ドクダミ

dokudami.JPG
 季節を代表する花や草をお風呂に入れて楽しむことがあります。また、季節の行事などにちなんで、その草花を入れることがあります。有名なのは、5月5日のこどもの日に入る「菖蒲湯」です。ほかにもいろいろあるので、その季節ごとに紹介しますが、ちょうど今頃入るといいものに、「ドクダミ湯」があります。ドクダミは、生えているところは山奥ではなく,人家の周辺や昔人家があったところに限られています。私の家の脇のところに今、びっしりと生えています。なんだか、名前に「毒」がついているので、遠ざけたくなりますね。また、においも強く、このにおいには好き嫌いがあるようです。ドクダミの名前の由来は、特有の強烈な匂いから「何かの毒が入っているのではないか?」と、ドクダメ(毒溜め)と呼ばれるようになり、ドクダミに変化したといわれる説と、ドクダミは古来、吹き出物の薬として使われており、吹き出物は体の毒が吹き出すものと考えられていたため、それを治す草「毒矯め(ドクタメ)」がドクダミに変わったとか、痛み止めの薬という意味の「毒痛み」からきているという説があります。しかし、この草は、最近の若い人は知らないでしょうが、民間薬として、親しまれていました。ゲンノショウコ、センブリなどとともに日本の民間薬の代表的なものです。民間薬といわれるためには、安全で副作用が無いことが一番の条件になります。江戸時代の儒学者であり博物学者でもあった貝原益軒の著書「大和本草」に「わが国の馬医これを馬に用いると、十種の薬の効能があるので、十薬(じゅうやく)という」という記述があります。万病に向く薬草として現在では、厚生省によって認められており、日本薬局方に「ジュウヤク(十薬)」と記載されています。
5?6月の花期に根を含めた全草を採取し、一度軒先などで吊るして乾燥してから日干しの後、半陰で完全に乾燥します。化膿性のはれものには、新鮮な葉を水洗いし、新聞紙等に包んで火に焙り、柔らかくなったら、はれものの大きさに折って、絆創膏で止めておくと、膿を吸い出し、はれがひきます。利尿、便通及び高血圧予防には単独のドクダミ茶を用います。生のドクダミ葉には葉のにおいがありますが、乾燥すると成分が変化をして無臭になります。このにおいの成分には強い抗菌性や抗かび性がありますので、生の葉を水虫の患部にすり込めば水虫菌の発育を阻止して、効き目があるとされます。ドクダミの青汁は、胃痛、十二指腸潰瘍にも効果があるとされます。擦り傷、靴擦れなどには、生の葉をよくもむか、火で炙ったものを塗布します。塩ゆでして水でさらしてから、てんぷらや、味噌とみりんであえても食べられます。
ドクダミのエキスを抽出したドクダミ湯は、あせも・しっしんなどに効果的で、ムシムシする今の時期にぴったりの薬湯です。ドクダミ湯は、あせも・しっしんなどの吹き出物を鎮めるほか、新陳代謝を高めて皮脂分泌を活発にするため、お肌もツルツルになります。
まず、この茎や葉を水洗いして、適当な大きさに刻みます。そして、それを布袋に詰め、浴槽に入れて水から沸かします。落とし込み式の浴槽では、湯がよくあたるところにおきます。袋の中の成分を揉み出しながら入浴すると効果的です。
 科学薬よりも効果があり、副作用がありませんので、試してみたらどうでしょうか。