ドイツの哲学者ニーチェは「強者は、嘘をつかない」と言っています。堺屋太一氏は、「織田信長は弱くて不安定なときには大嘘つきだった。しかし、武田信玄が死んだ頃から自信に溢れ、何事にも率直に表現するようになった」と分析しています。渋谷昌三氏の「人はなぜ ウソをつくのか」という本を興味深く読みました。まえがきにこう書いてあります。「信長が若いときに悪用したウソは、明智光秀の猜疑心をあおり、本能寺での謀反劇の伏線となった。強者は嘘をつかないのか、嘘をつく必要がないのか、それは定かではないが、弱者だったときのウソが命取りになることを肝に銘じておきたい。」この言葉が実感として感じるのは、最近のライブドアの堀江の一連の報道の中で、堀江やその社員のやっていたことや、昨今の話題の「ガセネタ」騒ぎを見聞きするからでしょう。(「ガセネタ」騒ぎというのは、本当は使い方が間違っています。どうしてかというと、ガセの語源は「お騒がせ」の「がせ」で、本物ではないのに人騒がせな物ということから、「偽物」の意味となったといわれているので、ガセ自体にお騒がせという意味があるからです。)
 今回ドイツに行って、日本ほど人間関係を大切にする国はないと思うようになりました。しかも、その関係の奥ゆかしさや、相手を大切にする気持ちなどは、すばらしいものがある気がします。たとえば、自分のことを表す言葉は日本語には、300種類以上あるそうです。相手によって、呼び方を変えます。それに比べて、英語では、1種類(I)しかありません。すごい違いですね。それに比べて、嘘という言葉は、英語表現のほうが多い気がします。(lie,deception,cheat,fraud,fake,sham,swindle,charlatan,fib,trick)ウソの手口や目的によって言葉が違うようです。これは、アメリカなどは、契約社会なので、うそをつくことは重大な意味があるからのようです。また、日本では、人間関係を大切にする現われとして、あいまいな言い方が許され、好んで使われるからのようです。これも面白いですね。人間は、少しずつウソを学んでいくのでしょう。渋谷氏の本の1章の中で、ウソはついてはいけないと教えられるにもかかわらず、「子どもはどうやってウソを覚えるのか」が書かれています。そこには、「ウソをつく行為は、後天的に学習するものであり、その師となりモデルとなっているのが、ウソをついてはいけないと説いている当の大人たちである。」とあります。また、河合隼雄氏は、「子どもを心ならずもウソつきにしてしまうのには、学校の先生も一役買っている。」と指摘をしています。こんな例が出されています。「学校の先生は、「嘘をついてはいけません」と言いながら、実際に子どもが何か説明しようとすると、「生意気言うな」というような形で、子どもの発言を封じ、嘘をつくように仕向けているところがある。」また、よく使われるのが、「正直に言ってごらん。決して叱らないから」といわれて正直に話すと、やはり小言を言われるか、お説教をされてしまいます。子どもにしてみれば、叱られたのと変わりません。正直に言うことはやめようということになります。私も、保育者の言葉の中で、気になる言葉があります。「こんなこと、していいと思っているの!」という言葉、文章に書くとわかりますが、最後には、「?」がつかないで、「!」が付きます。ですから、こどもは「うん」とは言いにくく、「ううん」と答えます。すると、「じゃあ、なんでやったの!」と言われてもねえ。この言葉は、質問ではなく、脅迫ですよね。