研究保育

ほうりん.jpg
 今日から、三重県のほうりん保育園、高岡ほうりん保育園での研究保育が始まりました。朝早くから保育実践を見た後、午後それぞれの保育についての説明と、会場から参加者を募って、パネルディスカッションです。参加者は、みんな実践をしている人ばかりなので、悩みを共有し、感動を共有し、新しい発見をしたようでした。また、夜の懇親会は、それぞれの園の自己紹介をはさんで、情報交換会です。今回は、1園だけですが、幼稚園からの参加もあり、とかく狭くなりがちなこの世界に少し、広さを持たせてもらった気がします。それ以上に、園長の話で面白いと思う部分は、それぞれの園長の経歴がさまざまであるということです。たとえば、教員の集まりでの話は、ほとんどの教員は、教員しか経験がありません。校長の集まりにしてもそうです。また、出身大学にしても、基本的には、教育学部です。それは、幼稚園の園長でもほとんどそうです。それは、資格が必要だからです。その点、保育園の園長は、特別な資格が要りません。そのために、よく、保育園の園長は専門性がないという言い方をされますが、逆を言えば、幼児の世界をさまざまな角度から見ることができるということになります。私も、保育士の資格はありません。大学は、建築学科ですし、職歴は、小学校教員です。そして、今は、幼児教育とかかわっています。そのために、私は、保育という仕事を、ただの幼児教育とは捉えないで、人間としての行き方、社会のあり方として捉えます。
 昨日、ホテルの部屋に届けられた「日本経済新聞」にこんな記事がありました。
学校変える異色指導者」―自治体、教育委などに起用― 犯罪の低年齢化、不登校、フリーターなどの学校を取り巻く課題は尽きない。自治体では教育現場に新風を吹き込んでもらおうと、有名作家や元個性派教師、気象キャスターなど異色の若手指導者を教育委員などに採用し始めた。彼らの“熱い思い”は改革へとつながるのか。」と投げかけています。今、子どもの身におきているさまざまな現象、事件、その解決策は、かつての概念、考え方、方法だけからでは生まれてきません。この記事の中で、その例として、ベストセラー「五体不満足」で知られる乙武さんは、子どもと接する中でこんなことを言っています。
「お互いの違いを認める、教育のなかで大事な部分を体験してもらえたと思う。むしろ気になるのは、教室正面の額縁の中にある言葉という。明るい子、考える子、丈夫な子がベストスリー。でも、本当に明るい子がよいのだろうか。暗い性格も立派な個性。それを認めず、「明るい子」を押し付けることが子どもたちを苦しめると懸念する。」 そのような言葉は、教員だけを歩んできた人からは、なかなか出ないような気がします。もっと、社会を広く知り、さまざまな立場の人の言葉にも耳を傾け、総合的に子どものことを考える必要が、今こそ必要な気がします。

研究保育” への7件のコメント

  1. お互いの違いを認めるって、言葉で聞いても難しいのですが、本当に重要なことだと思います。
    それより、明るい子、という言葉は広く受け入れられる世の中に、なっています。
    そうしておいて、今の状況はそうではない。
    中学の娘は、みんなと同じように、目立たないように、何か言われないように、と神経をつかっているそうです。
    そんな風に育てたつもりはないのに、、と愚痴になりますが、性格もあるでしょうけれど、
    我が子に限らずそういう現状があるようです。
    いろいろな価値観の大人が子ども達に接していくのは大賛成!
    この記事をお便りに引用させていただきます。

  2. ここで紹介されている写真を見ながら、地域の勉強会を島根でも行いたいなあとちょっと考えたことを思い出しました。懐かしい話です。そこからずいぶん経ってしまいましたが勉強会がなんとか動きだし、見守る保育を考える場が出来ています。内容よりも、そのとき自分が何に悩み、何をしようとしていたのかといったことを思い出してしまいます。ひとまず思い出はおいといて、自分自身が他業種から入ってきた立場なので書かれていることは非常によく分かります。ただ1つうまくいかなかったというか馴染まなかったのが、株式会社特有の考え方を取り入れようとしたときです。といっても大層なことではないんですが、いかに効率よく目標を達成するかといったことに最大限の力を注ぐべきといった考えです。教育にはこのような考え方が馴染みにくいことをしっかりと体験させてもらいました。そういったことを除けば、特にいろんな角度から見続けることができたのは、今考えると大きかったんでしょうね。

