忘年会

 そろそろ忘年会の季節がやってきました。今日は、今年初めての忘年会がありました。ある年、職場の忘年会の席で、私は、「この1年を、忘れたくなるように過ごしてはいません。1年1年きちんと覚えていたいように過ごしたつもりです。ですから、この会は、忘年会ではなく、覚年会にしたいと思います。」と挨拶をしたことを覚えています。最近は、それよりお年をとったせいか、1年1年惜しむ気持ちが強くなりました。春を惜しむ「惜春」と同じように「惜年会」という感じです。
 忘年会とは広辞苑によると「その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会」とあります。 やはり、忘れたいのですね。いやなことが多い1年のことのほうが多いのでしょうか。しかし、この忘年会というのは日本独特のもののようですが、その起源は、鎌倉時代だそうです。しかし、その忘年会とは、慰安のようにドンチャン騒ぎをしたり、飲んで騒いで年を忘れようとしたのではなく、優雅に厳かに連歌(和歌などをつなげて詠うもの)を詠う「年忘れ」という行事だったそうです。それが、 江戸時代になって、庶民が「一年の労をねぎらい、杯を酌み交わす」というような、現在に近い形の忘年会が行われるようになりました。しかし、庶民の間でのことで、武士階級では「年忘れ」というようなことは行われずに、「新年会」の方を大事にして、主君への忠誠を誓うものとしていました。それが、現在のように、行事として慣例化したのは明治時代に入ってからで、政府の官僚や学生を中心に忘年会がにぎやかに開かれていたという記録があります。官僚はボーナスが出た頃、学生は年末年始の帰省前に集まっていたと伝えられており、この頃になると忘年会は、現在とあまり変わらない年末のイベントとなっていったと思われます。「忘年会」という名前が文献に始めて出てくるのは、私の高校の先輩である(といっても、ずっと先輩)夏目漱石が明治後期に書いた「我輩は猫である」です。この言葉は、何の注釈もなく使われているので、たぶん、普通に使われていた言葉なのでしょう。
 忘年会ではありませんが、この時期になると思い出す歌があります。みずからの家庭というものにふれて歌って、人間らしい心持ち、素朴で直接的な愛情の表現をとった歌人として、有名な山上憶良の作です。憶良は、『万葉集』で最も個性的なものを持った人であると、言われています。こんな歌です。
『憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ その彼の母も 吾を待つらむぞ』(万葉集 巻三)
<憶良は、今はもう退出しましょう。家には子供が待って泣いているでしょう。その子の母もまた、私の帰りを待っていましょうぞ>
この歌は、宴会の最中に、いつまでも同僚と酒を飲んでいたくなかったのでしょう。ころを見計らって皆より先に席を立とうとして、挨拶代わりに、即興でこの歌をよんだものです。家で待つ子のために、何の気取りもなく、こんなことを言えるようになりたいものです。こんな態度が、「かっこいい」といわれる社会になって欲しいと思います。

忘年会” への6件のコメント

  1. いつの間にか忘年会のことを考える時期になっていました。1年が過ぎるのは本当に早いですね。忘年会のことですが、その年のことを忘れてパーッとではなく、みんなで食事をする楽しさを感じられるものであって欲しいですし、だからこそ最後に書かれているようなあり方にもなってもらいたいです。お酒の席を中座しようとするとつき合いが悪いと言われるケースはあります。でも、やはり家を空けて平気ではいられない人に対してはその思いを尊重したいですし、子どもがいる場合は特にそのことを考えてもらいたいとも思います。昔からのしきたりみたいなものも、内容によっては見直す必要がありますね。

  2. 家で待つ人のために早く帰ることのできる忘年会は、きっとその忘年会を行う人々の人間関係が良好であるんだろうなと思いました。忘年会の席だけではなく、日頃から仲間同士で楽しめるような雰囲気は大切なのかもしれません。ちょっと前に「我が輩は猫である」を読んだのですが、忘年会の部分は記憶になかったので、その場面をもう一度読んでみました。「忘年会兼合奏会」ということになっていました。かなり盛り上がったようなことが書かれてありました。年の終わりや年の初めはやはり気持ちが少し高ぶるのかもしれませんね。私は年末になると気分が高揚してきます。

  3. 「憶良らは…」の歌は、学生時代に授業で学んだことを覚えています。当時は、深い意味を考えたことがありませんでしたが、宴会中にこのようなことが言える雰囲気、そして、それを快く受け入れてくれる周囲の環境に驚きや憧れさえ感じます。現代で、この歌のようなことを言ったら「空気が読めない人」「付き合いが悪い人」というレッテルを貼られてしまうことが多いのでしょうかね。時代が変わったという一言ではおさめられない、深いところに存在する人の思考基準がゆっくりとじわじわと本質から遠ざかってきてしまったということなのでしょうか。忘年会も、鎌倉時代の起源にあるように“優雅に厳かに”その年にあった出来事を振り返って歌にするような、数々の振り返りからの自己評価というか客観的な視点を持ち、その意思を今度は“新年会”で定着・決意していく流れがよいのかもしれないと感じました。

  4. 忘年会、ではなく、覚年会とか惜年会、というのはいいですね。1年を振り返る、ということで省年会、ということもあり、でしょうか?確かに、1年1年はとても貴重ですね。私はそうした会に参加することがあまりありませんので、助かっていますが、私の知り合いなどは12月になると「忘年会」に何件も参加するとか。大変だなと思います。今回のブログでは「忘年会の歴史」や「忘年会の文学」が紹介されていますが、これを読むとたかが「忘年会」と言えない歴史の深さを感じますね。山上憶良の歌、最後の「ぞ」という強調が何ともいいですね。さぁ、これで終わりにして帰りますね!という意気込み、気の転換を感じます。

  5. お酒の席に座ると最後までいてしまう為、とても反省する気持ちになります。君の奥さんは素晴らしい、とお酒の席でよく言われます。僕も本当にそう思うのですが、お酒の席に最後までいることを許してくれる奥さんの寛大さに、僕はいつも本当に感謝をしています。
    先日、1歳半になる自分の子どもを怒り、泣かせました。今思い出しても胸が苦しくなる、本当に辛い出来事でした。自分の子どもの泣いた表情がこんなにも胸を苦しくさせるとは思ってもみませんでした。
    怒るという行為は、未熟な僕の場合、自分を棚に上げざるを得ません。そして、とても感情的な行為である為に、そのほとぼりが冷めた時に、とてつもない後悔に襲われます。「すぐ怒るやつはバカだ」「怒りたくなったら3日待て」など、怒ることに関しての言葉を思い出しますが、やはり全くもって何の利益も生まない、相手を傷つけるだけの行為であるように思います。そして、それ以上に、怒ったことで涙した息子の表情が、何日経っても僕の心を苦しめるのでした。
    子どもを悲しませるようなことはしないと決めた出来事になりました。山上憶良の優しさ、愛情の深さが身に染みる思いがしました。

  6. 今年、忘年会担当になりました。ちょうどこのブログに出会いまして、今年の忘年会は覚年会に変えました。以前に比べ一年一年をきちんと覚えていたいという思いが強くなったと思います。僕は忘れっぽいところが多いので、周りの方にはかなり迷惑をかかました。成功したことももちろん、失敗してしまいそのあとどうなったかなど、語り合いたいと思っています。起源を知ると、あまり騒いだり、お酒を飲みすぎたりするブレーキになるのでしょうね。僕はお酒を飲まないのですが、雰囲気に飲まれるタイプです。その都度、山上憶良の歌を思い出し、かっこよく帰りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です