小田急線

小田急線.jpg
今日は、小田急沿線を歩いてみました。まず、京王線の下高井戸駅で降ります。そこから、下高井戸と三軒茶屋を結ぶ「東急世田谷線」に乗って、「山下駅」で下りました。この世田谷線は、2両連結の綺麗ないわゆるチンチン電車です。山下駅は、小田急線の「豪徳寺駅」とつながっています。豪徳寺という寺院は、今回は行きませんでしたが、以前行ったことがあります。豪徳寺は古くから有名で現在でも大規模な寺院といっていいでしょう。ここには、江戸城桜田門外で暗殺された井伊直弼の墓があります。また、そのそばには、桜田殉難八士之碑もあります。また、ここには、このブログの名前と同じような名の「臥竜桜」という桜の木があります。また、豪徳寺には、「招き猫伝説」があります。昔は、かなり貧しい寺であったころ、和尚が自分の食べるものを減らしてまでも大切に飼っていた猫に、「この恩に対して、なにか果報を持ってきて欲しい」と言い聞かせたところ、そのあと、大きな寺院になったことから、和尚は後にこの猫の墓を建て、後世この猫の姿をつくり招福猫児(まねぎねこ)として拝んだとして、招き猫は、吉運、家内安全、営業繁盛、心願成就するとしてみんなに知られることになったそうです。次の駅の「梅ヶ丘」は、「東京都立梅ヶ丘病院」があることで有名です。この病院は、国内で最大規模の児童・思春期精神疾患の専門病院です。治療対象となる疾患は、発達障害圏(精神遅滞、自閉症、学習障害)、神経症圏(神経症性不登校、強迫性障害、不安性障害、解離・転換性障害、適応障害等)、精神病圏(統合失調症、気分障害)、多動性障害(ADHD)、睡眠障害、チック性障害、摂食障害、行為障害などです。そして、これらの疾患に対して、医師、看護師、心理職、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士、保育士等から構成されるチーム医療を行っています。これらの診療は、今後ますます必要になってくるでしょう。次の駅の「世田谷代田」は、京王井の頭線新代田駅の間に、戦争中から戦後にかけて、井の頭線に車両を運び込むための連絡線が引かれていたそうです。(今も、その名残が残っています。)次の駅は、有名な「下北沢」です。原宿並みに、様々な店が、小さな路地に至るまで、びっしり並んでいます。原宿よりは、少し、レトロっぽい店が多い気がします。また、この町には、「本多劇場」グループの、映画館や、小劇場がいくつかあります。いつも、若者でにぎやかな町です。次の「東北沢」は、文字通り、下北沢の東にあります。次の駅の「代々木上原」駅と、次の「代々木八幡」の間は、最近、素敵な店が何店かあるということで、雑誌などに取り上げられています。次の「参宮橋」の駅名である参宮橋は、行政上の地名ではありません。 地名は東京都渋谷区代々木で、参宮橋は、明治神宮の西参道にかかっている橋の名称です。橋のたもとには東京乗馬倶楽部があります。次の「南新宿」は、もう新宿です。駅では、代々木駅が近いので、代々木ゼミナールを始め、様々な専門学校が並びます。そして、新宿駅に着きました。