江戸東京博物館と国技館

江戸.JPG
 今日は、久しぶりに、都内を散歩しました。もらったチケットがあったので、久しぶりに「江戸東京博物館」に行きました。この江戸東京博物館は、失われつつある江戸東京の歴史遺産を守るとともに、東京の歴史と文化を振り返ることによって未来の東京を考えるために設立された博物館です。しかし、下町の景観を損ねたうえに激しいビル風との批判も受けています。また、バブル期に計画されたため維持費用も膨大で、都の持ち出しも多いので、「こんな物はつぶしてしまえ!」と石原都知事が言いましたが、実際に見学したところ、これは、大切だということで、残ったことで有名です。この建物の設計は、菊竹清訓氏によるものです。彼は、福井県の久留米出身ということで、久留米市役所の設計を手がけ、一度その地に行ったときに案内をしてもらいました。(あの携帯電話のような建物です)この江戸東京博物館は、高床式の倉のイメージで設計されたと言われています。ここで、今、大河ドラマ『功名が辻』特別展『山内一豊とその妻』という企画展をやっているので、それを見に行ったのです。
国技館.JPG
 この建物は、その隣り合わせにある、両国国技館との調和を考えて設計されたとも言われています。今は、国技館というと両国を思い浮かべる人が多いのですが、私は、「蔵前国技館」のほうを思い浮かべます。というのは、私の出身幼稚園は、蔵前でしたし、小学校の運動会は、蔵前工業高校のグラウンドで行っていたというように、蔵前の近く、鳥越で育ったからです。大相撲は、まさに「栃若(栃錦と若乃花)時代」でした。そして、若乃花が優勝すると、優勝パレードを住んでいた場所の近くを通ります。蔵前国技館から、中野の相撲部屋に帰るのに、蔵前通りを通るからです。よく見に行きました。もともとは、国技館は、明治42年(1909年)に両国に開館しました。しかし、それまでは、勧進相撲の開催場所として、蔵前八幡・深川八幡・本所回向院・神田明神など決まっておらず、天保年間に本所回向院が定場所となりました。そして、江戸中を巡って興行を行っていた江戸相撲も民衆が集う両国で頻繁に行われるようになったのですが、雨雪などで順延になることも多かったため、日本銀行や東京駅などの設計で有名な辰野金吾氏と葛西万司氏との設計で両国国技館が建てられました。しかし、第2次世界大戦の戦局が悪化してくると両国国技館は軍部に接収されてふ号爆弾(風船爆弾)の工場として使われ、空襲で焼け落ちてしまいます。そして、戦後、進駐軍に両国を追われた後、蔵前に国技館を建設したのです。蔵前の地は古くから相撲との係わりが深く、江戸時代に蔵前神社(蔵前八幡)で勧進相撲が催行されていました。この蔵前では、栃若時代だけでなく、大鵬と柏戸の「柏鵬時代」、輪島と北の湖の「輪湖時代」、千代の富士時代柏鵬時代と数多くのドラマを提供しました。しかし、老朽化のため、昭和59年9月の千秋楽を最後に35年にわたる歴史の幕を閉じたのです。ここでは、相撲だけでなく、プロレス興行も行われ、最後の対戦は、「アントニオ猪木対長州力(長州小力ではありません)」で、アントニオ猪木のフォール勝ちでした。あの伝説のキャンディーズも蔵前国技館でコンサートを開催したことがあります。そして、今の新両国国技館が、両国駅をはさんで旧両国国技館と対称の位置にある旧国鉄の用地に建てられたのです。なんだか、あのあたりは、私にとって、「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

江戸東京博物館と国技館” への8件のコメント

  1. 菊竹さん久留米の市役所建替えたんですね、知りませんでした、久留米市では姉が障害者のネットワーク作りで奮闘しています。文章中福岡県が福井県になっています。菊竹さんは1928年生まれで、イエンスぺータースさんが1934年生まれですから、ずいぶん長いことがんばっています。

  2. まさか、藤森先生のブログでアントニオ猪木の文字が写し出されるとは思いませんでした!本当に藤森先生のブログはバライティーに富んでて面白いですね(^_^)これからも楽しみにしてます!

  3. 色つきの焼き物で當麻蹴速と野見宿祢が戦って押さえ込んでいるものを持っています。裏に国技館と他によく読めない文字が彫られています。かなり古いものです、何焼で何年くらい前のもので何個位焼いたものか知りたいです。国技館の何かの記念に作られたものと思います。調べていただいて回答をお願いします。

  4. 下町の景観を損ねるとか維持費が膨大にかかるとか、このような建物を建てるのはなかなか難しいものですね。そのことを考えると、今度のオリンピックに向けて東京がどのようになっていくのか、少し心配もあったりします。東京の歴史と文化が大切にされ、さらには現代の知恵が生かされた、そんな建築が行われてもらいたいと地方で勝手な願いをもっています。単に大きくて派手なものがどんどんできてしまうのではなく、新宿せいが保育園でも取り入れておられた借景の考え方などが生かしたり、日本の文化をしっかり発信してもらいたいなあと思っています。

  5. 国技館にはそのような歴史があったのですね。両国国技館には小学生の頃に一度訪れたことがありますが、それ以来行ったことがありません。是非とも生で大相撲を見てみたいと思っています。大相撲は私も好きで、学生の頃は朝青龍の取り組みが見たくて、急いで帰っていたのを思い出しました。立ち振る舞いの全てが絵になる力士でした。今はやはり稀勢の里に注目しています。だんだんと力をつけて強くなってきているのがとてもよく分かるので、見ていてなんだか嬉しくなります。横綱相手でも、堂々とした態度で向っている姿はいいなと思います。初場所では綱取りもかかっているので、是非とも頑張ってほしいです。後は、やはり遠藤でしょうか。

  6. 「江戸東京博物館は、江戸東京の歴史遺産を守るとともに、未来の東京を考えるために設立された博物館」であるという考え方が目にとまりました。博物館は、主に「過去を現代に伝えるもの」であると思っていましたが、決してそこだけに留まらず、そこから「未来」を考えていくことにもつながっていくようにしているのを考えると、貴重さが増してきます。過去に一度だけ訪れたことがありますが、もう一度、江戸東京を感じてみたくなりました。「ALWAYS 三丁目の夕日」にも、とても感動したので。

  7. 江戸東京博物館、私も時々行きます。今は大浮世絵展を催しているようですね。この博物館には講堂もあって、私が関わっている団体の関係のシンポが行われました。確か、あれはフィンランドの保育のことだったかな。今やっている展覧会には「見返り美人」が展示されているようですから、何とか見に行かなければ・・・。さて、国技館。私がもの心ついた頃から相撲は蔵前国技館からのテレビ中継で観ていました。祖父や父が大好きだったのですね。その蔵前国技館が両国に移る年に相撲好きだった祖父が他界。蔵前国技館が閉じる時、同時に祖父のことを思い出し感傷に浸ったこともありましたね。両国の国技館は江戸東京博物館の手前にありますからわかりますが、「蔵前国技館」はどの辺にあったのか、まだ確認していません。今度確認しようと思います。跡地が何になっているのかも楽しみですね。

  8. ブラヘイジで訪れた時のことを思い出します。昼食は深川飯を食べました。こうして目にする景色が、足を踏み入れたことのある場所であると、とても親近感のような懐かしさが込み上げてきて、何とも嬉しい気持ちになります。
    「ALWAYS 三丁目の夕日」語り継ぐべき時代を日本が近代にももっていることが誇らしく思えます。未来から見た時、この今を誇らしく思えるような生き方をしていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です