写真

杉本.jpg
 今日は、研究保育の二日目でした。ドイツでの夜の研修と同じ方法での研修をしました。昨日、参加者は、ほうりん保育園、高岡ほうりん保育園をそれぞれが見学しながら、写真を撮っていましたが、それぞれの人は、どの場所で、どのように思ったからその写真を撮ったのでしょう。気に入ったところ、気になるところ、参考にするところ、園に戻って職員に伝えようとするところなどの写真を撮っているのでしょう。そこで、何人かの人に、その人が撮った写真を見せてもらいました。(今は、デジタルカメラで撮っているので、フイルムの代わりにカードを借りると、パソコンから映写できます。)そして、自分は、何でその写真を撮ったかを説明してもらいます。たとえば、同じ保育園の職員でも、園長が撮ると何を撮るのか、保育士だったら何を撮ったかを比較してみると、とても面白いものです。また、自分では気がつかない観点に、気づかされることも多くあります。そんな研修でした。
 それを見ながら、私は、写真の不思議さを感じていました。実際の目で見ているときは、見ている対象は、時のなかで流れています。それを切り取ってみたときに、新しいものがみえてきます。まず、子どもとか、人の表情は、必ずその表情はどこかではしているのでしょうが、写真では、始めてみる顔の表情を発見することがあります。また、実際に見ているときは、見ている対象は絞られますが、写真で見ると、その周りも見えてきます。たとえば、実際には、保育士の行動を見ていて、それを写真に撮ると、それを見ている子どもの顔がわかります。また、写真は、本物を撮っているはずなのに、本物でないと思うことがあります。逆に、偽者をとっても、本物のように思ってしまうこともあります。そんな写真の不思議さを表現した写真展を見たことを思い出しました。それは、森美術館で、レオナルド・ダ・ヴィンチ展と同時に見た、杉本博司氏の「時間の終わり」という写真展です。杉本博司(1948年生まれ)氏は、この30年間に世界のアートシーンにおける有数のアーティストとしての地位を確立してきました人です。彼の写真は、最初はよくわからなかったのですが、順に見ているうちに、また、途中でそれを解説した映像を見て、なんとなく意図したことが見えてきました。彼の、その時間、場所、文化や歴史を通して、物事の本質を追求する独自の視点は、つねに国際的な注目を集めています。展覧会には、こんな作品が並んでいました。映画1本分の長時間露光による「劇場」、世界中の水平線を撮り続ける「海景」などです。そのなかで、わかりやすいものに「肖像」シリーズがあります。これは、名画を蝋人形にして立体化し、それを再度、絵画と同じライティングをして撮った写真です。あたかも、生きている人をその時代に撮影したかのような錯覚をします。また、「建築」シリーズも面白いものでした。設計家が、建物を設計するときに、まず、頭の中で、建物のイメージをします。そのイメージした映像は、あたかも完成された建物をぼかして撮ったものに近いのではないかということで、建物をピントをずらせて撮った写真です。写真というのは、なんとも不思議なものですね。

写真” への7件のコメント

  1. 写真のメリット、実際に見ることのメリットをよく理解したうえでどちらも活用することができるといいんでしょうね。単に記録のためといってバシャバシャ写真を撮りはしたけど、結局何を撮りたかったのか、何を見たかったのかが後から分からないなんてことは何度も体験しています。見るということは、単にその場を記録したり文字通り目で見ればいいというものではなく、何が見たくて、それをどうしたいのかを明確にしたおくことが大事なんだなあと、最近特に思っています。

  2. CMなどで、何枚かの写真と共に感動的な音楽が流れるものがあります。子どもたちの笑顔、新婚さんの笑顔、親子の後ろ姿など…そのCMを見ると、とても感動するのですが同時にこの写真が撮られた時には写真の人たちは何を思っていたのだろうなんて思います。こちらは感動しながら見ていますが、実は写真の人たちは「あーお腹へったー」とか、「明日からまた仕事だよ」とかこちらが思うこととは全然違うことを思っていたり、状況も想像とは違うものもあるような気がします。そんなことを想像しなが、変な楽しみ方をしている時があります。

  3. 確かに、他の人が撮った写真を見て「こういうところに注目しているのかあ」と新しい発見をする時がありますね。また、写真で見ると後方にいる人がどんな表情をしているのかなど、リアルタイムでは見ることができなかった瞬間を、残してくれています。そう考えた時に、これは保育の振り返りに使えるなと思いましたが、よく考えると“チーム保育”で、それと同様のことをしているなあとも思いました。リーダーが、一人一人ではない集団全体を見ている時、サブやその他の職員がリーダーの目に映らない光景を見ていてくれています。ちゅっと前に比べても、写真を保育に利用する頻度がますます増えています。写真の活用範囲は、これからも広がっていくでしょうね。

  4. 同じ被写体をカメラに納めたはずが、実はその納める角度によっては異なって見えるという経験はよくありますね。また、今回のオランダ研修でもそれぞれが撮影した写真を夜に見合ったのですが、写真が撮影された同じ場にいながら、実はその被写体となったものに気づいていなかった、ということを体験しました。そうした映像を見せられるとやはりカルチャーショック的ショックを受けます。でも、研修後の振り返りの写真の見せ合いとその解説はおもしろかったですね。杉本博司氏はNHKの日曜美術館か何かで取り上げられていたと思うのですが、ちゃんと観ていませんでしたね。次回、何か同氏に関する特集があったら、今度はしっかりと観てみようと思いました。今回のブログに掲載されている右側の写真は「肖像」とわかりますが、左側の写真は・・なるほど、設計家が頭の中でイメージした建物像、なのですね。これは凄いです。脳の中のイメージを映像化しているのですから。

  5. 頭の中のイメージを写真にするとは、なんとも面白いです。思考が現実を作り出すことは周知のことですが、それを目に見えるような形で表現されたことに、芸術を感じます。考え方の枠組みがふっと広がるような、自分の頭がちょっとよくなったような気持ちになるから不思議です。
    来週末、研修旅行があります。写真を見て視点の違いを楽しんだり、保育の中に取り入れたりと、旅行が終わっても楽しいことがあるなんて、本当に素敵です。
    ですが、遊びに行くわけではないので、しっかり心して臨みたいと思います。

  6. 今年の研修旅行の写真の全員分を今、保育園のスタッフルームに置いてあり、見ることができるようになっていますが、「そんなところに気づいたのか〜」と思いながら見る写真もあり、自分以外の人の着目点や自分のことを振り返ることができる良い機会です。
    今は写真だけでなく、動画も保育の中に取り入れていくこともありますが、これからもそのような傾向は続くことと思います。使うメリットやデメリットを十分理解した上で、活用していきたいですね。

  7. 以前までは、いい関わりだ!と思って撮っていましたが、それでは偶然撮れたものだったり、いざカメラを構える頃には終わってしまうということが多かったです。最近は、保育士の意図や子どもの姿を少し予想して撮れるように意識しています。チームで撮るポイントだったりを共有することで、子どもの発達がより理解できるということが多くなりました。
    また、今は10の姿について撮ることが増え、職員の撮った写真を見る機会が多くなりました。撮った時の心境や意図など聞くと、なるほどなぁと自分にはない視点を知ることができたり、その人独特の距離感や見守る姿勢など、学びになることがとても多いです。保育園の一日というもので、子ども達が遊ぶ環境でどのように遊んでいるか、タイムラプス(早送り動画)を職員で見るのも、いい研修になりそうだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です