過剰育児パート2

 10月18日のブログで書いた、1963年の「暮らしの手帳」の続編です。
「勤勉な日本人の女性である母親は、いま、育児知識をきわめて貪欲に摂取して、これを自分の子どもに実行することを天職としてやりはじめた。子どものころから、少しの間も目を離さない母親が、普通の家庭のなかに続々と出てきたのである。子どもは密室の中で監視され「育児」されることになった。
 この時代の過剰育児は、今の時代に見られるような少子化が原因ではなかったようです。家の周りに子どもの遊び場がなくなり、道は車で危なく、子どもを外に出せない。そして、家で、漬物や煮物もしなくなり、衣服の繕いもしない。掃除、洗濯、風呂の沸かしなどが楽になり、育児に全エネルギーを注げるようになったということのようです。今は、子どもが少なくなり、子どもは地域に出ても他の子どもと接することはできず、兄弟は少なく、結局は、密室育児なっています。
子どもを預かってくれる施設である保育園がなぜそんなに少ないのか。子どもを家庭以外のところで保育することが、現在の日本で教育上必要であると国家が認めていないからである。家庭では子どもを育てることができないと国家が認めた家庭の子どもだけを、国家が昼間だけ一時預かりするのが保育園である。それが、教育でない証拠に、保育園を監視しているのは文部省でなく厚生省である。子どもの虐待を防いだり、捨てられた子どもの世話をする児童福祉法という法律に基づいて保育園は運営されている。―略― 名は保育園になったけれど、国家の考えは戦争前の託児所とあまり変わっていない。」
 国家だけでなく、保育園のなかには、いまだに託児所だと思っている園があるような気がします。今は、子どもにとって、教育上必要な施設です。それは、この記事のリード部分にある「今の子どもたちを、いわゆる過剰育児から守るためにこそ、保育園がいるのである。」ということです。過剰育児というよりも、今は、子どもへの母親の過干渉が問題になりつつあります。この過干渉は、学級崩壊を生み、キレる子を育て、勉強への意欲のない、仕事への意欲のない(ニート)若者を生み出してきているのです。今こそ、次世代を担う子どもたちを育てる園への転換が必要です。

過剰育児パート2” への6件のコメント

  1. 社会の変化が子育てに大きく影響してきているのを改めて感じます。それを解決するのに保育園という存在が大きな役割を担っているということを当事者である私たちがしっかり意識していかないといけないと思います。国の責任、社会の責任、と言うだけではなく、まず目の前に子どもにできることをしっかり考え、実践していくことが大切ですね。上手くいかないことの方が多いですが、自分のためだけではないと思うと、落ち込んでもいられません。「育児知識」という言葉が気になりました。情報が溢れている今、私も情報や知識の使い方を間違うことがよくあります。まずな何より、目の前にいる子どもがどうかをしっかり意識しなければいけませんね。

  2. 保育園が託児所だと思われているとしたら、それはやはり保育園側のアピール不足があるんじゃないかと思っています。今までのやり方を変えてはいけないと頑なになるのではなく、今必要な保育を確実に実践していくためには何をすべきか、そのことをもっと考えなくてはいけませんね。そしてその輪を少しずつでも大きくしていくことでしか、現状を変えることはできないとも思っています。やりがいのある大きな仕事です。

  3. 難しいと感じるのは、母親もその子のためを思って“過干渉”という行動をしてしまうというところですね。良いと思っていることが、かえって苦しめていると知れば、親としては複雑だと感じます。しかし、本当に子どものための育児を考え直すきっかけは必要だと思います。その役割が保育園にあるということですね。学級崩壊・ニート・きれる子など、子どもからのSOSをしっかりと読み取り、対応策を保護者とともに進めていくことが必要ですね。

  4. 今回のブログが書かれてから8年経ち、「仕事への意欲のない(ニート)若者」の数は過去最高に達しました。今日も大学の先生から「ここ数年の学生は耐性がない。折れやすくなっている。コミュニケーションをうまくとれない」などの話を伺いました。このブログが書かれてから8年経っても、大方の教育現場は変わらず、保育現場は相変わらず、情緒的に行われ、自分たちの今さえよければよい、といった感じです。子どもたちの10年後、20年後を考えれば、あまり「情緒的」になっていられるはずもないと思うのですが。世の中はどんどん変わってきているのに、子どもたちがいる教育現場はなかなか変わろうとしませんね。子どもも大人も疲労感たっぷりです。そのことに気づいた私たちが私たちの仕事場からひとつひとつ発信、提案していかなければならないのでしょう。「保育園のなかには、いまだに託児所だと思っている園があるような気がします。」私たちには「保育所保育指針」という立派なガイドラインがあり法的拘束力もあります。それにもかかわらず「託児所」が存在しているとなるとこのガイドラインは何のため?と思ってしまいます。そして私たちの専門性とは何か、このことを真摯に考えていきたいものです。

  5. この時代からあった大きな懸念をまるで疑問をもたずに蔓延らせている保育園が実際にあります。恐ろしいことです。
    国家の考えが重要であると同時に、その考えも含めて現場が前に進まなければなりません。子ども達の為に、変わらなくてはならない保育園は、自覚をして変わらなくてはなりません。子どもの発達の為に、変わらなくてはなりません。
    保育のこと、子ども達のことを知れば知るほど、子どもの発達を妨げているかのような保育をしている保育園の良くないところが、自分の中で浮き彫りになっていきます。この憤りを自分の情熱に変えて、一つ一つ前に進んでいきます。

  6. この保育士という仕事に誇りを持っています。目の前の子どもたちを過剰育児から守ることも役割としてありますが、保育の現場から発信することも大切ですね。今ある問題のことばかり対策していては、変わることができないと思います。この問題はどこから始まっているのかと考える必要があります。保育の現場から、子どもの本来持っている力や関わりなど、社会に発信することで考え方も変わっていくのでしょうね。この仕事の責任を改めて感じました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です