無記

 私の園に、実習生が来たときです。彼女は、実習の途中で、風邪をひいてしまいました。そこで、しばらく休んでいたのですが、ほぼ治ったので出てきました。しかし、声が出ません。出そうと思っても、息が出るだけです。しかし、実習期間が終わってしまうので、まあ、2歳児の担当でしたので、声が出なくても大丈夫だろうとそのまま保育をしてもらいました。ところがとても面白い経験をしました。まず、朝、登園してくる子に声がかけられません。「おはよう」と、部屋に入ってくる子に「おはよう」と声がかけられないので、そばに行って、にっこりうなずくしかないのです。そのあと、子どもを呼ぶときも、子どもに何かを指示するときでも、何かを表現しようとすると、声が出ないので困ってしまいました。本当は、言葉とは、声だけではないはずです。ボディーラングェッジという、体での表現もあります。アイコンタクトという、目での表現もあります。絵で表したり、文字で表すこともできます。人の体は、いろいろな機能を持っています。しかし、その中で、多くの人は、声に頼っていないでしょうか。特に、言葉を使って保育をしていることが多いのではないでしょうか。声で、子どもを動かそうとしていることが多いのではないでしょうか。昔、電車の車内販売の売り上げのトップの人は、声で売り歩くのでなく、乗客の目を見ているのだということを聞いたことがあります。声での掛け声で止まる売り子に、私も思わず言いそびれてしまうことがあります。しかも、どうしようかと迷っているときに素通ってしまうと、「まあ、いいか。」と思ってしまいます。それを、乗客の目を見て歩くと、買いたそうな人がわかります。声をかけようとした人がわかります。子どもにも、「だめ!」と叱るよりも、とても悲しい顔をすることで、大切な人を悲しませたくないという思いからやめることがあります。登園をしてきた子どもに、よく来たねという気持ちは、声をかけても、他を向いていたり、いやそうな顔をしていたら、子どもには伝わりません。
 また、実習生が来たときに、こんな経験もあります。2歳児にはいっていた実習生は、子どもが自分でいろいろなことをどんどんやってしまうので、手を出すときがありません。そこで、担任に聞いてみました。「私は、何をすればいいですか?」園の職員は、悪気ではなかったのですが、その答えに、「では、そこをどいてて!」と言ってしまったのです。あとで、邪魔扱いされたと泣かれて困ってしまったことがありました。そのときに、「子どもとかかわることは、何も、相手をしたり、面倒を見るだけでなく、子どもがすることを邪魔しないで見守っているのもかかわるということだよ。」と言ってあげました。私は、「何もしないこと」が、子どもにとって、「何かをしてあげること」になることもあると思います。同じように「質問に答える」ことが、「何も言わない」ということもあります。それどころか、声に出さないことが、答えることになることもあるのです。「瀬戸内寂聴」著の「釈迦」の中にこんな文があります。
「人の質問に対して、たまに世尊は一言もお答えにならず無言を続けられることがある。それを世尊の「無記」と呼んで、深い意味があるのだという。あの世はあるのかないのか。地獄や極楽は確かにあるのか。人はどこから来てどこへ行くのか。そんな質問にはすべて「無記」の沈黙が返された。そんな愚問に答える必要がないとも取れるし、そんな深遠な問いに対して簡単に答えられようかとも取れる。そういう疑問に時を費やす間に、作務にでも打ち込めとも取れる。もしかしたら、それらの疑問に対する答えを探すことこそが、めいめいに課せられた求道の種子ではないかということなのか。世尊の「無記」は、どんなに激しい叱責の言葉よりも重く恐ろしいものを含んでいた。」
 なんと、「無記」とは、声のない答えでしょうか。もう少し、何かをする、声を出すということを考えたいものですね。