銀座

 一昨日訪れた石見銀山を見て、日本が如何に銀の生産国として世界で有名だったかを知りました。銀山で採れた銀は、鋳造所に運んで貨幣にします。慶長3年(1598)、徳川家康は、伏見に銀貨鋳造所を設けます。これが、銀座の起源です。ここでは銀の品位を決め通貨を製造しましたが、同13年には京都に移されます。時を同じくして大坂にも銀座がおかれましたが、通貨の製造はしませんでした。主に生野・石見銀山の産銀や、粗銅から抽出した銀を京都に回送する役割を担ったようです。また、駿府(今の静岡市)にあった銀座を、1612年(慶長17年)に江戸に移しました。銀座の「座」とは、貨幣や、度量衡に従う特別な免許品を製造した場のことです。銀座の他に、金座、枡座、秤座、朱座、などがありました。金貨を鋳造した金座は、同じ江戸の常磐橋門外、今の日本銀行がある場所でした。寛政の改革の時、江戸、京都、大阪、長崎にあった4銀座を廃止し、のちに、江戸銀座のみ日本橋蠣殼(かきがら)町に移し、再興されたのです。銀座というのは、始めは地名ではなく、役所の名称にすぎませんでした。そして、銀座は、日本橋の金座があったあたりを両替町と呼んだことに合わせて、新両替町と呼ばれました。しかし、新両替丁と書かれたわきに、銀座という文字が書かれています。通称として銀座という呼びかたがされ、親しまれていたようです。銀座という町名になったのは、1869年(明治2年)のことです。
ginza.JPG
江戸に幕府が置かれた初めの頃、銀座のあたりは浜と海でした。家康から家光にかけて、幕初の将軍たちは江戸の町づくりに、力をいれなければなりませんでした。そこで、海を埋め立てて、土地を造る工事に、譜代大名の力をあてたのです。この「天下普請」によって生まれた土地には、工事にあたった大名の領地名が付けられたのです。
銀座4丁目交差点の四つ角に「三愛ドリームセンター」が建っています。
sanai.JPG
これは、三愛社長が、奈良法隆寺の五重塔からヒントを得て、真中の一本の支柱によって支えられた総ガラス張りの円筒の塔を、銀座の街の真ん中に作ることを考えたのです。オープニングは、昭和38(1963)年1月13日深夜0時でした。このオープン記念で、私は中学生の代表として三愛のビルから見た銀座の絵を、出来立てのビルのガラス越しに見て描いた覚えがあります。この「三愛ドリームセンター」は、「日本のモダン・ムーブメントの建築100選」に選ばれています。
また、銀座というと、若い人は知らないでしょうが、私たちの年齢では、柳を思い浮かべます。しかし、柳といえば川岸の木で、なんだか幽霊が出るというイメージで、街路樹というイメージはありませんね。ということで、最初に植樹されたのは日本の代表的樹木、桜と松、楓でした。しかし、銀座は、埋立地のため土地に水分が多過ぎ、植樹された木々が次々に根腐れをおこしました。そこで登場したのが、元来水辺の樹である柳でした。仕方なく植えた柳が、銀座のシンボルとなり、歌や詩歌にも登場するほどになりました。今は、銀座通りからは姿を消していますが、他の通りでは、復活しつつあります。
ginzanoyanagi.JPG
 歌といえば、昭和4年、西條八十作詞、中山晋平作曲の「東京行進曲」の1番ですが、当時、モガ・モボ全盛の、アメリカナイズされた東京の尖端的都市という感じがあります。「昔恋しい 銀座の柳 仇(あだ)な年増(としま)を 誰が知ろ ジャズで踊って リキュルで更けて あけりゃダンサーの 涙雨」