クリスマスといえば

今日は、クリスマスイブです。クリスマスといえば、とても懐かしい、暖かい思い出があります。
 担任している1年生の授業中に、私がみんなに、「明日クリスマスだけど、サンタさんから、みんなは何をもらうのかな?」と聞いたところ、ある子が、「先生は何をもらうの?」と聞いたので、「本当は欲しいけど、先生はもう大人だから、何もくれないと思うよ。」と答えました。次の日の日曜日は、クリスマスでした。私が家にいると、玄関が「ピーン、ポーン」となりました。だれかお客が来たのかと出てみると誰もいません。どうしたのかと思って探してみると、門のところの郵便受けに、担任をしている一人の男の子がしがみついています。「どうしたの?」と聞いてみると、「ぼくが、先生へのクリスマスプレゼントとして来たんだよ。」子どもというものは、発想が豊かで、胸にジーンと来ることを言いますね。
 こんなこともありました。国語の授業で、小沢正の『目をさませトラゴロウ』の「ひとつがふたつ」という教材をやったときのことです。『目をさませトラゴロウ』というのは、「山のたけやぶに、とらがすんでいた。なまえはトラノ・トラゴロウといった。」という書き出しで始まる7つの話が語られます。それぞれの話は、とてもやさしい童話ですが、一貫しているテーマは、やはり、「自己同一性」であり、「子どもの自立性」です。教科書に取り上げられていたのは、その巻頭の「ひとつが ふたつ」でした。この話は、「山の発明家である、きつねが、たるのかたちをした、1つのものを2つにする機械を自慢げに持ち出す。さるは、りんごを、うさぎは、にんじんを2つにふやしてもらうが、トラゴロウには、2つにしてもらうものがない。そこで、自分自身を2つにしてもらおうと、機械のなかに入り込む。そうすれば、1ぴきが竹やぶで昼寝をしているあいだに、もう1ぴきが肉まんじゅうをさがすことができるというわけだ。トラゴロウは、無事2ひきになるけれど、2ひきは、それぞれ、自分がほんとうのトラゴロウだと主張して、たちまち大げんかになる。きつねは、今度は、2つのものを1つにする機械を発明せざるをえなくなるのである。1ぴきだけのトラゴロウにもどったは、はずかしそうにいう。「ほんとうの トラゴロウは ぼくだけだ。(中略)やっぱり ぼくは 一ぴきだけのほうが いいなあ」とつぶやきます。
 この授業のあとで、みんなに「みんななら、何をひとつをふたつにしてもらいたいのかな?その理由も書いて!」ということで、紙に書いてもらいました。それを読んでみると、クラスの大半がふたつにしてもらいたいものが同じものでした。それは、「藤森先生。一人は、職員室で仕事をする先生。もう一人は、ぼくたちと一緒に遊んでくれる先生。」私は、休み時間とか放課後には、いつも職員室で仕事をしていました。忙しそうにしている自分をちょっと反省しました。

クリスマスといえば” への8件のコメント

  1. クリスマスにちなんだエピソード、ありがとうございました。
    とっても心があたたかくなりました。
    私も藤森先生の生徒だったら、絶対に同じことを書いていたでしょう。

  2. コメント、ありがとうございます。
    子どもって、本当にかわいいものだというエピソードが多くなるといいですね。

  3. 心が温かくなる話ですね。子どもの言葉にハッとさせられることは多くあります。ハッとなるだけいいのかなあとも思いますが、何も響かなくなることだけは避けたいものです。それにしても藤森先生を2人にしてほしいという子どもたちの思いは嬉しいですね。可能なのであれば、東京に1人、そして島根、無理なら中国地方の拠点として広島あたりにもう1人、藤森先生に構えていてもらえれば嬉しいのですが。でもこの考えは子どもの思いとは違って純粋なものではないですね。

  4. 素敵なお話です。クリスマスの日に訪れてくれた子や、二つにしたいものは藤森先生と書いた子どもたち、本当に藤森先生のことが好きだったのだろうなと想像しました。大人になっているその子たちは今でも先生のことをしっかり覚えているんだろうなと思いました。私は何を二つにしたいだろうかと考えてみました。ですが、なかなか頭に浮かびませんでした。どうも邪念があるように思います。二つにしたいものというのはおもしろいですね。欲しいものや、こうなりたいという願いとはまた違いますね。二つにしたい…あ、おはぎにします。

  5. とても微笑ましいエピソードですね。子どもから何か先生のためにしてあげたいと思われるような人になりたいと思っていますが、そう思っているうちはまだまだなのかもしれません。ただただ、子どもが愛おしく感じるだけでいいという人になりたいです。ふたつにしたいもの。私は寒いのが苦手なので「太陽」とします。そして、ふたつの太陽がけんかをしない事を祈るのみです。

  6. 小沢正の『目をさませトラゴロウ』の「ひとつがふたつ」、とてもいいお話ですね。生徒たちの感想がまたいいですね。しっかりと、2人になった「藤森先生」の役割が明確です。私たち大人はよくばりですから、「ひとつがふたつ」どころか「ひとつが全部」などと考え、藤森先生をすべての園の園長に、と望んでいます。子どもも職員もそれはそれは充実した日一日を送れることでしょう。それから親たちも考えを改めてくれ、社会のために役立とうとするのでしょう。そして全体とても素晴らしい園となることでしょう。そういう園なら場所を問わずどこでも「副園長」をしたいですね。クリスマスの朝のお話、本当にジーンときます。読んでいるこちらが胸熱くなるのですから、当事者の藤森先生のご心境たるや幾ばくのものがあったか計り知れません。郵便受けにしがみついていたその子、今はどうしているのでしょうか。豊田のお蕎麦屋さん、ではないですよね?お蕎麦屋さんにしてもお医者さんにしても先生が受け持った生徒さんたちはきっとそれぞれに優れた才能を発揮して世の中に貢献しているのでしょうね。

  7. とても、暖まる話ですね!そして、藤森先生の日々の子どもへ対する思いが伝わっているのがわかります。
    めをさませトラゴロウの゛ひとつがふたつ゛読んだことがないのですが、自分がふたりになることで確かにできることが増えると思いますがそれぞれ、個性をもち、自己の存在を感じるもの集団のなかの一人ではなく、個々それぞれの生き方があるということを感じ、自分とはなにかを考えるものとなりました。

  8.  素敵な話ですね。「子どもって、本当にかわいいものだというエピソードが多くなるといいですね。」先生がコメントにコメントされていることがとても貴重なように思えましたが、そのコメントがまたとても素敵で、イブに書かれたブログであるということがまるで、臥竜塾ブログを読む方々へのクリスマスプレゼントのようですね。クリスマスは子どもの頃から特別なものでしたが、昨年は今までにないような、クリスマスや年末といった行事を特別な気持ちというよりは、普段の気持ちというような感覚で過ごしました。子どもの時の気持ちを思い出す必要があるのかもわかりません。もっと子どもに近づくために、学びを重ねていく年にしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です