟読・精読・味読したいと思います。そして、「時々」、忘れ去れる前に、当コメント欄に投稿して、読後感の一端を披瀝させて頂こうと思います。
    ご健康にくれぐれもご留意頂き、ブログ2年目が、つつがなく、川の流れのように、継続されることを祈念してやみません。

  5. 一番最初の記事も読み、コメントをしていこうと思い立ってから約一年が経ちました。ここでの時間軸の流れも感じ、なんだか不思議な気分になっています。またブログ開始当初と現在の記事に繋がる部分があり、藤森先生の一貫した考えに触れるたびに、なんとかそれを自分自身の生活、保育に活かしたいという思いを強くします。このブログを通して、また藤森先生との関わりを通して、自分の生活やあり方を律しなければという思いが強くなってきました。それは簡単なことではないのですが、だからこそ、逆に楽しいことでもあるような気がしています。私も三省を忘れずに、言うだけではなく、実践できる人間になっていきたいです。

  6. 誕生日を祝う目的は何なのかというところが、スッキリしました。年間を通して無事でいたこと、生まれてきたこと、などの恩恵に気づくと同時に、当時の心持ちに寄り添いながら「1年を振り返る」ことが目的でもあったのですね。また、「学問は…行動すべきものである」ということからも、誕生日というきっかけが、その後の行動を決める大事な日であることを感じました。誕生日が始まりではなく、むしろ年間の振り返りの区切りであって、その次の日からの指針になるような振り返りをしていきたいと思います。ブログコメントを書くことで、自分の思考や行動を振り返るきっかけになります。そういった場を、提供して下さりありがとうございます。そのきっかけを、行動するといった学問にできるかは、自分次第ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です