一休さん

ikkyusan.jpg
 マサチューセッツ大学のメディカルセンター心理学主任でもあるバークレー教授が監修をした「ADHDの子どもの上手な指導法」というビデオがあります。ADHDは多動性・衝動性と不注意を特徴とする行動の障害で、神経生物学的な背景を持っているものです。このビデオの中に、罰の与え方の例として、数日前にブログで書いた「タイムアウト」のやり方が書いてありました。当然、前提としては、よい行動を見つけてほめてあげたりごほうびを与えたりすることが必要です。これに連携し、その反対の行動に罰を与え始めるといっています。最初は、穏やかで直接的な命令や言葉で、子どもがその時に行っていることをすぐに止めるようにはっきりと指摘することが必要です。その対処手段だけでは、うまくいかない場合の手段として、「タイムアウト」を実行することも有効であるとしています。ただ、全般としてみると、否定的な結果は効果的ですが、不適切な使い方によって、有害で副作用的な影響がでることがあります。起こりうる有害な自称を最小限度にとどめるために罰の利用はなるべく控えめにすることが大切ですし、肯定的な結果を取り除くために罰を多用する先生は、子どもの行動をそれほど効果的に管理することはできないといわれています。しかし、何か、現場としては、決め手がほしいですね。
 私が教員だった頃に、子どもを集中させるある方法を用いていました。その頃、テレビで「一休さん」のアニメが、人気がありました。その中で、毎回さまざまな困難にあったときに一休さんは、とんちを働かせて乗り切ります。その時に、その「ひらめき」をもたらすときのスタイルがあります。禅を組み、目をつぶります。そして、両の手の人差し指をぺロリとやって、頭の両脇をさすります。そして、マジナイをした後、木魚のポンポンたたく音がしばらくした後、チ?ン鳴って、ひらめくのです。このスタイルは、子どもたちには人気がありました。私は、1年生の子どもたちに、何で、こうするとすばらしい考えが思いつくのだろうかと問いかけました。ためしに、みんなで、禅を組み、目をつぶってもらいました。クラスの子どもたちが全員で、目をつぶり、シーンとしています。しばらくして、私が小さな声で、こう言いました。「みんな、何がわかるかな?ほら、外の校庭で、声がするよね。たぶんどこかのクラスが体育の授業をやっているんだね。その声は、6年生かな?あれ、今度は、隣のクラスから先生が怒っている声がするよ。何をしたんだろう。あっ、誰かが廊下を走って行くね。慌てているみたいだ。目を開けていたり、騒いでいたら、そんなこと全部、気がつかないよね。そうしたら、いい考えなんか、浮かばないかもしれないね。」そして、そっと目を開けてもらいました。それから、こんなことも言いました。「座禅を組むときには、じっとしなくてはいけないのだけれど、どうしても、ふらふらしたり、眠りそうになったりする弱い心が出てしまうことがあるね。その時に、和尚さんが、棒を持って、肩のところをたたいて注意するのだよ。」まだ、あまり本当の座禅の意味を教えても無理なので、簡単にそう話しました。すると、子どもたちは、面白がって、「ねえ、ねえ、僕たちもやろうよ。先生は、棒を持って、歩き回ってよ。」と言います。そこで、私は、子どもたちが騒いでいるとき、大切な話をしようとしたり、静かにさせたいとき、集中させたいとき、「一休さん!」と声をかけると、みんな、目を閉じて、シーンとなります。この言葉があったおかげで、あまり子どもたちを叱らないですみました。

一休さん” への5件のコメント

  1. タイムアウトではなく「一休さん!」というのもおもしろいですね。座禅の効果は私もよく理解はしていませんが、心を静かにすることで周りが見え、そして自分も見えてくるのはなんとなく分かります。それを子どもたちと一緒に体験し、そしてその体験から生まれた「一休さん!」は、確かに子どもにとって意味のあるものだったんだろうと思います。藤森先生の教員時代のお話はいつもおもしろく、そして学びが多いことばかりです。

  2. 「一休さん!」と声をかけた後、子どもたちが面白そうに楽しそうにその格好をしている姿を想像しただけで、微笑んでしまいます。また、『子どもたちは、面白がって、「ねえ、ねえ、僕たちもやろうよ。」』と自ら意欲的に行っていたことがとても重要ですよね。目をつぶることで、こんなにも聞こえることがある、こんなにも知らなかったことがある、こんなにも気づくことがあることを、言って聞かせるのではなく、体験から学ばせるような工夫が必要なのですね。藤森先生の実践には、いつも「すごいなぁ…」と驚くことばかりです。このような実践を、私も自分で提供できるような保育者になりたいと強く願っています。

  3. 子どもが騒いでいる時に、こちらの話に注目してもらうために、大きな声を出したりして注意を向けるのは簡単なことですが、気持ちの良い関わり方ではないですね。そんな時の「一休さん!」はその場面を想像しただけでなんだか微笑ましく思えてきます。大人も子どものきっとストレスはないですね。実際に実践しておられる藤森先生のお話はとても説得力があり、すごいなと驚くと同時に「あ〜藤森先生のような担任の先生がいたらよかったな〜」と思ってしまいます。完全な想像ではありますが、きっと藤森先生を担任にもった子ども達は大人になって、何か不安なことがあった時や、何気ない場面で先生のことを思い出して、元気をもらっているのではないかなと思いました。本当に想像の想像ですが、きっとそうに違いない!という妙な自信もあります。私自身ももっと実践を重ね、今、目の前の子ども達に向き合っていきたいと思います。

  4. テレビの「一休さん」、懐かしいですね。よく観ていました。番組のエンディングに流れる「ははうえさま、おげんきですか」という歌詞だったと思いますが、この曲が流れると今週分の「一休さん」は終わったことを実感します。また来週~、ですね。なるほど、座禅体験、これは面白いです。喝!という代わりに「一休さん!」というところがこれまた面白い。目を閉じて、音に集中する。これは園児さんにもできることですね。私はこれをやっていたことがあって、あまり長い時間ではありませんが、目を閉じて耳を澄まして、そして何が聞こえる?、と問うと、車の音、工事の音、そして、風の音、と答えてくれました。さぁ、今日も一日、いっぱい遊ぼうね、と静かに声をかけて終わります。「みみをすませば」、いろいろな音に出会えます。子どもたちにはそうした体験が必要です。昼間の喧騒の中で静寂のひと時をもつ、このことの効用はどれだけあるか・・・おそらく我々がはかり知ることのできない体験を子どもたちはしているのでしょう。

  5. 一休さん、子どもたちと皆で見てみたくなりますね。仏の道に続くアニメ、身体にも心にも好さそうです。そういった子どもたちと通じ合えるキーワードがあるというのは、とても大切なことのように感じられます。共感されていない時、威嚇している時、子どもたちの声のボリュームは自然大きくなってしまうと先生から教えていただきましたが、共通の話題というのは、共感というものにとても近い物だと思います。子どもたちと日々の中で探していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です