心の病

 朝日新聞の2006年8月21日の記事に「心の病、30代社員に急増」ということで、企業6割で「最多の世代」が書かれていました。「30代の会社員にうつ病や神経症など「心の病」が急増していることが、社会経済生産性本部メンタル・ヘルス研究所の実施したアンケートでわかった。30代に最も多いとした企業は、04年でほぼ半数だったのが、今年には61.0%に増えた。また、6割以上の上場企業が、「心の病」を抱える社員が増えたと回答した。専門家は「急速に進む成果主義や管理職の低年齢化が一因ではないか」と分析している。 」ということですが、各年齢による比較では、「心の病はどの年齢層で最も多いか」を聞いたところ、「30代」と答えた企業が最も多く、全体の61.0%をしめた。40代は19.3%、50代以上は1.8%だった。心の病で1カ月以上休んでいる社員のいる企業の割合は7割を超え、これも増え続けているそうです。そして、「職場でのコミュニケーションの機会が減ったか」との質問に対して、「そう思う」「ややそう思う」と答えたのは約6割。「職場での助け合いが少なくなった」と思っている企業も、ほぼ半数でした。さらに、コミュニケーションが少なくなった企業で、「心の病が増加傾向」と答えたのは7割超だったのに対し、減少していない企業では半数以下にとどまり、職場環境の違いが反映した結果となったようです。同研究所では「心の病の増加を抑えていくためには、職場内の横のつながりをいかに回復していくかが課題だ」としています。
『選択理論』心理学の大家ウイリアム・グラッサー博士によると、
1.ひとが不幸な理由の大半は、満足できる人間関係を持っていないからである。
2.ひとが満足できる人間関係を持っていないのは、どちらかあるいは両方が、関係を改善しようとして、外的コントロール心理学を用いているからである。
3.そのような関係からは苦痛がもたらされるので、どちらかあるいは両方が、相手が用いている外的コントロールから逃れようとしている。
 この外的コントロールというのは、教育学では、「外発的動機付け」ということもありますが、外からの力で行おうとする場合です。よく言われるのは、1. 批判する、2.責める、3.文句を言う、4.ガミガミ言う、5.脅す、6.罰する、7.ほうびで釣る。などです。この方法は、確かに効果はありますし、即効力はあります。しかし、それによってコントロールされた力は、持続しませんし、自らの力にはなりませんし、それどころか、ストレスになります。そして、さらに、コミュニケーション能力が欠けてきます。どうも、最近、少子社会においては、親は子どもに対して、外的コントロールをしようとしすぎている気がします。では、どうすれば外的コントロールを使わなくて済むかというと、質問型のコミュニケーションを使い、相手に取るべき行動を自ら選択してもらえばいいのです。これが、最近注目を浴びている「コーチング」という手法のようです。(私は、あまり詳しく知らないので、少し違うかもしれませんが)園では、毎日の3歳児から6歳児の給食で、こんな場面があります。当番「どのくらいの量?」子ども「少し」、ある場面では、当番「何個ほしいの?」子ども「うん、3個かな」他の場面では、「どれがいい?」子ども「大きいの!」当番「どのくらい大きいの?」子ども「さっきの子のより大きいの!」毎日行われるこの場面では、コミュニケーション力をつけるための「コーチング」が行われているのかもしれませんね。