学ぶの半ばなり

 今日で今年が終わりです。このブログを振り返って、「自分ながらよく続いたな。」と思います。しかも、内容はつまらないだろうし、長くて読みづらいし、読む人は、大変だろうと思います。私は、日記も続いたことはありません。ほかのことでも、続いたためしがありません。そのなかで、ひとつだけひと月ですが、毎日続いたものがありました。それは、教員を辞めるときの最後のひと月の間、クラス便りを日刊で出していました。その頃は、コピーもなく、印刷も手回しでした。家に帰ると、鉄筆で原紙に書いたものです。間違えたときは、あの独特のにおい(マニュキアのにおいと同じ)の修正液を使います。そして、朝早く学校に行って、印刷をします。紙も、わら半紙というものです。こんな毎日のなかで、ふと思ったことがありました。「こんなに毎日書いているのに、何の反応もないは、何でだろうか。読んでいないのではないだろうか。」と保護者を疑ったのです。そして、ある日のクラス便りに、その不安を書きました。すると、その次の日に、大勢の保護者がお便り帳をよこしました。そこには、みんな楽しみに読んでいると書かれていましたが、ある保護者のお便り帳に書かれている内容に頭を殴られた気がしました。そこには、「先生は、クラス便りを毎日出しているのは、ほめられたくて書いていたのですか?反応が欲しくて、書いていたのですか?先生のことをいいと思っている保護者を疑っているのですか?」私も、まだ人間ができていない気がし、とても反省しました。その時を含めて、いろいろなところで、ずいぶんと保護者に育てられた気がします。
 そのときに書いていたのは、確かに書きたいことが山ほどあったからです。子どものことを伝えたくて仕方なかったのです。決して、ほめられたくてではなかったはずです。だから、毎日続いたのでしょう。
このブログが続いていることについても同じことが言えそうです。毎日続けて大変でしょうと人はいいますが、今のところ、私は、毎日ふたつくらい書きたいことがあります。ですから、毎日、「何だ、一つしか書けないや。」と思うことにしています。また、長さも、最初に書いていくと、倍か3倍の長さになってしまいます。書きたいことがたくさんあるからです。それを、できるだけ1600字を限界にして縮めています。毎日が、いっぱいいっぱいだったら、たぶん続かないでしょう。
 読む人は、自分にとって、興味のあるところ、退屈しているとき、自分ながらの読み方をしてください。つまらないかもしれませんが、これが、私にとって、自然なことだからです。書くことで、自分も勉強になっているからです。
 私が、見学者の対応する時でも、講演に地方に行くときでも、それが自分にとって、自然な気がすることと、自分にとっても勉強になるから、できるだけ受けてしまいます。
「教うるは学ぶの半ばなり」(書経)です。
来年もよろしくお願いします。

学ぶの半ばなり” への9件のコメント

  1. 今年一年、お世話になりました。いろいろな学びの場を提供していただき、ありがとうございました。このブログも、毎日楽しみにしています。自分は、何も知らないということが、少しずつわかってきました。知らないことを知ることは、いくつになっても、わくわくします。保育は総合芸術ですね。またまた、来年も(あしたですけど・・・)どうぞよろしくお願いいたします。

  2.  今年最後?の書き込み、ありがとうございます。見えない相手ですが、後ろにみんながついていてくれることを感じます。それが、励みになっています。来年もよろしくお願いします。
    もうすぐ、除夜の鐘ですね。

  3. 今年の大晦日はまだ先ですが、2005年の大晦日はたった今やってきました。毎年大晦日にコメントを書くときは、他の日とは少し違って改まった気持ちになるので特別な感じがします。また他の日はコメントが遅れてもまた挽回しようと思えるのですが、大晦日と元日だけは何としてもその日の内にと思っているので、それも特別な感じがする理由の1つかもしれません。
    自分を成長させてくれる存在や学びを与えてくれる存在について、ついつい疎かにしてしまうこともあります。謙虚さを忘れることなく、今後も学びを深めていきたいと思います。

