各地に

 今日から、長崎に来ています。各地の仲間に会うのは、とても楽しみです。最近は、いろいろなところに行くようになりました。私は、会社員ではないので、地方出張をうらやましく思っていました。実際は大変でしょうが、いろいろな地を訪れ、そこの文化に触れることは、とても刺激的です。ところが、なかなか地方に行く機会がありませんでした。しかし、今は、いろいろなことを学ぶ上で、地域の物理的距離は関係なくなりました。まず、インターネットであれば、地球の裏側であっても、隣の部屋に伝言するかのようにできます。また、好奇心や、知識欲、学ぶ意欲も、物理的距離は妨げにはなりません。今は、いつでも、どこでも行くことにしています。ただ、次第に、行った先で予定がびっしりと組まれることが多くなり、自由な時間がなくなってきたので、好き勝手にその地を歩くことはできなくなりましたが、その分、どの地にも知り合いができ、話を楽しむことはできるようになりました。
 各地に行くときに、その地をはじめて訪れたときのことを思い出します。この長崎には、大学時代に一人旅できました。周遊券という、国鉄に限り、その周辺の乗り物に急行、バスを含めて何度でも乗り降りできる券で、年末、九州を一周したのです。乗り物は乗り放題でしたが、宿泊はそうは行きません。夏であれば、寝袋とか、駅で寝ることが多かったのですが、冬ではそういうわけには行きません。そこで、まず、夜行を探して、朝になるまで列車に乗っていました。そのほかの宿泊先として、年末など休みの日は、寮生が帰省して空いた部屋に生徒会が管理し、300円くらいで寮に泊めてくれたのです。長崎は、長崎大学、鹿児島は、鹿児島大学に泊まりました。長崎では、「皿うどん」をうどんだと思って 頼んだ思い出があります。あの頃は、一人旅がはやっていました。今は、あまり見かけませんね。治安の問題もあるでしょうが、卒業旅行といって、海外に行く学生を見ると、贅沢だなあと思います。
 最近は、北海道にもよく行きますが、初めて行った時の思い出があります。かつて、中学生を何人か勉強を見ていましたが、その中で、4人のグループで教えていた中学1年生が、どうしても勉強に身が入らないので、私はひとつの提案をしました。1学期の成績が、これくらいだったら、香港、マカオ旅行、このくらいだったら北海道旅行、このくらいだったら長野旅行、このくらいだったらわたしのうちに泊まりに来てもいいというようなことを、半分ふざけて提案してみたのです。でもそんな成績は絶対に不可能のようだったので、おまけで、自分でどのくらいの成績かを言い当てたら、ひとつランクを上げてあげると言ったのです。そうしたら、ある子が、がんばって北海道旅行をあてたのです。それは冗談だったのですが、夜、その子の母親から電話がきて、「せっかくですから、費用は自分で持ちますから、ぜひ連れて行ってください。」と言われました。あせって、かつての教え子で、北海道に親の転勤で行っている家庭に電話をして、泊まらせてもらうことを頼みました。そして、結局、わたしとしても初めての北海道旅行を、中学1年生の男の子と二人で行くことになったのです。若かったなあと思います。初めてなどというのは、どんなきっかけからおこるかわかりませんね。

各地に” への6件のコメント

  1. ●読んでいると、ホント各地に行かれていますね。疲れませんか?とお聞きしたいです●過日、当県の講演会で私のすぐ前の席に聴衆として座っておられました。『えぇーっ、もしかして藤森先生?』とビックリ●“周遊券”も懐かしいですね。“ミニ周遊券”もありましたね。旅の型も「周遊型」から「直接往復型」に変わったのでしょうか。それは私だけの個人的な、旅の変化なのでしょうか●旅先のお話もですが、都内やご自宅の周りの記事も興味をひかれます。

  2. もしも自分がどこか知らない地へ出かけるのであれば、少しでもいいのその地を楽しむ時間がほしいです。そう思いながら、藤森先生に島根へ来ていただくときはいつもびっちりとスケジュールを組んでしまって申し訳なく思っています。中学生との北海道旅行の話ですが、その行動力が藤森先生の魅力でもあるんだろうと思ってしまいます。今でもその雰囲気を持っておられるのを感じ、すごいなあと思います。旅行は行動そのものですが、行動することに抵抗を感じないようにしておくことも大事なのかもしれませんね。

  3. 「せっかくですから、費用は自分で持ちますから、ぜひ連れて行ってください。」と言った方は、素敵なお母さんですね。子どもの喜びの目に、そのお母さんも行動したのですね。そして、そんなお母さんから信頼され、感謝される藤森先生の偉大さがうかがえます。冗談を本気にするといった所も、子どもの魅力でもありますね。なんとも愛おしく感じます。そして、これまでは各地に行ってもなかなか行動に移せない自分がいたので、最近はできる限り「◯◯体験」というのをしようと考えています。その地域特有の体験をし、記憶や作品に残し、自分の経験値にしたいと思い“ガラス工房”や“赤べこ”作りなどの体験をしました。それらの体験から、その地域を知るきっかけになれればと考えています。

  4. 中学生との二人旅、素敵です。きっとその学生はその旅のことをずっと覚えているのではないかと想像しています。そして、それにきちんと応えた藤森先生の姿も素敵です。頑張って、北海道旅行を当てた少年にとってその自分の気持ちをちゃんと受けとめてもらえたというのはとても嬉しいことであったように思います。中学生の頃に自分の思いをしっかり受けとめてくれる藤森先生という大人に出会えたことは素敵なことだろうなと想像しています。そして、今、私は皿うどんがうどんではないことを知りました。かた焼きそばにちかい、あれが皿うどんなのですね!

  5. 中学生さんと北海道旅行、なかなか素敵ですね。私が横浜で学習塾をしていた頃、塾の6年生の男の子2人私の田舎に連れていったことがありました。夏休みのことです。もっともこれはご褒美や何かではなく、彼らが私の故郷に行ってみたいと言ったので、親御さんに許しをもらってのことでした。いやあ懐かしいですね。彼らももう30代後半になっていると思います。どこでどうしていることやら。さて、「周遊券」・・・これはもうわたし好みですね。実際は田舎にいた頃「東京周遊券」を使ったことがあります。そうそう「青春18きっぷ」というのがありますね。去年の夏初めて購入して使いました。東京から普通列車を乗り継いで田舎まで帰りました。そして、田舎から東京に戻る時も。この時は行きの路線となるだけ重ならないようにしました。この歳にして「青春18きっぷ」。周遊券は急行に乗れますが、「青春18きっぷ」は鈍行です。夏のひととき、実に贅沢な時間の使い方をしました。それから、全国に知り合いがいるといいですね。泊めてもらえなくても、その人に会いに行く楽しみがあります。おかげさまで、今は全国の方とお知り合いになれる機会を頂いております。

  6. 「今は、いろいろなことを学ぶ上で、地域の物理的距離は関係なくなりました。」本当にそうですね。シンガポールにいる先生の報告が読めるのですから、インターネットに感謝です。色々と問題提起されることもありますが、個人的にはその恩恵を受けている印象がとても強いです。便利になることで貧しくなるものがあり、それを埋めていく作業が必要な世の中で、それが主に心の問題であるとするならば、それは学ぶ中で解決できるはず。問題は解決し、更に、その問題が起きてよかったと感謝できるところまで考え抜く精神で今世を楽しもうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です