景観

ドイツに行って、バスに乗ったときにガイドさんがこう質問しました。「ドイツの町並みを見てください。町並みを見て日本にはよく見られるもので、ドイツではほとんど見ないものが二つあります。なんでしょうか。」「それは、自動販売機と看板です。」確かにその二つがありません。日本で、今、景観を壊すものとして挙げられているものに、「電線や電柱が数多く走る街並、無秩序な看板やネオンサインの乱立、駅前の放置自転車、公共地域での乱雑なごみ放置、歴史的建造物に重なる大型建築物、海岸を埋め尽くす波消しブロック」といわれています。ドイツでは、もちろん電線や電柱もありません。それは、地下に埋まっているからです。あると思うと、市電の電線です。
先日の朝日新聞に「悪い景観100景」選定 「風格なし」「看板洪水」という記事が出ていました。これは、都市計画、建築、土木などの専門家グループが、日本の「悪い景観100景」の選定を進めているものです。巨大看板、電線電柱、不況の街のシャッター商店街などが挙げられていますが、私がブログで景観を壊すものとしてあげた、小泉首相が「空の復活」を提唱した日本橋も含められています。70カ所をすでに選んで、写真にコメントをつけてホームページで公表していますが、そのほとんどは、看板です。ビルに巨大な看板がある銀座の一角は「世界の銀座にふさわしい風格が見られない」、新宿の夜景は「無差別な広告看板の洪水」などのコメントがつけられています。
ドイツの町並みを通るときに「マイバーム」というポールを見かけます。英語で言うなら「メイツリー」、日本語で「5月の木」です。
maibamu.JPG
長く寒い冬が終わった5月にこの木を村の広場に立て、その回りで踊って喜ぶのだそうです。日本でも、最近、札幌などにも立てられるそうです。大きな木の先端の枝だけを残して他の枝を落とし、幹は皮を削って飾り彫りにします。先端からはリボンを垂らしたりします。この先端を掴んで木の回りを男女が踊るのです。木の途中には看板を付けたりします。町によっては木ではなくポールに白と青(バイエルン州の旗の色)の螺旋の色を付けたものも目に付きます。これは、ただその周りで踊るだけでなく、かつて村の案内板の役割もしていました。この村にはこういった職人がいるよということを旅人に判るようにし、旅人はそれを見てその職人の元を訪れ修行したりするのです。ですから、共同の看板なのです。そして、それぞれの家には看板は立てないのです。それがあるというわけではありませんが、都会の繁華街でも、看板はもとより、宣伝用ののぼり、コンビニエンスストア、自動販売機、ガードレールなどは見られません。
doitumatinami.JPG
 何が景観としてよいのかというと、個人差があります。建物の形状や色などは、個人的な好みもあります。たとえば、少し前に、ビルの上にジェットコースターをつけようとして反対にあい、取りやめました。今回の「悪い景観」に選ばれてしまったなかにJR鹿児島中央駅駅ビルの観覧車があります。私もこの間それを見て奇妙に思ったのは事実ですが、作った鹿児島ターミナルビル側では、「地元では好評いただいているので意外です」と、当惑しているそうです。観光ポスターに写真が使われ、新しい名所にもなった。「住んでいる人と、中央の専門家の見方に差があるということなんでしょうか」と首をかしげているそうです。難しいですね。

景観” への4件のコメント

  1. ●ご紹介があった「日本の悪い景観100選」をネットで見てみました●普段は、特に奇異に感じない景観もあるのですが、言われてみれば…確かに、というのもありますね(まるで、自分自身全体が汚染?されている、という気持ちになったようでした)●本園も“園児募集”のポスター、園の広告看板など地域社会に出しています(広告看板を出す時などの心理は、景観としてでなく、意志として訴えている、ような気がします)●どのような出し方をしているのか、出すのがいいのか、今一度、景観という視点から我が園の掲示物を見直したい。

  2. 日本では、景色や風景の美しさよりも、利便性や宣伝効果というか、いかに人の目に止まるかといった工夫が多くされている印象です。視覚効果は、商品の購入意欲に直結していくからでしょうか。そのような社会の経済効果よりも、地域や国特有の景観を美しく保つという発想も重要ですね。去年行ったドイツでは、街中自体が「美術館」のような雰囲気で、歩いているだけでも気持ちがよかった印象があります。本来の姿の景観に、付加価値を感じる事ができたり、経済とは離れたところで日常を過ごす経験が、必要であったりもするのでしょうか。その方が、結果的に経済効果があったりもするのかもしれませんね。

  3. 悪い景観100景のサイトは現在は閉鎖されているようですが、別なサイトで悪い景観としてあげられているものを見ることができました。日本はこんなに看板や広告が多い国だったんだと気づかされ、なんだか新鮮な気持ちがしました。それくらい看板、広告が日常にある生活に慣れてしまっているということなのでしょうか、それとも看板や広告が目にとまっていないということでもあるのでしょうか。写真の町並みには日本のような看板が見当たりませんね。看板、広告という目で外国の町並みを意識することがなかったのでそれも新鮮です。「住んでいる人と、中央の専門家の見方に差があるということなんでしょうか」というようなことは様々な場面でありそうなことですね。どっちがいい、どっちがわるいではないようでもあるので、難しいですね。

  4. 現在働いている園舎が完成してその外観の色彩の意味を知った時、なるほど、と頷き、また想像の翼を広げて・・・と思った時、どうしても電線電柱が目に留まり、この電線電柱、なんとなかならないものか、折角の園舎の外観が台無しではないか、と思ったものです。あれから8年経った今日なお電線電柱はむき出しになっています。わが園のお隣さんのところの電線は高く生い茂った木の緑豊かな葉っぱに覆われて見えない部分もあります。いつになったら園舎の周りの電線電柱は見えなくなるのでしょうか。その日の到来を心待ちにしています。電線電柱が地中に埋められた暁には園舎外観の塗装をもう一度やり直してもいいのではないでしょうか。私は数回ヨーロッパの国にお邪魔しましたが、確かに景観は素敵ですね。何とも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。一方、私は日本以外のアジアの国々も数各国訪れていますが、景観は日本と似ていますね。あの看板や電線電柱、あれはアジアの特徴なのかもしれません。まぁ、地方出身の私にとっては新宿のネオン看板こそは「新宿」の象徴のような気がして、あれが無くなったらと考えると逆に寂しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です