自分という存在

 今日は、成人式でした。
 私が、小学校の教員の頃、少しワルだった中学生の面倒をみていたことがありました。その子たちの中の4人が、私の結婚式にテープでメッセージをくれました。そこには、「ぼくたちは、先生から、自分の存在感を学びました。いつも自分はこの世には用はないのではないか、自分は存在する意味がないかと思っていました。しかし、そんなぼくたちでも、世の中では必要なのだということを教えてもらいました。」というような内容でした。こんなことを書くと、いかにも私はすばらしい教師のような気がしますが、そんなではありません。この子たちと付き合い始めた頃の中学校では、忠生中で問題になったような、第1期の校内暴力が盛んな頃でした。この子たちの仲間も、当然のように、「いじめ」「万引き」「恐喝」が行われ、トイレの戸や教室の壁や窓は割れたままでした。そんな彼らでしたから、学校では、いつも邪魔扱いでした。「いないほうがいい。」「お前なんか、用はない。」「じゃまだ。」と言われ続けていました。そんな時、私は、彼らと知り合いました。そのころ、私は、子ども会を作ったばかりで、人手が必要でしたので、彼らを子ども会に誘いました。そして、中学生なので、リーダーをやってもらいました。小学生たちは、とても喜びました。一緒に遊んだり、甘えたりしました。そして、終わって、帰るときに小学生たちは、みんなこう言ったのです。「また、来てね。」初めて、自分が必要であるという体験をしたのです。自分を求めている人がいるのだという経験をしたのです。そして、そのあと、彼らの中の一人が、夜間に通って、男性保育士になったのです。
 昨年、私の園に一人の男性が紹介されてきました。彼は、高校を数日行っただけで、その後不登校になり、家にずっと閉じこもっているのです。彼は、子どもと一緒に過ごしたいので、ボランティアで園に来たいと言います。最初、少し心配でしたが、毎日きちんと通ってきます。そして、黙々と子どもたちと遊んだり、面倒を見たりしてくれました。そこで、9月から少しは張り合いになるのでは、ということで、夕方の保育のアルバイトにして、少し給料をあげることにしました。しかし、金額には限度があるので、勤務を15時から19時にしました。すると、心配そうに、「午前中から来ては、いけないのですか?」と聞きます。そこで、時給の金額を低くせず、15時までは、無償ボランティアで来て、そのあとは、きちんと働いてもらうということにしました。年度が終わる頃、みんなの勧めもあって、もう一度、高校に行ってみたいという申し出がありました。そこで、みんなで応援して、夜間の高校に入ることができました。(どの高校かをみんなで選んであげ、試験の日は、みんなで励ましました。いつ、やめると言い出さないかが心配だったのです。)その彼が、1学期の終わりに成績を持って、見せに来てくれました。そして、先日、2学期の成績を持って見せに来ました。みんなが感心したのは、まず、1,2学期を通して、遅刻、欠席が1日もなかったことです。そして、成績も、10教科のうち、7教科が「5」(もちろん、5段階)で、2教科が「4」、1教科が「3」です。もうひとつびっくりしたのは、彼は1年生なのに、生徒会長に選ばれたそうです。投票で、他の2,3,4年生をしのいで、選ばれたのです。私は、持ってきた通知表をコピーさせてもらいました。彼は、もって来た日、1日中、子どもたちと過ごしました。帰りに、子どもたちに「また、来てね。」と言われていました。