敬老の日

 もうすぐ、「敬老の日」です。そこで、母親を食事に誘いました。日本には、「こどもの日」「母の日」「父の日」など家族の記念日があります。しかし、祖父母がいて、両親がいて、子どもがいて、というような家族形態が必ずしもノーマルでなくなった今は、記念日の取り扱いについて、保育園などは、難しいものがあります。
今までは9月15日が敬老の日でしたが、1昨年より9月の第三月曜日に変更し、今年は9月19日が敬老の日です。敬老の日は、もともと「としよりの日」という名前で昭和29年に制定されましたが、もっといい呼び方にしようということで、昭和39年に「敬老の日」と改められました。そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、“老人を敬愛し長寿を祝う”として、国民の祝日となっています。では、その由来はなんでしょう。有力な説に2つあるようです。まずひとつは、聖徳太子の説です。聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、ここに四天王の名前に合わせて、敬田院・ 悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したといわれています。その内の悲田院というのが、今でいうところの老人ホームで、この悲田院が誕生したのが9月15日であったため、この日が選ばれたということです。ふたつ目は、元正天皇の説です。元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げて、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。養老の滝には伝説があります。ある父親思いの息子が、老いた父に酒を飲ませたいと願ったところ霊泉から酒がわいたという故事です。これらにもとづき、全国的に9月中旬頃に地域のお年寄りを招待して敬老会を開くということが慣わしになり、そこで9月15日を敬老の日に定めたといわれています。
 ところで、一寸法師にしても、桃太郎にしても、かぐや姫にしても、子どもがほしくて、やっとできたという昔話は、始まりが、「むかし むかし あるところに おじいさんとおばあさんがすんでいました。」ですが、このおじいさんとおばあさんは、お父さんとお母さんのはずですよね。そのような、昔話に見る親子関係を調べてまとめたことがあります。そのときの資料を見つけて、見つかったら、今度、このブログに書いてみます。