  4. 手段が目的になってはいけないなと日々、意識したいと思っています。そして、ちゃんと行動していきたいと思います。藤森先生のブログは大切な学びの場になっています。ここでの内容が日々の生活や保育とリンクすることがあり(まだまだそれは少ないですが)、その度に、「こういうことなのかな?」や、「これではダメだ」と軌道修正したり、こうしてみよう!という行動に変わることもあります(まだまだ少ないですが)。直接、お会いして、お話を聞いたりできない分、ここで学び、普段の生活とリンクしていけるようになればと思います。最後の「自然な気がします」という言葉にいろいろ考えさせられました。気がつくと、自然ではない方向へ進んでいることがよくあります。そんな時は、あまりいい状況というか、精神状態ではない気がします。

  5. クラス便りを日刊で出していたという話は、以前聞いたことがありましたが、「書きたいことが山ほどあった」「子どものことを伝えたくて仕方なかった」といった思いが、藤森先生を突き動かしていたのですね。私には、まだ「書きたいこと」が見つかりませんが、このブログコメントを書いていくことで、それが見つかっていくような気がしています。
    2005年12月31日の藤森先生へ
    まず、ブログを書いてくれてありがとうございます。このブログへのコメントを書くことによって、自分でも把握ができないほど大きな学びを得ていると感じています。そして、過去に遡ってコメントを残すことは、その時代にタイムスリップしているかのような感覚でもあり、パズルのピースのような、ひとつひとつの物語を組み合わせていく感覚でもあり、非常に楽しいです。また、来年もよろしくお願い致します。

  6. 8年前のブログへのコメントを始め、やっと2005年12月31日「学の半ばなり」号に到達し、ひとり感無量の感に浸っています。今回のブログには「私は、日記も続いたことはありません。ほかのことでも、続いたためしがありません」と述懐されておられます。そして、藤森先生の口からもじかにそのことをお伺いしたことがありました。自分もそうなので、その時は共感を覚えたのですが、当臥竜塾ブログを始められてから8年経った年の本日大晦日にあたり、「続いたためし」がなかったのは2005年までのことで、以後は、「休んだ試しがない」、「諦めた試しがない」、に宗旨替えですね。2005年のブログを振り返ると、当時の自分のコメントに出くわすことがあります。当時はまだ田舎にいた頃で、藤森先生のブログへコメントを入れるなど、大それたことと思っており、それでも、勇気を振り絞って、コメントさせて頂いておりました。無論、今でもコメントを投稿することは、分不相応、大それたこと、という認識に変わりはありません。これまでブランクはあるものの、若い人たちに交じって、学びの一端を文字に残させて頂いております。それでも、先生のように毎日投稿できないこと、何卒ご寛恕のほど、宜しくお願い申し上げます。2005年臥竜塾ブログ第1年目お疲れ様でした。そして、たくさんの学び、ありがとうございました。明日2014年1月1日からは2006年臥竜塾ブログ第2年目へのコメント投稿を開始します。何卒、宜しくお願い申し上げます。

  7. 書いているのに、反応がないのは気になってしまいますよね。知らず知らずに、結果を求めてしまうのも人間の心理的に誰かに認めてもらいたい、誰かに誉めてほしいなどという気持ちが出てきてしまうと思います。
    継続していくのは、大変なことだと思いますが、藤森先生の継続している理由を聞くと、納得してしまいます。
    文章の中には言葉としてありませんが、ブログを書くことに対して楽しさを感じている気がしました。

  8. 〝毎日、「何だ、一つしか書けないや。」と思うことにしています〟というところから、藤森先生が誰よりこのブログを楽しんでいることが伝わってきました。
    何か行動した時に、相手からの反応が何もないと不安に思ったりしてしまうことは確かにあります。毎日のお便り帳でも、同じようなことが言え、自分が書く時には、その辺を踏まえて書くようにしています。
    『継続は力なり』という言葉がありますが、これからも自分も一緒に参加させていただき、学ばせて頂きます。

  9. 保護者の方からのコメントはとても印象に残るものですね。それを衒いなくここに記される先生の度量の大きさに心が惹かれます。批判、中傷、保護者の方が書かれた内容はそれとは異なりますが、そういったものが溢れるような昨今、それを受け止める度量が試されているのかもわかりません。追い風だけで飛行機は飛ばず、向かい風を受けて上昇気流に乗ると言います。向かい風の時こそ、そのアクセルを緩めないということなのでしょうか。
    年末のブログにコメントを入れるというのはやはり何とも感慨深いものがあります。少なくともあと10回以上味わうことができます。続ける楽しさを知りつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です