慣れる

 今日は、園への見学者が、一昨日からのセミナーの続きで26名いました。この数が多いのか少ないかは、微妙なところです。月曜日は、60名以上いましたし、月に数日は20名を超えることもありますので、職員は、なれてしまっているかもしれません。なれているといえば、見学者からよく「子どもたちが、見学者になれているようで、少しも動じませんね。」と言われます。それは、子どもたちは、見学者がいようと、いまいと、物事に集中していますし、自分たちのことを黙々とやっているからです。しかし、慣れるということは、どういうことなのでしょう。意味としては、
(1)たびたび経験した結果、当たり前のこととして受けとめるようになる。なれっこになる。
「都会での生活に―・れる」「会議の雰囲気に―・れる」「待たされるのには―・れている」
(2)何度も経験してうまくできるようになる。習熟する。
「料理も―・れれば手際よくなる」「―・れた手つき」「―・れない仕事で疲れた」
(3)接触する機会が多く、心理的な隔たり・距離感がなくなる。
(ア)人に親しみをもつようになる。「生徒はようやく新しい先生に―・れてきた」
(イ)獣・鳥などが人に対して警戒心や敵愾心(てきがいしん)をもたなくなる。
「野生の動物はなかなか人に―・れない」
(4)体になじんで具合がよくなる。「足に―・れた靴」
(5)動詞の連用形や名詞の下に付いて、何度も経験して具合がよくなる意を表す。
「履き―・れた靴」「書き―・れた万年筆」「旅―・れた人」
 これらのなかで、見学者が使う「なれているのですね。」は、どの意味なのでしょうか。
(1)の意味が多いかもしれません。見学者のいることを当たり前のこととして受け入れているようになっているようです。 (2)の意味であれば、子どもたちは、次第に見られることに習熟してきて、感心してもらえる行動を心得てきたということになります。しかし、ほぼ毎日見学者がある状態であるときに、子どもたちは、見学者へ気を使っていたら、どこか無理がきます。(3)は、少しあるかもしれません。見学者に対して、親しみまでは行きませんが、警戒心は持たなくなってきている気がします。(4)(5)では、どうもなさそうです。
 やはり、どうも1番目の意味ですね。ということは、子どもたちが熱中しているという姿は、見学になれているので、普段のままの様子が見られるということです。見学者にとって、子どもの普段の様子が見られるので、参考になると思うのですが、どうも、なれてくると、特別な姿になることだと思っているようです。私が教員のときに、教室の後ろに、保護者がいつでも見に来てもいいように椅子を3脚置いておきました。授業参観の日の子どもの姿は、特別な姿ですから。

慣れる” への7件のコメント

  1. 藤森先生、保育環境セミナーお疲れ様でした。
    今回、初めて参加させていただきました。
    何度聞いても先生の深い思索に裏付けられたお話には
    圧倒されます。「天晴れぬれば、地明らかなり」というのは、鎌倉時代の大聖哲日蓮の言ですが、
    その言葉を思い起こしました。
    先生のお話には、単なる教育論ではなく哲学の香りを感じます。子どもたちに対する優しい慈愛を感じます。
    時代の変化に右往左往している教育界にとって、
    先生の思想は確かな羅針盤になりますね。
    これからも御指導よろしくお願いします。

  2. 見学者は今でもかなりの人数だと思いますが、その中で活動している子どもたちから無理をしている様子は感じられないのでいつも感心しています。慣れることが関心が薄れることになってはよくないと思いますし、だからといって意識しすぎることは緊張につながってしまいます。その程よいところを子どもたちがつかめるようになって習熟してくるようになるといいなあと思っています。見学者はほとんどいませんが、保護者や地域の方にも関わってもらえる保育園になりたいと思っているので。

  3. 人に見られている時にはやはり意識をしてしまいますね。見学者に慣れているので普段の子どもの様子をいつでも見ることができるというのは、同時に子ども達が熱中できる場が職員さんによって、いつも用意されているということでもあるのかなと想像します。常に工夫、改善を私も忘れずに心がけていきたいです。見られていることでパフォーマンスが上がったり、見られていることでパフォーマンスが下がってしまったりという経験をスポーツなどで体験したことがあります。人に見られることに慣れていなかった私はだいたい空回りしていたように思います。

  4. 見学者に近寄ってくる子は、自分で遊びを見つけられていな子・集中して遊び込めていない子であるという見方から、子どもの発達が理解できますね。そういった子どもは、自分の発達にあった環境がないのだと認識し、その子が普段少しでも興味や関心を寄せた物事から、メッセージを受け取り、素早く環境を構成する必要性があることを感じます。子どもにとっては、毎日が特別な日であるはずです。普段の姿から様子が異なるといった、1日だけ特別な日という感覚を与えないような環境の工夫が大切ですね。

  5. 私たちの園にもよく見学者の方がお見えになります。そして、保育室を観て行かれるわけですが、子どもたちは自分たちのことに熱中しています。まぁ、先生たち以外の大人たちの存在に「慣れている」と言えば、そうなのでしょうが、自分たちの生活領域に「大人たち」が存在するのは、朝夕の送り迎えの時も同様です。その大人たちは保護者です。朝は忙しいのでさほどでもありませんが、夕方のお迎え時には保育室にいらしゃっしゃるお父さんやお母さんを見かけます。だからと言って、子どもたちが妙にはしゃいでる風でもありません。見学者も昼間の「保護者」のようなところがあります。子どもが見学者に向かって「だれのお父さん?」と訊いたりするところを見たことがあります。それでも大勢見学者がいても、普段の活動に没頭している姿は何とも凄いなと思いますが、その大人が子どもにチョッカイを出し始めたとたんに遊びの相手に大人が変身してしまいます。これもおもしろいですね。まぁ私たちの園は「遊びのミュージアム」ですから、子どもも大人も存在していて、きわめて普通の状況なのでしょう。私たちは常に見学者の皆さんに「普通」の姿を観て頂いております。見られることが特別であってはならないと思います。

  6. 以前いた保育園はまさに閉鎖的な保育園の代表のような保育園でしたので、誰か見学者が来るととても警戒し、いつもと違う雰囲気をあからさまに醸し出していました。僕からすれば、人から見られているという状況のお蔭で、そこに勤める職員の子どもに対して行う見ていてとても心の痛むような行動が減り、とても安心する数分間でありました。
    授業参観でいつもと違うのは、子どもだけではなく、学校によっては、園によっては大人であるかもしれません。毎日子どもとどんな関わりをしているのかが見せられないということは、見られてはいけないことをしている後ろめたさがあると思って間違いないと思います。もっと多くの学校が開放的になり、ダメならダメでたくさん指摘してもらって改善をしていった方がいいと思います。学校も保育園も大人の為の職場ではなく、子どもの為の環境であると思えば尚更です。

  7. 保育園に見学者が来ることは、学びになることが多いと最近感じました。今回は、土曜日に沢山の見学者が来てくれましたが、普段の保育にも来ていただきたいなぁと思いました。子どもがいない場では、スラスラ話せるかもしれませんが、保育している時こそ、園の雰囲気がわかるのだと思います。見学者のために作ったものなのか、子どものために行なっていることなのか、なにか特別なことをせず、いつも通りに行なっているという雰囲気が新宿せいがさんの見学をさせて頂いた時に感じたことです。
    子どもたちも熱中している様子で、このような姿を目指していきたいなと思いました。そのために環境も見直していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です