花火

 今日は、隅田川の花火大会がある日です。(私は、残念ながら、今日から熊本に来ています)隅田川の花火といえば、懐かしい思い出があります。何回かブログで書いていますが、私は、鳥越神社の近くに住んでいました。(近くを3回引っ越しましたが、高校卒業までその辺に住んでいました。)小学生のころ、家から、いつも隅田川の花火を見ていました。花火大会の日は、朝から音の花火が打ち上げられます。パンパンという音が鳴り始めると、「ああ、今日は花火の日だ!」と思って、そわそわ落ち着きません。母親は、台所で、枝豆とかとうもろこしを茹でています。父親は、干し物台にござを敷いたりと、見る場所の準備をしています。そのころの干し物台は、どの家でも、屋根の上に乗っていました。家は、それぞれ密集していましたから、相撲の升席で相撲観戦しているようで、隣の家の干し物台とは、とても近い距離にありました。その日は、早めに夕食を済ませます。そして、干し物台に枝豆やとうもろこしなど、食べ物を運び上げます。そのころになると、空は、薄暗くなってきます。親戚の人や、知り合いが集まることもありました。花火が打ち上げられる前から、それぞれの家々の干し物台では、宴会が始まります。もちろん、今のようなご馳走ではありませんでしたが、子ども心にうきうきしました。そのうちに、花火が打ち上げられ始めます。それは、夜空に開く、おおきな花のようであり、まさに「花火」です。今考えると、たぶん、いろいろな工夫は少なく、大きさもあまり大きくなかったかもしれません。そして、一発ずつ、間をあけてあげられたとおもいますが、今、どこの立派な花火を見ても、そのころの美しさのほうが美しい気がします。その花火が1発上がるたびに、どの家からも、大きな声が聞こえてきます。「たまやー」「かぎやー」と。どうしてそんな掛け声をかけるのかも分からなかったのですが、私たち子どもたちも大声で、大人のまねをして、隣の家に負けないように大声を出しました。この日だけは、子どもたちも、花火が終わるまで起きていてよかったのです。(といっても、8時とか8時半だったと思いますが)花火大会の日は、今の時代では、ホンの些細なイベントかもしれませんが、当時としては、家族みんなで楽しむ、近所とも一体感を感じるイベントのひとつだったのです。この両国川開きの花火は、明治維新や第二次世界大戦などにより数度中断しています。私が小学校6年生のなると、交通事情の悪化のために中断されます。それが、また、1978年(昭和53年)に現在の名称として復活し、以後毎年続けられています。今は、大変な混雑で、昔の粋な衆がしていたように、屋形船に乗って船から花火を見ることできます。
yakatabune.JPG
 日本で最も古い花火業者は、江戸の宗家花火鍵屋で、1659年に初代弥兵衛がおもちゃ花火を売り出します。彼は、「鍵屋」を屋号として代々世襲するようになりました。1733年、関西を中心に飢饉に見舞われ、江戸ではコレラが猛威を振るい打数の死者を出した暗い世相の中、将軍吉宗が死者の慰霊と悪霊退散を祈り両国大川(隅田川のこと)の水神祭りを催し、それに合わせて大花火を披露し、これが隅田川川開きの花火の起源になったと言われています。一方、鍵屋と並んで江戸の花火を代表したのが玉屋である。玉屋は鍵屋から暖簾分けをして店を構えたのが始まりです。そして、両国橋を挟んで上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持つようになって、双方が腕を競いあいました。そして、交互に花火を揚げたため、観客は双方の花火が上がったところで、よいと感じた業者の名を呼びました。これが、「たまやー」「かぎやー」の掛け声の由来です。

花火” への4件のコメント

  1. 家族や親戚、近所の人などと干し物台に乗ってみんなでイベントを楽しむ姿からは、花火が人々を結び付けていたように感じますし、家といったプライベート空間でありながら、隣のかけ声や気配が感じられる不思議な距離が、イベントを心地良いものにしていたような感じがします。「たまやー」「かぎやー」と声を出しながらの観賞もきっと楽しかったでしょうね。今、こんなことをしたら、近状からはよく思われないかもしれないのは、少々寂しいことです。今の花火は「◯◯万発の花火!」などとうたって、数が多いほどよいといった風潮があると思いますが、ひとつひとつの花火の大きさや色などをじっくり観賞する楽しみ方もあるのですね。

  2. 花火大会となると現在でも多くの人が花火の美しさ、壮大さに魅了される夏を代表するイベントですね。多くの人が同じ花火を見て、感動し、その美しさに共感することのできるそんな体験は心地の良い体験であるからこそ、人々の思い出に残るのかもしれないなと思いました。一人で見るのも悪くはないですが、花火の美しさを共有できる人と見るという体験の方が楽しそうですね。吉宗は悪霊退散を祈り始めたという花火大会も、多くの人が花火を見ることで、感動し、その感動からみんなの雰囲気が変わり、気持ちの面から病に立ち向かうという雰囲気を作り出していたのかもしれませんね。多くの行事は人々の気持ちを高める、全体の雰囲気を転換するそんな役割もあるのかなと想像しました。それにしても吉宗と聞くとやはり私は尊敬する松平健さんのことが頭に浮かびます。私の中では徳川吉宗は松平健さんです(そんなのどうでもいい話ですよね(^^)なぜか宣言してしまいたくなりました)。

  3. 2014年の隅田川花火大会は7月26日土曜日に行われました。私は30年弱東京にご縁を頂いておりますが、何と、今回初めて、隅田川の河川敷付近で同花火大会を観ることができました。藤森先生が鳥越に住まわれた時の花火大会と今の花火大会は同じなのか異なるのかわかりませんが、とにかく、目の前で開く大輪の花火はまさに圧巻でした。隅田川の上流部と下流部の2会場で打ち上げられていたようです。私は、第1会場、言問橋下流付近から上がる花火を楽しみました。1万発の花火の美しさは言葉では言い表せない、そんな感じでした。昨年はゲリラ豪雨のため中断したようですが、今年は、多少風はあったものの、雨に降られることなく、素晴らしい花火大会の宵を過ごすことができました。何ともありがたいことでした。そういえば、同会場のどこからか「た~まや~」「か~ぎや~」の掛け声が聞こえてきました。何とも風情があって良いものです。東京スカイツリーの脇に上がる花火、来年も観たいと思いました。

  4. もしかして神社と祭り事というのはとても密接で、そしてとてもわくわくさせる力をもっていて、そして、子どもの頃の楽しかった思い出を彷彿させる何かがそこにあるのでしょうか。夕涼み会の何日か前から流れる盆踊りの曲、それは先生が当時感じたあのどうにもわくわくする気持ち、それなのですね。最近、チャンピオンという取り組みをしました。それは小学4年生の時に好きだった先生が毎週してくれた取り組みで、僕は、覚えてしりとりというゲームでチャンピオンになることが出来ました。その時の嬉しかった気持ちというのは、こんなに歳を重ねても覚えているものなのですね。先日覚えてしりとりのチャンピオンになったすいすいのあの子がその嬉しさを何年も覚えていてくれたなら、保育者としてこんなに幸せなことはないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です