石工

26日から行われた「保育環境セミナー」のために前日から来ていた熊本で、「熊本日日新聞」の朝刊にこんな記事を見つけました。「季節ごとの恒例企画 夜の熊本城めぐり」というものです。25日に、ライトアップされた熊本城の天守閣など、昼間とは一味違う眺めを楽しんだようです。その中で、参加者がため息を漏らしたのは、「加藤神社の入り口からの眺め」で、眼下の堀や、ライトに照らされた宇土櫓と天守閣は格別だったようです。そこで、26日の夜、セミナーの後、夜にこの場所に行ってみました。
kumamotojo.JPG
 白壁が照らされたライトでまぶしいくらいに白く反射し、黒い空と対照的に浮き出て見えました。そして、その姿を、眼下の堀に映しています。その堀から、櫓以上の存在感を持って、石垣が反り返っています。これが、有名に「武者返し」です。「いまもむかしのままのこる熊本城の石垣は、『武者がえし』といって、美しいそりがあるので有名だが、この石がきのつみかたは、清正が朝鮮征伐にいっておぼえてきたといわれている。石ひとつひとつの重さによって、ますます強さをますように、力学的にくふうされたものである。こうした技術を、岩永三五郎は、石だけでつくるアーチ型のめがね橋に工夫したものであろう。」これは、「熊本の緑川に美しいアーチ型の霊台橋が築かれたのは,さむらいの時代が終わりをつげようとしていたころ.その石橋づくりには,つらい過去とたたかいながらも命をかけてその技術を弟子たちに伝えた名職人・岩永三五郎の物語がかくされていた…。」という国際アンデルセン賞国内賞、日本児童文学者協会賞、NHK児童文学奨励賞受賞した、今西祐行の初めての長編歴史小説「肥後の石工」の「はじめに」に書かれている文章です。この話は、教科書にも取り上げられています。肥後の石工たちが造る石橋には秘密がありました。それは、中央のひとつの石を取り外すと、重力の関係で、つぎつぎと石が崩れ落ち、簡単に取り壊せる仕組みになっていたといいます。敵が攻めてきたときに、橋を落として城を守る仕掛けだったのです。こうした秘密を守るために、工事が終わると、肥後の石工たちは、城からつかわされた刺客によって、人目につかないように国境で切り捨てられたのです。戦後、日本児童文学のなかで歴史小説は、どうしても、中央の英雄や偉人が主人公になり、その業績を語ることに偏りがちでした。しかし、この小説で、地方史を取材し、架橋工事という具体的なモチーフを通じて民衆の哀歓を描き出したことなど、新しい歴史児童文学として、このジャンルの可能性を広げることになった作品です。
肥後の石工集団は、アーチ式石橋を作る技術をもった当時のハイテク・プロジェクト集団として、高度な石組みの技術を用い各地に眼鏡橋を造り上げていき、またその技術は石橋のほかにも、河川工事や干拓などの事業にも活用され、社会基盤の整備等、人々の生活向上にも大いに貢献しています。江戸末期から明治中期までの約70年の間に、突然、彼らは出現し、熊本だけにとどまらず、鹿児島(高麗橋や西田橋、新上橋など)など九州各地や、東京(旧二重橋や日本橋、神田橋、万世橋など)など、至るところに、見事な石橋を作り続け、その名声を全国にとどろかせたのです。そしていつの間にか消えていきました。皇居の旧二重橋や日本橋などが、「肥後の石工」に関係があったとは、驚きます。

石工” への5件のコメント

  1. 2007年に、築城400年を迎える熊本城、来熊とともにご覧頂きうれしく思います。
    肥後の石工については、小学三年生の道徳教材として、アーチ式石橋モデルを使っての授業を教育実習中に教えていただいたことを思い出します。随分昔のことですが・・・。
    また、お越し頂けることを願っています。
    暑い肥後路で熱い研究セミナー、ありがとうございました。

  2. 熊本城が「行ってよかった!日本の城ランキング2014」で昨年に引き続き1位になっていました。職場の人も訪れたこともあり、いつかは行ってみたいスポットです。肥後の石工というプロ集団が存在したのですね。70年間の間に突然現れ、いつも間にか消えていったとありましたが、なんだか伝説のような話でワクワクします。今のように記録がはっきりと残っていないこともあり、石工集団が消えていったプロセスを知ることができないということもあると思うのですが、その何でも分かるわけではないのがまたいいですね。城の秘密を守るために石工の人々が切り捨てられたというのは惨く、悲しくもなりますが、それが当時の時代を表していることでもあるのかもしれません。それでも、「そんなことなら始めに言って」と思ってしまいます。

  3. お城の石垣を作り上げるのに、どのくらいかかったのでしょうか。大胆さに加えて、しっかりと力学的な応用を利用している点が、すごいですね。岩永三五郎氏という名職人の技術が、現代まで原型を残していることから、過去の技術、また、丈夫さなどが見て感じ取れます。その丈夫さが、戦という物に活用されてきたのですが、戦が必要ない現代では、「橋」に活用の場を移動し、活用させてきた様子がうかがえます。そう考えると、今の技術は、昔からある技術を現代版にアレンジしたものが多いということでしょうか。昔の技術があって、今の暮らしがあると思うと、先人たちの苦労に感謝しなければいけないことが多いということですね。

  4. 城めぐりも私の趣味の一つです。もっとも、頻繁にはできない趣味の一つでもあります。職員研修旅行で行った熊本、念願の熊本城を目の当たりにした時には、その凄さに息をのみました。加藤清正が築城し、その後は結局、細川氏の居城として維新を迎えます。そして、熊本と言えば、阿蘇山や山鹿灯篭、水俣、球磨川、菊地、天草、そして熊本城。そうそう、馬刺しや辛子レンコンも忘れてはいけません。「肥後の石工」、石橋を作っては秘密保護のために国境で殺される。何とも可哀そうな最後だなと思います。第1級の技術を持つ人々を守りのために殺してしまう、という発想は果たしてどこから生まれるのか?悲しい話ですね。熊本城の石垣の組み方を間近で見られて良かったと思います。実に見事な石垣でしたね。また、熊本、行きたいな、と思います。熊本の石工によって「東京(旧二重橋や日本橋、神田橋、万世橋など」が造られたことについては私も驚いています。石橋のアーチ、現存するそれらは、当時の技術水準の高さを物語っていますね。

  5. 加藤神社なる神社があることを初めて知りました。調べればやはり加藤清正公が出てきます。今年の10連休、家族とどこかの大きな神社へと思っていた矢先、候補に入れたいと思います。
    しかしこの武者返し、石垣は見事ですね。鋭角であり、美しさを感じます。ピラミッドなどもそうですが、当時の技術で、ということにいつも驚いてしまいます。それだけ司る者に権力があったのだと察するのですが、現代はこれだけ見事なものを作り上げるに、人を動かす力の意味が変わってきている気がします。権力や圧力ではなく、その人の魅力で人は動かされているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です