携帯電話

 今日から、JRの改札口が、携帯電話で通れるようになりました。携帯電話が、人と話をする電話であるという時代は、とうに、過去の話になってしまいました。私の財布には、いろいろなカードが入っています。その中で、乗り物関係のものが多くあります。その代表格は、「スイカ」と呼ばれるカードです。「Suica(スイカ)」 とは、JR東日本の出改札システムで使用されるICカードの総称です。「Super Urban Intelligent CArd」の頭文字をとって名づけられています。もちろん、音から、“スイスイ行けるICカード”という意味があるのは、誰もが気がつくことですね。よく言われるこの「ICカード」のICとはIntegrated Circuit(集積回路)の略であり、プラスティックカードにICチップを埋め込んだカードの略称です。このICを使う前は、「イオカード」とか、「オレンジカード」を使っていました。今、このカードの使えるエリアは、首都圏エリア、仙台エリア、新潟エリア、近畿圏エリアです。ずいぶんと広範囲になったものです。次によく使うカードは、「パスネット」というもので、首都圏の22の鉄道の乗り降りができます。たとえば、小田急、京王、京成、京急、東京メトロ、都営地下鉄などですので、よく使います。その次によく使うのが、「バス〈共通〉カード」というカードで、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県に路線を持つ主なバス事業者で共通して利用できるバスのカードです。同じようなカードが、関西エリアにもありますね。「イオカード」に相当するものが、「イコカカード」というもので、JR西日本のICカードです。イコカとはIC Operating CArdの略とのことですが、いかにも関西らしい「行こか!」という雰囲気が出ていますね。「パスネット」に相当するものが、関西の私鉄のほとんどを網羅している「スルっとKANSAI」というカードです。それぞれ、ネーミングが面白いですね。なんとなく、関西らしさがあり、その気質や正確が出ている気がします。改札を通り抜けるのに、関東は「すいすいと抜け」関西は「行こうか」と通り抜け、関東は改札口を「パスする」のを、関西では、「するっと抜ける」という感覚は、面白いですね。
 しかし、それらのカードは、次第に携帯電話の中にすべて入っていきそうです。便利でいいのですが、ネーミングが、「携帯電話」では、変ですよね。まあ、「モバイルSuica」とは言うのですが。ほかにも、「おさいふ携帯」というのもあります。携帯電話で、ものが買えたり、自動販売機から飲み物が買えます。財布は、もう要らなくなります。あと、飛行機のチケットの購入と、チェックインができます。そのほか、宿泊地などの予約、辞書代わりにいろいろなことを調べる、音楽を聴く、ラジオを聴く、今いる場所がわかる、子どものいる場所がわかる、ビデオ、写真を撮る、声を録音する、計算をする、メモ帳、予定を記入するカレンダー、もう際限がありません、もうすぐ、日本語を英語に翻訳をするなども、簡単にできるようになるかもしれません。機械でできることは、すべて、あの小さな機械で可能になります。しかし、英語を話せるようになっても、どんなに進んでも、話す内容は考えてくれません。人格ももつことはできません。善悪を判断することはできません。英語を早くから教えようとしていますが、英語が話せるようになったとき、その英語で、何を話すのでしょうか。話す内容は、人間が考えるしかないのです。