大村湾

 昨日長崎から帰ってくるときに、メンバーの人たちの好意により、とても貴重な、エキサイティングな体験をさせてもらいました。宿泊して、研修したのは、琴海町というところです。琴海町は「きんかいちょう」と読みます。この町は、西彼杵郡に属していましたが、今年1月4日に長崎市に編入されました。この町は、大村湾に面しています。この辺の海は、湖のように穏やかで、青ではなくエメラルドグリーンの海面が広がっています。おだやかな波が海岸に打ち寄せるさまが琴の音色のようだとして、古来よりこの海を指して「琴の海(ことのうみ)」という別名があるので、「琴海町」と名づけたのでしょう。
gyosen.jpg
 大村湾は、長崎県本土のほぼ中央に位置する湾です。面積は琵琶湖のおよそ半分くらいだそうです。湾内の反対側には日本初の海上空港である長崎空港があり、昨日、その空港まで船で連れて行ってもらったのです。用意された船は「漁船」です。大村湾は、漁業面では、真珠とナマコが特産品として有名で、特に天然真珠は古来より有名だそうですが、今は、養殖真珠に取って代わっているそうです。乗せてもらった漁船も、真珠養殖の船なので船名は「寶珠丸」といいます。途中から、その船の運転をさせてもらいました。免許者が乗船していればいいそうで、横にいてもらい指示を受けながら舵を取らせてもらったのです。大村湾は、四方を陸に囲まれた、まるで湖のような「湾」で、外洋に通じるのはわずか2ヶ所の細い水路を通してのみです。平均の深さは、わずか約15mなので、ところどこに浅瀬があり、そこをよけての舵取りです。この大村湾には、スナメリというとても珍しいイルカの仲間が住んでいます。今回は、残念ながら見ることはできませんでしたが、スナメリは、どういうわけか大村湾から出て行かず、一生をこのせまい湾内で過ごすそうです。
 この湾の中を琴海町から空港まで直行しないで、寄り道をしました。「西海橋」の下をくぐったのです。この橋は、伊ノ浦(針尾)瀬戸に大きなアーチを描いて架かる橋です。建設当時は東洋一、世界第三位のアーチ橋だったそうです。そこに向かう途中、「遠くに見える3本の塔を目指してください!」といわれましたが、後で知ったのですが、それは大正11年に旧日本海軍が建てた無線塔で、真珠湾攻撃開始の無線(暗号は「ニイタカヤマノボレ」)を発信した塔だそうです。近くに行って、端の下をくぐるときに、舵を取られ、船が大きく揺れました。もう少し小さい船だと、転覆することがあるそうです。なんだか、舵を取りながら、ちょっとした荒波を乗り越えていく心境でした。どうしてかというと、この針尾瀬戸はとても狭く、流れが速く、迫力のある渦潮が見られるからです。大村湾と東シナ海を結ぶこの伊ノ浦瀬戸のうず潮は、特に春の大潮の頃が見頃といわれ、直径10メートルほどの大きなうずを巻く事もあるそうです。その荒波を乗り越え、橋の下をくぐってユーターンです。また、ないでいる湾の真ん中に出てから、船を止め、昼食を食べました。本当は、釣った魚をそこで料理をするのでしょうが、お弁当の刺身を食べながら、ちょっとした漁師気分です。その後、空港に横付けされました。こんな経験は、めったにできないですね。
uzushio.jpg