千歳

 明日は、朝早く金沢に移動するために、今日は千歳空港のそばのホテルで宿泊です。
 この地のメッセージに「千歳一隅の出会い」というのがありました。これは、千年に1度の出会いということでしょう。しかし、これは、しゃれでしょうが、本当は、「千載一遇」といいます。この千歳(せんさい)と、千載(せんさい)とは、数で大きな違いがあります。というのは、「載」は数の単位で、1載は、10の48乗の数で、0が1の後に48個も並びます。私は、小学校のころクラブ活動で、「算数クラブ」に所属していました。なんだか、まじめそうな、難しそうなクラブですが、実は、毎回とても楽しみでした。数の不思議さ、数の楽しさを教えてくれたからです。その時間の中で、数の単位を教えてもらいました。普通は、「兆」くらいまでしか使いません。よく知っている人で次の単位の「京」くらいまでです。この後、ずいぶんと続きます。これは、覚えても意味がありませんが、数への興味を持つには役に立ちます。ためしに、並べてみます。
一(いち)・十(じゅう)・百(ひゃく)・千(せん)・万(まん)・億(おく)・兆(ちょう)・京(けい)・垓(がい)・ (し)・穰(じょう)・溝(こう)・澗(かん)・正(せい)・載(さい)・極(きょく)・恒河沙(こうがしゃ)・阿僧祇(あそうぎ)・那由他(なゆた)・不可思議(ふかしぎ)・無量大数(むりょうだいすう)です。万までは、0がひとつずつ増えていきますが、そのあとは、4つずつ増えていきます。ですから、最後の「1無量大数」は、0が68個つきます。(10の68乗)したがって、千載一遇でいう「千載」は「10の47乗分の1」と言う確立の事です。そのほかに、これら単位で面白く持ったのは、恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数は仏教に由来します。10の52乗の「恒河沙」です。「恒河」とは、ガンジス河のことです。沙は、砂のことで、恒河沙とは、ガンジス河の砂の数ほど、と言う意味です。なるほどと思います。また、「阿僧祇」とは、梵語でアサンキヤの漢語で、インドの数量単位で極めて巨大で数えきれないという意味です。「無数」ということです。仏教用語で52段だかある悟りの極意を極めるために必要な時間だそうです。「那由他」は、訳梵語でナユタの漢語訳で、那だけでも大きいことを表し、やはり、きわめて大きい数の意味です。「不可思議」は、字の通り、梵語でアチンティアの漢語訳で「思い計る事ができない」という意味です。「無量大数」の無量とは、空間的に限られていない無限のことです。無量大数は時代によって、無量を10の68乗、大数を10の72乗と二つに分かれる場合があります。
 たった、「千歳」というひとつの言葉から、思考というものは、無限に広がっていくのですね。

千歳” への7件のコメント

  1. 「エーバムマヤースルタム如是我聞」で始まるサンスクリット仏典にゴーガシャー、アサンキヤ、ナユタ、出てきます。むしょうに懐かしくなります。でも辛かった思いでも同時に甦ります。

  2. はーっ・・・。藤森先生の知識こそ無量大数ですね。
    このブログはついつい引き込まれてしまいます。

  3. 算数クラブの話を聞き、その内容に興味を持っていましたが、様々な数に触れることのできるクラブだったんですね。数の単位は子どもの頃夢中になって使っていたことを思い出します。そして自分の子どもも無量大数という単位に非常に魅力を感じているようで、よく使っています。数の面白さは子どもたちに伝えてあげたいですね。

  4. 私は「垓」までしか知りませんでした。その後にも多くの単位があるのですね。那由他の音がなんだか気に入ってしまいました。恒河沙のガンジス河の砂の数程という意味もとても分かりやすく、納得させられます。ガンジス河の砂を見たことはありませんが、その膨大さが頭に浮かんできます。数の単位に名前をつけた人はきっとセンスの良い方だったのでしょうね。ただ、響きがいいということではなく、ちゃんと意味も込もっているので、しっかり考えられているなと姿も名前も知らない、名付け親の方に尊敬の念を抱きます。

  5. 遅くなってしまいましたが、学童でも「クラブ活動」発足を計画しています。その中にわりとクラブにしては珍しい名前が子どもたちからあがりました。その名も“漫画家クラブ”です。以前、3人で机に向かって和気あいあいと漫画を書いていたことがきっかけであったと思います。すごいなぁと感じたのは、3人とも役割が違うことです。1人が絵を描き、1人はその絵に合った言葉を考えて書き込み、1人は色を塗る。ずいぶん器用なことをするなぁと思いました。まさに“協力”を実践している場でもありました。そして、タイムリーなことにちょうど先日、著名な漫画家が居住していた「トキワ荘」跡地に、ブラヘイジで行きました。先人たちの吸った空気を感じることができました。また、自社の雑誌で連載を持つ漫画家の多くをトキワ荘へ入居させた会社の名が“学童社”というそうです。なんだかつながりを感じます。藤森先生が“算数クラブ”で感じたような「不思議」や「楽しい」を感じるクラブ活動にしていきたいと思いました。

  6. わいらんすいの子ども達、特にすいすいの子ども達が喜んでくれそうな言葉ですね。とんでもなく大きいものということが子ども達の心をくすぐるようで、先日も何人かの子が「ねぇ先生って何歳?100歳?」「違うよ千歳だよ」「1万歳だよー」と言って盛り上がっていました。
    千載一隅の出逢いというのは、数字で考えても、とてもとても貴重な出逢いであることがわかります。そして、恒河沙・阿僧祇・那由他・不可思議・無量大数ともなると、最早、数字ではなく、概念や人間の感覚のような、イメージのような、言葉あそび、言葉の芸術といったものになっていくのですね。昔の人は本当によく考えるものだなぁと感心してしまうと同時に、今僕が昔の人の築き上げた土台の上でのらりくらり生きているだけなのかと思ったら、なんだか、寝ていたわけではないのですが、目が覚めたような気持ちになりました。

  7. 毎日子どもたちの姿を見ると子どもたちへの関心は本当にすごいなと感じます。今まで言葉でいっていた数字が書けるようになり、覚えたての子が11111…と紙一面に楽しそうに書いていることがありました。0が何個で100だ!のような言葉と数字との関連はこれからのようですが、まずは数字への楽しさが大切なのですね。保育室の環境に関連付けられるようなものを増やしていきたいと思いました。
    藤森先生は、算数クラブであったのですね。そのお話を聞き、自分の小学校のクラブを思い出しました。僕は、科学クラブでした。当時僕はサッカーを習っていまして、スポーツクラブの仲間達の誘いを断り、科学クラブに入りました。そこでの時間は本当に楽しく、今でも覚えていますが、ペットボトルを作り飛ばしたことは本当にいい思い出です。学生の時や今でも理科や科学が楽しいと思えたのは、そのとき体験した事が楽しかった、不思議だったと感じたからです。保育の中でも、子ども達にもその時僕が感じた、あの感覚を知ってもらいたいと思いました。この回のブログを読み忘れていた感覚を思い出しました。本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です