泣き声

sijukara.jpg
 春の兆しは、日ごとに増してきています。それは、風の温かさや、木の芽のふくらみや、小さく咲き始めた花々で感じることができます。そのほかにも、空の色、遠くに見える富士の雪、そして、空を飛ぶ鳥の姿です。春といえば、鶯を思い出しますが、私は、「しじゅうから」でも春を感じます。もちろん、しじゅうからは、渡り鳥ではないので、1年中見ることができますが、私は、なんとなく早春のイメージが強いです。それは、「椿にしじゅうから」という歌川広重の花鳥画を思い出すからかもしれません。
「しじゅうから」は、山から町まで広範囲に生息しています。冬には同じスズメ目シジュウカラ科の「コガラ」や「ヤマガラ」などと同一行動しています。春になると、高い木の上で早くから囀ります。首回りは黒ですが、紺色に光る背中の羽は灰緑で白線が入っています。胸元にはっきりしたネクタイをつけているようにみえます。ネクタイの幅が広いのが雄、細いのが雌です。大体、雀大の大きさです。漢字で書くと、「四十雀」と書きますね。(ちなみに「ヤマガラ」は、山雀と書きます。)鳴き声は「ツツピー ツツピー」と鳴きます。警戒音はジージーです。鳥は、鳴き声が様々あり、呼び方が違います。「さえずり」というと、主に繁殖期にする独特な鳴き方のことで、一般的にはオスが鳴きます。それを、ソングといいます。「地鳴き」とは、季節、年齢の区別のない鳴き方で、個体同士の合図に使われていると考えられています。コールといいます。「ぐぜり」というと、完成されたさえずりとは違い、はっきりせずつぶやくような鳴き方のことをいいます。これは、よく早春の鶯の鳴き声で聴くことができますね。その中で、面白いのが、「聞きなし」というものです。これは、さえずりを人の言葉にたとえたもののことです。有名なところでは、ホトトギスは「テッペンカケタカ」、ほおじろは「一筆啓上つかまつり候」または「札幌ラーメン味噌ラーメン」ふくろうは「ぼろ着て奉公」メジロは「ちるちるみちる」サシバは「キッス・ミー」です。人間の表現力というのは、すばらしいですね。よく聞いていると、本当にそのように聞こえてくるから不思議です。もっと身に迫るように聞こえたのは、しじゅうからで、「土地、金、欲しいよ(とち かね ほしいよ)」と鳴こえたそうです。他にも、ほととぎすが「特許許可局」メジロが、「長兵衛忠兵衛長忠兵衛」ウグイスが「法法華経」と聞こえます。
 人間は、言葉をもっていますから、その内容は、人に伝わります。しかし、まだ話せない赤ちゃんの場合は、困りますよね。初めて親となると、泣き続ける赤ちゃんを前に、どうしてあげたら良いのか、何が言いたいのかわからず、ただおろおろし、自分たちの無力感を感じ、落胆してしまうことがあります。そこで、「赤ちゃんの泣き声分析器」というものが売られています。??(そういえば、少し前から、イヌやネコの鳴き声翻訳機が流行していますね。私は、これは、おもちゃかと思っていましたが、かなりのヒット商品だそうです。)、「赤ちゃんの泣き声分析器」は、何を言っているかわからない、生後10ケ月くらいまでの乳児が対象で、20秒程度で、?空腹 ?退屈 ?不快 ?眠気 ?ストレスの5パターンに分類してくれるそうです。1998年に、電気技師だったペドロ・モナガスさんが自分の子育ての体験から思いついたそうで、アメリカ、イギリス、フランス、韓国など7カ国で7万台が売れたそうです。かつては、そんなものがなくても、大体わかったものですが。また、対応が少しくらい違っても、赤ちゃんが我慢をしていたのでしょうね。