  3. 「明るいこ、考える子、丈夫な子」に似たような目標が書かれた額縁は誰もが一度は目にしたことのあるものかもしれませんね。確かに、それを見ながら「僕、明るくないから、ダメなのかな」とか「明るくならないといけないな」とか、思っている子はいるかもしれませんね。明るいことは悪いことではありませんが、そのような子どもばかりではないということは大人はしっかりと意識しておかないといけませんね。保育者も「明るくて、元気な人が適任」みたいな印象があるように思います。それに違和感を覚え、学生の頃にそのことについて保育を学ぶ学生はどういう意識を持っているのかという研究を行おうという話をして盛り上がったのを思いだしました。それぞれ、いろいろな人がいるということは大人が意識することで、子どもにも伝わっていくのかもしれませんね。

  4. 社会を知るとはどういうことなのでしょうね。私は、より多くの「こういう人もいるんだ」を経験することだと思っていますが、そういった経験がプラスに働く環境を構築していく大切さを感じました。それには、職員による多面的視野・多様性・柔軟性が必要になりますね。様々な方の起用が進んでいるとのことですが、そもそも、一つの分野のみで教育を行うという考え方自体が、違っているのかもしれませんね。よく、保育園や幼稚園は、社会から孤立しているといわれますが、その時期にこそ、多様な価値観に触れる機会を作らないといけないのでしょうね。何かを押し付けるという姿勢は、その機会を奪ってしまう行為ということですね。

  5. これまた懐かしい写真が掲載されていますね。高岡ほうりんさんの園舎内と記憶しておりますが、正しいですか?私のこの研修に参加して、確か夜の懇親会にも参加しました。確かに、保育園の園長さんになる人のバックグランドはさまざまあって面白いですね。多分、その懇親会で私も自己紹介しましたね。何を言ったか、今となってはさっぱり覚えておりません。「幼児の世界をさまざまな角度から見ることができる」ということはありますね。もっとも、保育園経験をずっともってこられた例えば主任さん上がりの園長さんたちは、経験者として保育園というものを暗に規定してしまいますから、当時の外様園長である私の見解を下界の貴重なご意見くらいにあしらい、現実の問題にしてもらえなかった、という記憶が園長なりたての頃はありましたね。藤森先生が「私は、保育という仕事を、ただの幼児教育とは捉えないで、人間としての行き方、社会のあり方として捉えます。」に共感して先生のもとで学ばせて頂いております。乳幼児教育を考える時、人類史、民俗学、そして脳科学など、の研究成果を利用され、「見守る保育」を提案されていることは、子どもをホーリスティックに捉えられた結果です。皆さんにどんどん伝えていきたいですね。

  6. 乙武さんの言葉、とても説得力があり納得します。様々な角度からものを見るという視点こそ、教育に一番必要な考え方であるのに、どうも乏しくなってしまいます。それぞれを認め合うということや、一人一人に役割があるということを理解することが難しく、誰か発言力のある人に従わざるを得ない環境が教育の幅を狭めていきます。
    その窮屈さを子ども達が一身に受けて育っていきます。変わらなければならないのは、大人です。

  7. お互いの違いを認める。チーム保育をする中でとても大切にしていきたい気持ちです。最近は、違いを認められていない自分の反省ばかりです。お互い違うアプローチで子どもと関わっていて、違っていて当たり前なのに、関わり方を伝えようとしてしまう自分がいます。明るい子を押し付けてはいけませんね。考え方やどう思ったかなど、相手の気持ちになって保育を心がけたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です