あぶりだし

 学校は、今、冬休みです。今では、寒くていやだと思いますが、子どものころは楽しいことがいっぱいあった冬休みでした。クリスマスから、年末のあわただしさ、お正月のゆったりした日々、ずいぶんとメリハリのある休みです。子どもの遊びも、たこあげ、はねつき、かるた、すごろく、とても豊富でした。その遊びのなかで、最近あまり見かけなくなったものに「あぶりだし」があります。これは、冬のアイテム「みかん」と「火鉢」が必要だったために、冬の遊びの代表格です。「あぶりだし」は、知っている人も多いでしょうが、白い紙に、みかん汁やレモン汁などで、絵や文字を描きます。そして、液が乾けば、何が描かれているかは本人にしか分かりません。しかし、液の乾いた紙をストーブやコンロ、火鉢などであぶると、紙の上に茶色の文字が浮かび上がってくる遊びです。酢、レモン汁、あるいは玉ねぎの汁は、紙に化学変化をおこし、発火温度が紙より低い物質に変えてしまいます。ですから、その汁で書いた紙をろうそくなどであぶると、変化した物質が紙より先にこげて、茶色の文字があらわれます。子どものころは、「秘密の暗号」として友達に渡したりして楽しみました。レモンやみかんや酢やたまねぎの汁のほかに、みょうばん水、トマト、オレンジジュース、りんごジュース、牛乳、さとう水などでやっても、いろんな色がでます。そして、今は、火鉢であぶらないで、あたためておいたオーブントースターに入れて、10秒たてば、絵がうき出てきます。
 紙で遊ぶというと、最近はいろいろとありますね。昨日、園で、見学者に対して、子どもたちがこんなことを言っていました。「ねえ、ねえ、この絵本見て!ここをこするとにおいがするんだよ。」とカレーの絵を指していました。これは、紙というより、インクの上に匂いの粒がついていて、こすると、カレーのにおいがするようになっているのです。カレーのほかに、イチゴのにおいや、チョコレートのにおいのするインクもあります。また、絵本に、手で触ると絵が浮き出てくるものもありました。手の体温に反応するのです。しかし、この企画は失敗したそうです。沖縄では、触らなくても絵が浮き出てしまったそうですし、北海道では、触っても絵が浮きでなくて、苦情が殺到したそうです。
 今日、電車に乗ったとき、知床の案内の中吊り広告にこう書いてありました。「この紙は、マイナスイオンを出しています。」その車両全部がその広告だったので、さぞかし、その車内は、マイナスイオンで満たされていたでしょう。
園では、今年の運動会のプログラムは、今年のテーマ「木かげでひとやすみ」にちなんで、年輪をかたどったものでした。その一番上の年輪を、ヒノキで作った紙にして、木のにおいを嗅いでもらえるようにしました。
 紙の原料は、パルプで、勿論、木材から作られることが多いのですが、最近は、ケナフやバガスといった非木材繊維と呼ばれるものもパルプ化され、原料となっています。とくに、ケナフは熱帯性の一年草で,二酸化炭素を効率よく吸収し,早く生育する植物で、栽培が比較的容易であることから、その栽培が、学校で環境教育としてされることが多いようです。
 紙は、いろいろと変わってきても、子どもの伝承遊びは、ぜひ、伝えていかなければなりませんね。

あぶりだし” への5件のコメント

  1. 確かに冬休みは他の休みと違って特別な感じがしましたね。年が変わる前と後の時間の流れ方なんかは、他の休みではなかなか味わうことが出来ません。年末と年始の時間の流れ方の違いは、子どもたちにしっかり味わってもらいたいです。あぶり出しですが、子どもの頃は何度も試した時期があることを思い出しました。この冬は保育園であぶりだしの体験もやってみようと思います。

  2. 冬の寒さは辛いですが、冬休みは楽しみでした。今でも年末から年始にかけてのあの雰囲気は好きです。何かが切り替わるような感覚といいますか、身が気持ちよくて引き締まるような感じがします。また世の中が盛り上がっているようで、こちらの気持ちも一緒になって盛り上がるようです。あぶりだしは不思議ですね。何もないところから字が浮かび上がってくるのはドキドキします。私も久々にやってみたくなりました。

  3. あぶりだし。初めて知りました。見えないものが見えるようになるのは、とても面白そうですね。ぜひ、やってみたいです。そして、匂いの出るプログラムには驚きです。大きくなって、その匂いを嗅ぐたびに、この日のことを思い出すかも知れませんね。発想はいつか尽きるものであると思っていましたが、尽きているように自分が感じているだけでのことであり、尽きたと思ったならば、新しいものを生み出していけばいいことであると最近思うようになりました。自分の発想力が、今よりももっと洗練されないかなぁと考えていますが、そう簡単にはいきませんね。私も、さらなる自分をあぶりだしていきたいですね。

  4. 今、息子は冬休みに入り、東京から田舎の実家に戻っています。田舎にも同級生の友だちがいるので、何をやっているかわかりませんが、楽しそうです。それから、今日12月30日は我が家の餅つきです。私がつく役で、母や家内が合わせ役ですが、杵の使い方を息子に伝えました。なかなか動きがぎこちなく、杵の持ち方や体重移動について話しましたが、あまりうまくいきません。それでも友だちが来たら餅つきを一緒にやるようです。今回のコメントはその合間に作成しています。電波が悪くて送信に何度も失敗していますが・・・。それはともかく、あぶり出しは懐かしいですね。私たちはだるまストーブを使ってやってみました。冬ならでは遊びのひとつで、文字が浮き出ることに、神秘を感じたものです。それからいちごが好きな人がいたので匂い付きのいちごの切手をプレゼントしました。フランスの切手です。さすが、フランス郵政、おしゃれです。今はどうなっているのでしょうか。もうにおいもきえているかも。「紙は、いろいろと変わってきても、子どもの伝承遊びは、ぜひ、伝えていかなければなりませんね。」同感です。

  5.  今日は新宿せいが保育園第8回目の運動会の日ということで、運動会でブログを検索してみると、驚くほどの量が検索され、久しぶりに後悔をしました。もっと早くからこのことに気付いて読んでおくべきでした。
     昨年の今頃は、炎天下の中、子ども達を怒り、時に怒鳴るような毎日でした。運動会で鼓笛隊をやっていたからです。何も知らずに運動会の係になり、毎日同じ係の先生に「本当に何も知らないんですね」と言われていたことを思い出します。資料を読めば「勝手なことをしないで下さい」、誰かに聞こうとすれば「自分で考えてください」ということで、殆ど何も分からないまま当日を迎えた記憶があります。子ども達の姿を見て目頭が熱くなったのは、“よく今日まで耐え抜いた”という思いからでした。
     そういう運動会とは全く違う運動会が新宿せいが保育園にはあります。理解していない部分も多々あるのですが、「大丈夫ですよ」「楽しみましょう」とクラスの先生方が温かく言って下さいます。予行では、ちっち組やぐんぐん組の子ども達の姿に我が子の姿が重なり、一足先に泣かせていただきました。今日の本番が本当に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です