宇宙日記

 一昨日、景観について書きましたが、看板なり景観を損なっているものを、もっと上空から見るとどうでしょうか。たとえば、飛行機に乗って下を見たときの景観を壊しているものは何かというと、看板ではありませんし、電柱でもありません。私から見ると、それは「ゴルフ場」の気がします。ゴルフ場ラッシュの地域の上を飛ぶと、山肌は削り取られ、川は茶色によどみ、見るからに無残です。山が開発され、町ができ、道が敷かれる景色は、それと比べるとあまり、自然を破壊しているようには見えないほどです。本当は問題なのでしょうが、上空に上がると違ったものが見えてきます。もっと、上空から日本、地球を見るとどう見えるのでしょうか。昨日、知人からある本をいただきました。「宇宙日記」(世界文化社)という本です。この本は、ディスカバリー号に乗っていた15日間のことを、野口聡一さんがシャトル内で日記として書いたものです。この本の「はじめに」に、宇宙から見た地球の景観のことが書かれています。そのなかに書かれている文章に、
「実際に宇宙空間に出て見た地球はすばらしいものだった。宇宙船の中から見るのと、船外活動中に見るのは本質的な違いがある。」
とあるように、今までの宇宙飛行士が地球を見たときの感想と違うものがあるようです。最初に宇宙船から地球を見たガガーリンが「地球は青かった。」と言って有名になりましたが、野口さんは、宇宙船内からガラス越しに見る地球は、景色を見ている感じだそうです。というのは、機械のある船内と、外の景色は違うものとして見えるからだそうです。それに引き換え、船外活動をしているときに見る景色は違うようです。私も、飛行機から見る景色は、やはり、どこか傍観者的なところがあります。では、野口さんは、宇宙船から外に出て、地球がどう見えたのでしょうか。
「同じように宇宙空間に漂う同士として、ある意味地球と対等な立場で向き合うことができる。二次元的な景色でなく、三次元的な、まるで意識を持った存在として地球を感じることができる。それが、圧倒的な存在感であり、手を伸ばせば届きそうなリアリティーであり、生命の輝きに満ち溢れた天体であるのだ。」
 私たちも、地球の上で、地球そのものと一体となって生き、生活をしているのです。決して、どちらがどちらを征服するのでもなく、どちらが優位に立つというわけでもなく、ともに生きているのです。どうも、それを忘れている気がします。そのことを、野口さんは、こう言っています。
「宇宙飛行をして外から地球を見るという経験は人を変えずにはいられない。なにしろ生まれて以来見てきた全ての人々、全ての生命、全ての景色、全ての出来事は、目の前にある球体で起きたことなのだから。」
 私たち人間でさえも、地球という景観の中のひとつなのでしょう。そう考えると、「景観を壊しているのは、人間である。」といわれないように、そこでの生活を考えないといけないのかもしれません。この球体のなかで、自然を壊していくというのは、人間を壊しているということにつながるからです。野口さんの「宇宙日記」を読んでいて、自分自身が宇宙の船外活動をしながら地球を眺めている気になってしまったのかもしれませんね。