読書三到

 先日の新聞全面広告に、こんな言葉が出ていました。
「口でよく読み、目でよく見、心で理解することを、読書三到といいます。」
 最近は、この言葉は、あまり聞かなくなってきました。読書は、江戸時代以降、活字文化が主役になりました。寺子屋時代は、「読書三到」が国語教育の中心だったようです。読書三到(どくしょさんとう)という意味を広辞苑ではこう書いてあります。
「読書の法は心到・眼到・口到にあるということ。すなわち、本をよむときは心・眼・口をその本に集中して、熟読すれば内容がよくわかることをいう。南宋の朱子が主張した読書の際の三条件。
心到:=心を本に集中させる
眼到=目を本に集中させる
口到=声に出して本をよく読む

『 到 』は徹底的におこなう意。」
『訓学斎規』読書写文学では、こう説いています。
「読書に三到有り。心到・眼到・口到を謂う。心ここに在ざれば、すなわち眼子細を看ず。心眼すでに専一ならざれば、却ってただ漫浪誦読(まんろうしょうどく)し、決して記する能わず。記するも久しきこと能わざるなり。三到の中に、心到最も急なり。心すでに到らば、眼・口あに到らざらんや」(心が集中していなければ、眼もおろそかになり、口誦しても覚えられない、心が集中していさえすれば、眼と口はついていく)とあるように、特に心到が大切であるという考えです。
 しかし、私は、もう一つあると思っています。それは、「耳到」です。いわゆる「読み聞かせ」の大切さです。「耳をよく傾けて本を読む」ことで、内容がより深く理解でき、話の主題により迫ることができると思います。中学校の国語のテストには、最初のほうに長文読解の問題があります。私が中学生の勉強を見ていたときに、その長文を読み聞かせて問題を解かしたところ、自分で読むよりは正解率が上がりました。これは、特にそれほど勉強ができる子たちではなく、普段、あまり本を読まない子だったので、読み聞かせは、とても効果がありました。自分で読むと、まず、文字を読むのに頭を使い、同時に内容を理解していくのは、難しいのでしょう。そのときに、「読み聞かせ」は、必ずしも文字の読めない子にしてあげることではなく、子どもが大きくなってからも、たまには、子どもに本を読んであげてほしいと思うようになりました。大人でも、たまにラジオなどで、「朗読」をする番組がありますが、よく知っている話でも、それを聞いたあとに、もう一度その本を読みたくなることがあります。見て読むのと、聞いて読むのと、違うところが見えてくるのでしょうね。
 また、本の読み聞かせは、内容を子どもたちに伝えるだけではないことをドイツに行って改めて考えさせられました。多国籍の子を多く受け入れている欧米での本の読み聞かせは、「言語教育」の一環ということでした。先生は、正確で明瞭な発音で、口を大きく開けながら読み聞かせをしていました。多国籍の子だけでなく、今の子たちが、初めて他人の言葉に接する園での役割はとても大きいと思います。テレビからの言葉の影響に負けないようにしないといけないですね。

読書三到” への6件のコメント

  1. はじめまして。
    貴ブログの読書三到の項目を
    読み、わが意を得たりと
    おもいました。
    読みの大切さ。
    多くの人は、字句や意味や
    発音にこだわり、読んでいると
    おもいます。
    そうではないとおもいます。
    母が子に読むという状況の
    前提条件が必須だとおもわれます。
    この過程がない場合、知育が
    育たないとおもいます。
    今後もよろしくお願いします。

  2. 読書三到+耳到、確かに大事なことですね。単に本を読めばいいのではなく、その方法は様々で、理解を深めるためにできることはまだまだありました。子どもだけでなく大人も同じです。例えばこのブログを読む際にも心到が出来ていなければ本質にたどり着くことができません。最近ちょっと疎かになっていたかなあと反省させられました。

  3. 本を読む時には集中していないとなかなか理解はできませんね。読んでいて、気がつくと他のことを考えていて、あれ、今読んだ部分はどういう話しだっただろうと読み返すこともあります。ただ字を追っていてだけでの読書では内容も理解できませんし、なにより楽しくないですね。その世界にすうっと入り込めるように集中することを心がけています。それができるとあっという間に読み終えてしまうこともあって、おもしろいなと思います。聞いて読むという場合には見るよりも集中しなければという意識が高まるような感覚があります。たまには大人への読み聞かせも体験してみたいですね。

  4. 園では、日常のように『読み聞かせ』が行われていますね。子どもたちは、自分が興味ある絵本を“読んでほしい”と頼んできます。それに答えるように、保育者は目の前で読み聞かせを行います。時には、自分の好きな文やフレーズを保育者と一緒に口ずさんでます。そして、最初はその絵本に興味がない子どもでも、知らずに耳へ入ってくる内容が気になりだし、読み聞かせが行われている現場の様子を伺い、気づいたら自然とその集団に加わっているということがあります。『読み聞かせ』には読書の「三到」、そして「耳到」の基礎が、すべてが盛り込まれているということですね。私の声や話し方は、子どもたちにはどのように感じられているのか気になりますね。

  5. 「読書三到」、心到・眼到・口到、改めてその大切さを今回のブログにより実感した次第です。自分の読書の仕方、というものを反省しなければなりません。ブログを読む時も、この読書三到を心がけなければなりません。読み聞かせは「耳到」ですね。確かに読んでもらい、耳でその内容を捉えると、自分の目で読んだ時より理解が深まる場合がありますね。「読み聞かせ」「朗読」、聞きながらそのお話の世界を想起することがあります。これはまた楽しいひと時です。ちなみに、今回のブログを声に出して読んでみました。眼で文字を見、それを口から音として発し、やがて耳に到り、心で内容を理解します。声に出すということは、字の読みかたを確認する機会になりますし、呼吸も大切に感じます。国語を大切にする気持ちも培われてくるのでしょう。「読み聞かせ」はやがて読書や話し合い聴き合いにつながっていく重要な活動です。読み聞かせをする方は何をどうのように相手に伝えたいのか、そのことを意識しながら読み聞かせることが大切になっていきますね。

  6.  〝耳到〟。今、スピードラーニングなど、耳で聞くだけで学べる教材というものもあります。話が上手になるためには聞き上手になること、なども耳にしたことがあり、聞くことの大切さをとても感じるだけに〝耳到〟という言葉がどれだけの価値を現代に持っているかということを想ってしまいます。読書四到ですね、と思うところで、その中で〝特に心到が大切であるという考え〟であるとされていますが、僕は現代では特に耳到こそ〝最も急なり〟ではないかと思います。胸に刻んで今日を始めたいと思います。
     〝今の子たちが、初めて他人の言葉に接する園での役割はとても大きいと思います。テレビからの言葉の影響に負けないようにしないといけないですね。〟本当にそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です