仕事

ある町の市長選の演説です。
「前略―このような演説の機会に、「私に投票してください。」という人が多いのですが、しかし、皆様、私はそんなことは言いません。次のような人に投票してください。「この人に信頼できる。この人がこの町の発展を助ける。」と思われる人に。ただ、一つだけ言っておきたいと思います。もし、私が当選したら、できることはすべてやって見せます。そして、この町を発展させたいと思います。(一同拍手)そして言いたいことがもうひとつあります。次のような人に投票しないでください。当選するために、イベントで人にお金を渡したような人です。なぜなら、そんなことをしなくても、よくできる候補が多くいるからです。しかし、賄賂を渡さないとなんともならない人もいるようです。こういうことはよくないと思います。なぜなら、この選挙は自由で、この選挙は平等だからです。」
 この演説は、ドイツで毎年行われている子どもの都市「ミニ・ミュンヘン」での市長選挙で、立候補した14歳の少年の演説です。私が気に入ったフレーズは、「私に投票してください。」とは言わずに、「こんな人に投票してください。」と言った所です。ミニ・ミュンヘンは、8月の夏休み期間3週間だけ誕生する7歳から15歳までの子どもだけが運営する「小さな都市」で、ドイツのミュンヘンでは20年の歴史があります。この都市で市民権を得るためには、まず少しだけ仕事と学習が必要です。市民権を得た後は、自由に自分の好きな仕事を見つけて働くと「ミミュ」という通貨をもらえます。時給すべて5ミミュですが、1ミミュは税金として市役所に納めなければなりません。そして、ミミュを持っていると、映画を見たり、タクシーにも乗れますし、おいしい食事もできます。しかし、働かないとそのお金は手に入りません。コックさん、タクシー運転手、花屋さん、デパートの定員、デザイナー、新聞記者、教員、公務員、議員、市長など仕事はさまざまです。そして、お金が余ったら、銀行に預けたり、土地を買って店を経営します。そのために、銀行ができ、建築家ができ、大工さんがいます。清掃局があり、広告代理店も、テレビ局も、大学もあります。しかし、投資家はありません。どれも、体を動かして、働き、お金を得ます。
 リクルート出身の和田中の藤原さんの授業が新聞に紹介されていました。「よのなか科」という授業です。「お金で買えないものを9個挙げよ。」「ビル・ゲイツは、帝釈天どおりの商店主よりも幸せだろうか。」藤原さんは、今回のホリエモンは最高の教材と言います。「正解のなくなった成熟社会で、極端な価値観を示した。彼は、停止していた人々の思考のスイッチを入れたんです。」と言っています。
 このミニ・ミュンヘンで大人として関わっている人のインタビューで「なぜ、こんなことをするか」という問いに対して、「ここで、子どもたちはいろいろなことを体験できます。しかし、子どもが体験するのは、仕事だけではありません。他の人と接することです。人との付き合いも体験しています。これこそが、一番重要なポイントだと思います。」
 仕事とは、体を使うことのほかに、人との関係をどう作るかの問題が含まれています。ただ、コンピューターの前に座って、画面とだけ接しているような仕事を、最初に、子どもたちには教えるべきではない気がします。