夕日

夕日.jpg
今日は、少し風邪気味ということもあって、久しぶりの邦画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見に行きました。これは、今一番の人気の映画です。もともと1400万の発行部数を誇る、西岸良平の傑作コミックを映画化したものです。最近テレビにしても映画にしても、コミックからのものに人気があります。「ごくせん」「ドラゴン桜」などもそうですね。また、VFXを駆使して再現された昭和30年代の東京下町は、リアルに再現され、かつて、セット作りに苦心した時代から、ずいぶんと技術が進んだ感があります。
 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、昭和33年、建設中の東京タワーを背景に、下町に暮らす個性豊かな面々が織り成す感動と希望の物語です。特に、二人の小学生を中心に、それぞれが豊かではないけれど、未来に希望を抱き、大切な夢に向かって生きていく姿に、今を生きる私たちはもう一度大切な何かに気づかされ、観終わった後、勇気と幸福感で満たされます。しかし、一方、この映画の感想は、「ずるいな」ということです。感動する場面、せりふを、これでもかと入れています。特に私は、ちょうどこの時代に、この主人公と同じ年齢で、しかもこの舞台である下町で生活していたのです。まったくダブっているので、ストーリーがなくても、場面の細部にいたるまで、懐かしさがこみ上げ、その時代を思い出してしまうので、胸に迫るものがあるのは当然です。
着工された東京タワー、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の“三種の神器”を揃えることが庶民の憧れ。子どもは路地裏で遊び、駄菓子屋に通い、夏休みに怒られてした昼寝、登校日、道路では、オート三輪や都電が走っています。私は、中学1年生のころは、都電22番(浅草と銀座の間を走る)で通学していました。そんなわけで、その時代へのノスタルジー、その時代に生きる人々のふれあい、楽しさ、をつい思ってしまいますが、時代は、戻ることはできません。いくら、あの時代がいいからといって、携帯電話が普及し、メールでやり取りをし、パソコンで物を調べ、24時間コンビニで物を売っている現在、決して、過去のような生き方はできないのです。しかし、最後の言葉に出てくるように、「夕日」は変わらないはずです。「大切にしないといけない心」は、変わらないはずです。というよりも、変えてはいけないのです。この映画を通して、何が「流行」で、何が「不易」かを、もう一度考えてもらいたいと思います。そして、守るべきものを、どうすれば守れるか考えないといけないのです。あの時代を懐かしく感じるように、今の時代が懐かしく感じられるように、あの時代がよかったといわれるような「今」を作っていく責任を感じます。

夕日” への6件のコメント

  1. 当時を生きた事のない私でも感動してしまい、いい時代だったんだろうなと思うのには不思議な気持ちになります。スタイルは違うかもしれませんが「菊次郎とさき」というビートたけしの幼い頃が設定のドラマに何度も泣かされました。当時の状況は想像するしかありませんが、こんな時代だからこそ、人と人とのつながりは大切にしていきたいなと思います。そんな人の温かさを感じたあるイベント…集い…を今日経験してきました。

  2. 大切にしないといけない心、不易流行、そして守るべきもの。時代を任された大人の責任ですね。私も、この映画を観た時、何とも言えない哀愁感・幸福感・人々の温かさといったものを感じました。不便を楽しむ精神というか、不便を不便と感じないというか、そういった感情に何度も心が満たされて、一種の「うらやましさ」に包まれてしまいましたが、本文にもあるように、時代は戻ることはできませんし、過去のような生き方はできないですよね。この時代を最大限に謳歌するため、忘れてはいけないものを見極める力が必要になります。それは、「優先順位」でもあるはずです。暮らしが豊かになるということは、優先順位をつける機会が多くなるということかもしれないと感じました。

  3. この時代は体験していないのでよく分かりませんが、この「三丁目の夕日」の日本を取り戻すことが今は大事なんだと言っていた方がおられましたね。何が言いたいのか正直理解できませんでしたが、単に昔を懐かしく思っているだけなのかとも思いました。書かれているように、何を変えて何を変えないか、そこの見極めが大事だと思います。そこを曖昧にしたまま、あの風景を…というのは無責任な気がしますし、自分自身もそのような判断をしてはいけないと反省しています。

  4. 私はこの映画の舞台となった時代の10年後の東京を観光者の一人として体験しました。以後、東京の虜になりました。そして、地方の田舎ではありますが、この「三丁目」の空気が漂う街で少年時代を過ごしました。何かあれば、人が群れ、子どもたちも通りに出て、祖父や父たちは酔っぱらいながら夜を過ごし、昼間は昼間で街には活気があり、決して裕福でなくても、何だかみんな楽しそうな時代でした。今はそうした姿は私の故郷にはなくなりました。私は映画の時代を直接は知らないのですが、しかし映画の冒頭から何だかとても胸が熱くなりました。そして、東京タワーが徐々に出来上がるところに感動し、都電に感動し、駄菓子屋やたばこ屋に感動し、そして少年たちの姿に感動していました。「今の時代が懐かしく感じられるように、あの時代がよかったといわれるような「今」」を作っていきたいと私も思っています。大変だけど、きっとそうした時代が来ると信じています。

  5. 少し前のことになりますが、今年度の夕涼み会の係りとなってイメージを膨らませていく中でこの映画を見ることの必要性を感じ、借りて見ました。僕は基本的にすぐに感動して泣いてしまう方なので、いつからかあまり映画は見なくなってしまいました。泣くことが見る前からわかっているので、何だか見ることが気軽にできないのです。久しぶりに映画を見たこともあってか、とにかく泣きました。感動の連続でした。特に僕が好きだったのは、結婚を申し込む場面です。いじらしさと言うのでしょうか、僕も現代版の貧乏ではありますが、実家を出てそれなりにお金のない時期を経験したことがある為、余計に結婚を申し込んだ彼の気持ちがわかるようで、とても心を打たれました。相手の返事、返答の台詞も最高でした。
    藤森先生の生まれ育った雰囲気を味わうことができたことで、二重の楽しみがありました。続編も出ているので、機会を見つけてまた見てみたいと思います。

  6. 「守るべきものを、どうすれば守れるか考えないといけない」性格や今までの人生でもあるのですが、私は守ることが多いと思います。変化していくものについていくのは得意なのですが、自分で変化させることは苦手です。小学生からサッカーをやっていてポジションはもちろんディフェンスでした。考え方を変えていくには勇気が必要です。何を変えて何を変えないのか、この映画でいう「夕日」「大切にしないといけない心」、保育でも園の理念や自分の軸を大切にして、時には今必要なことのため、自分で変えることも必要ですね。とても勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です