ザルツブルグ

モーツアルト.JPG
 今日は、ヴォルフガング アマデウス モーツアルトの250歳の誕生日です。というより、生誕、250年です。彼は、1756年1月27日、ザルツブルグに生まれ、1791年12月5日、ウィーンでなくなりました。ザルツブルグに生家と、幼少期に過ごした家が残っています。その家が今は、記念館になっています。私は、4年前にそこを訪ねたことがあり、また、来月行く予定です。といっても、目的地は、そこではなく、有名な建築設計士であるイエンス・ペータース氏の設計によるシュタイナー学校を見るためです。
シュタイナー.JPG
彼は、建築デザインと工業デザインの融合を提案しています。シュタイナー学校の建築設計、及び車両デザイン(ICE、IRなど)のヨーロッパにおける第一人者です。子どもの成長こそ、学校建築における機能の内実であるという確信から、シュタイナー学校が建築されたこと、車両デザインに有機体の思想の欠如しているという意識に基づいて、インターレギオ車両やICE1で試みられたことなどで、それがわかります。前回行ったときに残念だったことは、雪まじりの曇天だったため、その建物の背景にある山々が見えず、山から流れ落ちる川をイメージした屋根の設計と、それぞれの教室の窓から見える背景となる景色が見えませんでした。今回は、どうでしょうか。ただ、訪問する2月は、基本的には、毎日暗い、雪まじりの天気が多いので、期待はできませんが。滞在は、ミュンヘンですが、今は、EU諸国は、まったく国内という感じなので、ドイツからオーストリアに行くのも簡単ですし、通貨もいっしょですし、ちょっと足を伸ばすという感覚です。ミュンヘンのキンダーガーデンでも、給食は、半分くらいの園では、このオーストリアの業者から運んでもらっています。国内でまかなえる食材は限られるからと言っていました。ですから、国内産と同じ感覚ですね。ここは、大司教区として栄え、岩塩の生産地でもあります。その美しい街並みや風景は、サウンドオブミュージックのロケ地としてあちことが使われました。また、ザルツブルク音楽祭でも有名で、多数の教会もあります。
 今日、誕生日を迎えるモーツアルトは、私は、好きな作曲家です。特に、オーボエ協奏曲と、ピアノ協奏曲が好きで、その全集をもっています。K288などは、楽譜を買ってきて、第2楽章のさびの部分を必死に弾いた記憶があります。映画にもよく使われますね。また、息子が幼稚園の頃、音楽祭で、アイネクライネ・ナハトムジークという曲を、メロディオンの鍵盤を目いっぱい使って弾きました。また、この曲を、訪れたシュタイナー学校のオイリュトミーの授業で使っていたのをみたとき、神秘的なオイリュトミーが、ずいぶん身近に感じました。また、こんなことを聞いたことがあります。今の若い人は、ロックやラップなどを聞くと心が落ち着きますが、胎児は、親に関係なく、クラッシックを聞いているほうが落ち着くようです。特に、モーツアルトの曲が落ち着くといわれています。アルフレッド・トマティス博士というフランスの医師が、子どもの学習と音環境の関係についてリサーチを行って、赤ん坊は生まれる前から音を聞いているということ、そしてこの出生以前の聴覚経験が、幼児の成長の重要な要素であるということを発見しました。彼は「モーツァルトは素晴らしい母親だ」と表現していたそうです。大人の好み、価値観と違ったところで、子どもは、育つことがあるのですね。