1秒

 あけまして おめでとうございます。
 皆さんは、どこでカウントダウンをしたでしょうか。今年は、いつもの年より1秒得をします。もしかしたら、1秒損をしています。どちらでしょうか。皆さんが知っているように、時間は地球の公転と自転から決められています。そこで1年を決めて、1日を決めて、時刻を決めています。しかし、1年のずれが起きるので、「うるう年」が決められていて、4年に1日多くします。それが、最近になると、もっと正確になっています。というのも、時刻を決めるために、現在では、原子の振動を利用した原子時計をもとに決められるようになり、非常に高精度なものとなっています。このため、逆に天文時に基づく時刻との間でずれが生じるようになりました。そこで、原子時計に基づく時刻を天文時と0.9秒以上ずれないように調整を行った時刻を世界の標準時として使うことにしています。そこで、今年は、地球の公転・自転に基づく時刻とのずれが0.9秒に近づいたために、「うるう秒」として調整が行われました。なお、最近では7年前(平成11年(1999年)1月1日)にうるう秒の挿入を行いました。調整の仕方としては、日本では、平成18年(2006年)1月1日(日)午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入する方法を取るようです。電話の時刻の案内では、10秒前から0.1秒ずつ延ばしていくそうです。
 この1秒という時間は、どんな時間でしょうか。先日行った経済館では、1秒ごとに日本の借金が増えていきますので、1秒長くなるということは、借金が、何億と増えることなのでしょう。同じように1秒で何ができ、世界で何が起きているかを考えると、得なのか、損なのかわかりません。そんな本があります。「1秒の世界」山本 良一責任編集です。(出版 : ダイヤモンド社)こんなリードが書いてあります。「1秒間に人は93mlの空気を呼吸し、世界に420万tの雨が降っている…。世界の変化を1秒で見ると「地球の今」がリアルに実感できる。宇宙と生命の真実を認識し、有限な地球で豊かなエコライフを実現するためのテキスト。」1秒は確かに大切ですし、1秒の間にいろいろなことが動いていきますが、なんだか私はあまりそんな世界は好きではありません。ゆったりと時が流れる感じが好きです。もし、1秒を大切にしようとするのであれば、次のような詩が好きです。
詩「1秒」 永田 光男
『はじめまして』この1秒ほどの短い言葉に 一生の時めきを感じる事がある。
『ありがとう』この1秒ほどの短い言葉に 人の優しさを知る事がある。
『がんばって』この1秒ほどの短い言葉で 勇気が蘇ってくる事がある。
『おめでとう』この1秒ほどの短い言葉で 幸せに溢れる事がある。
『ごめんなさい』この1秒ほどの短い言葉で 人の弱さを見る事がある。
『さようなら』この1秒ほどの短い言葉が 一生の別れになる時がある。
1秒に喜び 1秒に泣く 一生懸命  1秒...
 
そんな意味で1秒を大切にしたいですね。
もし、早口で言ったらこんな言葉も1秒でいえます。「あけまして おめでとう」