桜祭り

sidarezakura.jpg
 最近、各地から桜便りが届きますね。私も、少し早いのですが、枝垂桜を見に行ってきました。桜祭りというと、日本だけではなく、アメリカでも各地で行われます。一番有名なのは、首都ワシントンのポトマック河畔に咲き乱れる数千本の桜です。当時東京市長を務めていた尾崎行雄がアメリカに日本の桜を送ろうと活動したので有名ですね。この時のお礼として、アメリカから贈られたのがハナミズキでした。ほかにも、桜祭りのフェスティバルは、シアトルやホノルルでも行われます。シアトル桜祭に、かつて、私の園と園児の写真が展示され、当時のシアトル市長から感謝状をいただいたことがありました。そのいきさつは、面白いきっかけからです。カナダからの帰りの飛行機の中のことでした。当時、私はタバコを吸っていました。その頃は、飛行機の座席は、禁煙席と、喫煙席に分かれていて、機内でタバコを吸うことができました。私がタバコを吸っていると、突然、前の座席の人が振り返って、英語で怒鳴り始めました。私は、何を言っているのか、何を怒っているのかわかりませんでした。途方にくれていると、私の席の隣の人(アメリカの人)が、英語で、その人に向かって話し始めました。すると、突然おとなしくなって、席に座りました。何を言ったのか不思議でしたが、やさしい英語で、説明をしてくれました。私たちの席と、前列の間がちょうど喫煙席と禁煙席の境目だったのです。それが、きっかけでその人と話し始めました。私は、片言の英語でしたが、話題は、日本人の「美意識」についてでした。今考えると、ずいぶん難しい話をしたものです。しかし、なかなか英語が通じません。すると、遠くのほうに座っていた人が近寄ってきました。そして、私の隣の人に日本語で話しかけました。「先生、これから、どちらに行かれるのですか?」はなしかけた人は、アメリカ人です。「えっ、この隣の人は日本語がわかるのだ!」話しかけた人がいなくなってから、何で、あの人は日本語で話しかけたか聞いてみました。すると、あの人は、わざと自分が、日本語をこんなに話せるようになったと自慢したくて、日本語で話しかけたのだと言います。実は、自分も日本語は話せるが、いかにも自慢げなので、英語で話をしたと言いました。ということで、それから先は、日本語での会話です。話は、川端康成が自殺をした話になり、私は、三島由紀夫の自殺から、美意識の象徴が、三島の「憂国」という小説の中にあるような、真っ白い着物のすそのほうから、真っ赤な血がにじみあがってくる美を三島は言いたかったのではないか。そして、私の見解として、同様に日本の美を表現しようとした川端は、最後に日本の切腹に通じる自殺を図ったのではないかということで議論になりました。そして、私は、この美意識は、日本人でなければわからないかもしれないという失礼なことを言いました。しかし、相手の最後の一言で、これはかなわないと脱帽しました。なんと、先方は最後にこういいました。「じつは、私は、川端の自殺の前日に、本人に会って話をしているのです。」これは、かないませんね。そして、今回の日本への行く目的は、能の野村万象に会いに行くのだと言います。そして、私は、園長をしているということになり、園と園児の写真を見せると、「私は、日本では、田園調布のセブンアップアジア総代理店社長の家に滞在しているので、一度、遊びに来ませんか?」ということで訪ね、その写真を、シアトルチェリーブロッサムフェスティバルで展示をすることになったのです。私が、タバコを吸っていて、唯一よかったことでしょうか。