言わなくてもわかる?

 明日から2月です。毎月、園便りを発行していますが、そのなかで、わたしは、「巻頭言」を担当しています。そこには、私の考え方、感じたことを書いています。最近、日本の文化の中で、少し変わってきたと思うことに、「言わなくてもわかる。」とか、「子どもは、親の背中を見て育つ。」ということがあります。この言葉には、少し、甘えがある気がします。「察する」ということはとても大切な能力ですが、やはり伝わっていないと思えば、きちんと、言わないとだめだと思います。以前、こんなことがありました。園に入園してくる保護者の皆さんは、当然、園の考え方、園の方針を理解し、それに賛同してくださっていると思っていました。ある年、各クラス保護者会が始まる前に、全体に向けて、園の方針を話しました。すると、何人かの保護者の方に、「話を聞いて、本当によかった。」とか、「園の考え方がわかりました。」とか、「感動しました。」という声を聞いて、考えてしまいました。ということは、それまで、園の方針をあまり知らなかったのだということです。この園を選び、評判がよいといううわさがあっても、具体的に説明しないとわかっていなかったのです。ショックだった感想にこんなのがありました。子どもたちが、生活の中で、友達との関係からいろいろなことを学び、そして、時にはトラブルを起こし、泣いたりすることがあります。それを、保育者が見守りながら、子どもの成長を支えているのだということを、具体的な例から話した時です。「園は、ただ、子どもを泣かせているのではないということがわかって、本当によかったです。」という感想をもらいました。ふと、今までは、園は、ただ子どもを泣かせているのだと思っていたのだろうかと思ってしまいました。それ以後、参加者が少なくても、毎年、きちんと方針を説明することにしていますし、毎月の巻頭言で、園の考え方をお伝えしています。
 同じように、バブルの頃は、父親たちはとても忙しく、妻のこと、子どものことにかまってやれませんでした。しかし、自分が一生懸命に働いている後姿を見れば、わかるであろうと思っていた頃がありました。しかし、気がついてみると、夫婦間、親子間の気持ちにずれが起きてきてしまっています。きちんと、前を向いて、話をしないとダメだったのです。結局は、忙しいという言葉に甘えてしまってきた気がします。今の時代の、少子化、育児の伝承、若者の働く意欲、それらの問題点は、「言わなくてもわかる。」という甘えに一因がある気がします。医療のなかで、インフォームド・コンセントということが言われています。「説明・理解」と「同意」ということですが、どちらが欠けても成立しません。しばしばこの点は誤解されるようです。「お医者様に全部お任せします」といって十分な説明を受けない態度や、「十分に医師・歯科医師として説明は行った」として半ば説得して「同意」させる態度がありますが、これらは不十分だと言われています。子どもとの関係でも、親は、まず、きちんと説明をする必要があります。園と、保護者との関係でもそうです。また、説明だけでなく、「話したから、いいでしょ!」とか、「子どものことは、とやかく言わないで、任せなさい。」というのも違います。きちんと、こちらの考え、内容を伝え、同意を求めていかないとならないのです。保護者のほうでも、ただ、要求だけを伝えたりすることが多く見られます。今、双方にそのような文化が育っていない気がします。