経済館

東京タワー.JPG
経済2.jpg
 何かイベントをやるときには、多くの集客を目指します。そのためにいろいろな企画を立てます。私は、このような企画を立てることがとても好きです。それは、来る人が楽しむ企画は、立てる側にとっても楽しいものでなければならないからです。また、来客者が、ただ楽しいだけでなく、楽しんでいるうちに、来客者に知らず知らずのうちに、こちらの伝えたいことが伝わっていかなければなりません。
私が30代の頃から、八王子市で仲間の若手男性園長たちと、毎年12月に、駅ビルで「乳幼児の世界展」というイベントを開催していました。そのイベントを通して、「市民に子どものことを理解してもらおう!」「保育園は、そんなことに取り組んでいるのだ。」ということを訴えようとしたものです。ある年、子どもを理解してもらおうと、こんなことをしました。まず、子どもは、よく、持ったコップを落として親に叱られます。そこで、子どもは、どんなコップを、どんな感覚で持っているのか体験してもらいます。まず、子どもと大人の手のひらの面積を比較して見ると、ほぼ子どもは半分です。また、背筋力を測ってみるとこれもほぼ半分です。また、指を伸ばして届く距離を測っても半分です。そこで、直径が、普通のコップの倍ある入れ物に、コップにいっぱいに水を入れた重さの倍の重さのものを入れて持ち上げてみてもらいます。思わず、落としそうになります。また、大人の雑巾の倍の厚さで、大きさも倍のものをタオル地で作り、これを絞ってもらいます。しっかりと絞れません。また、子どもの視野の広さのめがねをかけてもらい歩いてみると、車が近づくまで、横から来る車に気がつきません。そんなものを部屋いっぱいに並べて、子ども体験をしてもらいました。テーマは、「子ども探検ツアー募集中」です。
25日の日曜日に、東京タワーフットタウンに行ってきました。ここに、11月から「感 どうする経済館」がオープンしています。ここでは、日本経済の今、日本経済の現状を、楽しく体験しながら勉強できるミュージアムになっています。プロデュースは作家の荒俣宏さんです。この部屋のベンチは、1万円を並べた100億円の束と同じ大きさになっています。ショックなのは、「日本経済の足音時間」というもので、「私たちが作り出している金額(GDP)」と「日本の借金」がものすごい速さで増えていきます。しかも、作り出しているスピードよりも、借金のスピードがものすごい勢いで増えていきます。別なコーナー「日本の借金リュック」では、政府債務の金額の重さを実感するアイテムで、世帯当たりの負担金額に換算した重さのリュックサックを背負ってみます。「100の1万円」では、1万円で買えるもの、1万円で行けるところ、1万円分かせぐのに必要な時間。そんなアイテムが100並んでいます。つまらなそうな経済というものを、楽しく理解してもらえるために、とてもいい企画ですね。
 いつか、全国の幼稚園、保育園で、全国いっせいに、各地で子どものことについてのイベントを行うような企画をしてみたいですね。