本の日

dokusyosyukan.jpg
 今日4月23日は、「世界 本の日」です。この日は、もともとは「サン・ジョルディの日」として親しまれており、愛と知性の文化運動として行われてきたものです。「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしており、悪獣のいけにえに差し出された王女を救った伝説の騎士、サン・ジョルディを愛の守護聖人としてたたえています。4月23日は彼が殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになりました。また、この日は文豪として名高いセルバンテスとシェークスピアの命日でもあり、本との結びつきを強めております。日本でも4月23日に男性から女性に花を、女性から男性に本を贈るという知的でロマンチックな習慣は、現在、静かなブームになっています。そして、ユネスコ総会は、本は歴史的に知識の普及に最も有力なファクターであるとともに、その保存に最も正確な手段であることを考慮し、本にアクセスするすべての人々を啓蒙するだけでなく、世界中の文化的伝統をより豊かに共有する認識を広め、また理解、寛容、対話にもとづく人々の行いを鼓舞することに鑑み、4月23日を「世界・本と著作権の日」としたのです。日本でもこれに伴い、4月23日を「子ども読書の日」とすることが法律で定められています。そして、4月23日から5月12日が、毎年「こどもの読書週間」です。第48回の今年の標語は「魔法の国へのパスポート」です。
 本といえば、私は、小学生のころ本を読むのが好きでした。探偵ものとか、冒険物が特に好きでした。何年生のころか忘れましたが、「十五少年漂流記」が面白くて、時間があると読んでいました。母親から、「そんなに本ばかり読んでいないで、すこしは外に遊びに行きなさい!」と注意されたので、押入れに隠れて読んだり、寝るときにも布団の中にもぐって読んでいました。とうとう母親は腹を立てて、2階の窓からその本を隣の家の屋根に投げてしまいました。今だったら、本を読んでいたらほめられるのに、そのころは、テレビばかり見ていると同じ感覚だったのでしょうね。これは、誰でも読んだことがあるでしょうが、無人島に漂流した少年達が力を合わせて生活していく物語を描いていますね。原題は「二年間の休暇」といいます。この「十五少年漂流記」を、架空の未来に移して、エキセントクリックな状況の中で、少年たちの根源悪が噴出する小説「蝿の王」を大人になって読んだときに、やはり取り付かれた思い出があります。この作品は、ノーベル文学賞を受賞しています。題名の「蝿の王」とは、悪魔「ベルゼブブ」のことを指し、作品中では蝿が群がる豚の生首を「蝿の王」と形容しています。アメリカの陸軍幼年学校の生徒たちを乗せた飛行機が墜落した。とりあえず一命を取り留めた24人の少年たちは、近くの無人島へ漂着します。しかし彼らは、世間から隔絶されたこの島で、己の内に秘めた野性に目覚め、やがて理性と秩序を失ってゆく……。性・秩序・生命力を暗示する“ほら貝”を持つ文明支持派と、悪・死・無を象徴とする“蠅の王”を掲げる野性派に分裂してしまった少年たち。その間に目覚める、猜疑心、恐怖心、憎悪、闘争、そして殺戮??まるで人類が犯した過ちの歴史を忠実になぞるかのような彼らの姿を、鮮烈な映像で描き、人間性の奥に潜む“善と悪”に深く切り込んだ傑作といわれています。ただ、情緒的に美化されがちな子どもの世界を、冷静に見つめることができます。

本の日” への5件のコメント

  1. 小学生の頃、家がそれほど裕福でなかったので、
    読書といえばもっぱら学校の図書館の本を利用していました。
    「十五少年漂流記」も読みましたね。
    あと、「飛ぶ教室」や「エルマーの冒険」や「ドリトル先生」の
    シリーズも大好きでした。かたっぱしから目に付いた本を
    読み漁ったのを思い出します。
    内容はほとんど覚えていませんが、その時代に本の世界の
    おもしろさを経験したことは今でも役立っているようです。

  2. 昔は、本当によく図書館や学校の図書室を使いましたね。私は、学校の図書室からの借りた本の多さを、友達と競争した思い出があります。また、この投げられた本は、古本屋で買ったものでした。9,19,29日に縁日があり、いつもそこで買うのは、古本か、付録でした。また、近くに貸し本屋もありました。そこも利用しました。本当に、娯楽が少ない時代だったのですね。

  3. 読書週間はそのようなところからきているのですね。4月23日といえば、私の誕生日………の1日後です。そんなこともあってか(いや、まったく関係ないですね。そもそも1日後ですし)、私も本を読むことは好きです。読み終わった本を棚に並べるのも好きなのですが、本ばかりにお金を使えなくなってきたので、最近はほとんど図書館通いです。読みたい本をたくさん借りることのできる図書館は私にとって、とてもありがたい場所です。ただ、我が市には十分な図書館がないので、隣町の図書館に通っています。駅前を盛り上げるということでいろいろとお金を使うそうなのですが、私としては「ちゃんとした図書館を作ってくれないかなー」と思ってしまいます。
    それでも、やはり自分の手元に本も欲しいので、無理のない範囲で買うこともしたいなと思います。

  4. 無人島という無秩序な場所であるからこそ、「己の内に秘めた野性に目覚め」ることができたのか、逆に、人の本性を知ることがなければ、もっと幸せに生きていけるのかはわかりませんが、理性や秩序があるおかげで、人同士が関わっていけるということでしょうか。生死に関わる時こそ、その人の人間性を垣間見ることができると、なんとなく想像できます。それは、例え子どもであっても、同じであるということのようにも感じます。美化されている子どもの世界も、冷静に見つめなくてはいけないのですね。

  5. 「もりぐち」さんのコメントを読んでみると、昨日がお誕生日とか・・・面識がまだありませんが、臥竜塾ブログコメント仲間としてお誕生日を祝福致します。何歳になりましたか?さて、本日は「世界 本の日」ということです。インターネットの登場は私から読書の時間を大分奪っていっているような印象があります。今は積読状態で、読みたい本が私を待っています。藤森少年の「十五少年漂流記」逸話。ご母堂様が「2階の窓からその本を隣の家の屋根に投げてしまいました。」というお話は藤森先生から直接お伺いしたことがあります。『「そんなに本ばかり読んでいないで、すこしは外に遊びに行きなさい!」と注意された』とあります。それほど読書三昧な少年だったということですね。藤森先生の叡智の源はこの時代の読書が大きく影響しているのだろうなと拝察する次第です。横断歩道を渡るのに、信号が赤で立ち止まった時点で本を取り出し読み始めるほどの読書家です。誠にもって脱帽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です