オランダの異年齢教育

 小学校での異年齢での学習について、私の取り組み案を挙げましたが、オランダの取り組みが、AERAの2005年9月5日号に載っていました。
オランダの教育(ジャーナリスト 天野一哉氏)
『実際に訪れた学校では、どの生徒も指示を待つのではなく、自主的に自分の学習を進めていました。自由であり、多様であり、しかし学力、学習意欲も高い。その秘密は、今から40年ほど前にあります。当時オランダでも現在の日本と同じような問題に直面していました。子どもの「学力低下」が問題となり、教育・科学省の依頼で「落ちこぼれへの抵抗」という報告書が発表されました。ついていけない子どもを切り捨てる画一的な一斉授業への反省から、一人ひとりの子どもの関心や習熟度などの個々のニーズに応じた「個別授業」の必要性が強く叫ばれました。なかでも「イエナプラン教育」はオランダの公教育全体に大きな影響を及ぼしました。イエナプラン校では、3学年のマルチエイジ(異年齢)クラスで学習が進められます。先生は十数人の子どもたちと大きなテーブルを囲んで、読み、書き、計算や社会、理科の説明をします。先生の語りかける声は、家庭で食卓を囲んで語り合う家族のように穏やかなものです。1回の説明で理解した子は、少人数のグループ席に戻り、練習問題や発展的な課題に取り組み「自立学習」をします。その間、先生は理解できなかった子どもたちにもう一度詳しく説明します。これを3回ほど繰り返した後、先生は教室を巡回し、最後まで理解できなかった子どもを中心に「個別指導」を行います。ある子には紙の上で説明し、ある子にはサイコロのような木製の教材を手渡します。さらにイエナプラン校では、日本の「総合学習」に当たる教科横断的な「ワールドオリエンテーション」という共同学習の時間があります。ここでは、異年齢の子どもが助け合いながら自主的体験的に世界のさまざまなことを学びます。これら個別指導、自立学習、共同学習が「個別教育」の大きな柱になっています。個別教育というと、30人以上の子ども一人ひとりに手取り足取り教え込むことと思い、「そんなことは不可能だ」という人もいるかもしれません。しかし、そうではなく、個別教育とは、一人ひとりの子どもが自分の能力や特性を発見し、自立的に学ぶ姿勢を身につけさせるものなのです。イエナプラン教育をはじめとするオルタナティブ教育が個別教育のために開発してきた教材や、ワールドオリエンテーションなどのカリキュラムは、一般の公・私立校にも広く取り入れられています。現在のオランダの教育は、個別教育によって子どもたちが自主的かつ意欲的に学習に取り組むことに重点が置かれています。』
 私たちが進めようとしている保育と同じような考え方ですね。オランダでは、就学前の、幼児教育も、この考え方で行なっているのでしょう。
しかし、これは、オランダとしての例ではなく、基本的には、どの国でも取り組み始めている考え方なのです。